一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)イラクおよびアフガニスタン戦争退役軍人におけるてん・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/11Vol. 65 / No. 44

MMWR65(44):1224-1227
Epilepsy Among Iraq and Afghanistan War Veterans — United States, 2002–2015

イラクおよびアフガニスタン戦争退役軍人におけるてんかん ― アメリカ、2002~2015年

イランおよびアフガニスタン紛争の退役軍人(IAV)におけるてんかん障害の年齢補正発症率は1,000人あたり6.1、一般集団では1,000人あたり7.110と報告されている。てんかん患者ではその併存疾患により死亡リスクが高いが、IAVにおける死亡率への併存疾患の関与については不明である。今回、U.S. Department of Veterans AffairsVeterans Health Administration (VA)の入院/外来患者および処方データより、2010および2011年にVAケアを受けたIAVにおけるてんかんの確認、人口統計学的特徴およびbaselineにおける併存疾患についてコホート試験を行った。その結果、対照となったIAV 320,583名のうち2,187(0.7)がてんかんの診断基準を満たした(非てんかん患者:318,396)。年齢は1829歳:36%、3039歳:40%、404918%、5059歳:6%、60歳以上:1%と40歳未満にて多く、男性が多かった(89 vs 11)。てんかん患者では非てんかん患者に比べ併存疾患を有する症例が多く(PTSD66vs 37%、うつ病:58 vs 30%、外傷性脳損傷:48 vs 13%、物質使用障害:33 vs 15%、高血圧症:25 vs 18%、肥満:20 vs 16%、双極性障害:17 vs 5%、自殺傾向:12 vs 3%など)、追跡期間終了時点での死亡例はてんかん患者にて101(4.6)、非てんかん患者では3,136(1.0)であった(非補正ハザード比:4.8CI=3.95.9、人口統計学的および併存疾患による補正後のハザード比:2.6CI=2.13.2)。以上、併存疾患を有するIAVのてんかん患者の死亡率抑制のため、プライマリケア、てんかんに対する専門ケアおよびメタルケアを包括的に行う必要性が示唆された。

References

  • Pugh MJ, Orman JA, Jaramillo CA, et al. The prevalence of epilepsy and association with traumatic brain injury in veterans of the Afghanistan and Iraq wars. J Head Trauma Rehabil 2015;30:2937. <http://dx.doi.org/10.1097/HTR.0000000000000045>
  • Hirtz D, Thurman DJ, Gwinn-Hardy K, Mohamed M, Chaudhuri AR, Zalutsky R. How common are the common neurologic disorders? Neurology 2007;68:32637. <http://dx.doi.org/10.1212/01.wnl.0000252807.38124.a3>
  • CDC. Epilepsy in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <http://www.cdc.gov/epilepsy/basics/fast-facts.htm>
  • Nevalainen O, Ansakorpi H, Simola M, et al. Epilepsy-related clinical characteristics and mortality: a systematic review and meta-analysis. Neurology 2014;83:196877. <http://dx.doi.org/10.1212/WNL.0000000000001005>
  • Copeland LA, Finley EP, Bollinger MJ, Amuan ME, Pugh MJV. Comorbidity correlates of death among new veterans of Iraq and Afghanistan deployment. Med Care 2016. Epub June 30, 2016. <http://dx.doi.org/10.1097/MLR.0000000000000588>
  • Hebert PL, Geiss LS, Tierney EF, Engelgau MM, Yawn BP, McBean AM. Identifying persons with diabetes using Medicare claims data. Am J Med Qual 1999;14:2707. <http://dx.doi.org/10.1177/106286069901400607>
  • Neligan A, Bell GS, Johnson AL, Goodridge DM, Shorvon SD, Sander JW. The long-term risk of premature mortality in people with epilepsy. Brain 2011;134:38895. <http://dx.doi.org/10.1093/brain/awq378>
  • Chen Z, Liew D, Kwan P. Excess mortality and hospitalized morbidity in newly treated epilepsy patients. Neurology 2016;87:71825. <http://dx.doi.org/10.1212/WNL.0000000000002984>
  • Keezer MR, Bell GS, Neligan A, Novy J, Sander JW. Cause of death and predictors of mortality in a community-based cohort of people with epilepsy. Neurology 2016;86:70412. <http://dx.doi.org/10.1212/WNL.0000000000002390>
  • Brady TJ, Anderson LA, Kobau R. Chronic disease self-management support: public health perspectives. Front Public Health 2015;2:234. <http://dx.doi.org/10.3389/fpubh.2014.00234>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ