一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)バイタルサイン:たばこに関連するがんの発症率および・・・

MMWR抄訳

rss

2016/11/11Vol. 65 / No. 44

MMWR65(44):1212-1218
Vital Signs: Disparities in Tobacco-Related Cancer Incidence and Mortality — United States, 2004–2013

バイタルサイン:たばこに関連するがんの発症率および死亡率における格差 ― アメリカ、2004~2013年

たばこに関連する12種類のがん(口腔および咽頭がん、食道がん、胃がん、結腸直腸がん、肝がん、膵がん、喉頭がん、肺/気管支および気管がん、腎臓および腎盂がん、膀胱がん、子宮頸がん、急性骨髄性白血病)の発症率および死亡率を20042013年のUnited States Cancer Statistics (USCS)データを用いて分析した。20092013年、アメリカでは毎年約660,000例がたばこ関連がんと診断され、これらのがんにより343,000例が死亡している。たばこ関連がんの発症率は1.3/年低下しており、20042008年では10万人あたり206例、20092013年では193例であった。たばこ関連がんによる死亡率は1.6/年低下し、20042008年では10万人あたり108例、20092013年では100例であった。たばこ関連がんの発症率は男性にて高く(10万人あたり男性:250、女性:148、約1.7)、死亡率も男性にて高かった(男性10万人あたり:131、女性:76)。発症率、死亡率ともに男性にて減少率が高く、男性ではそれぞれ-1.5%、-1.8%、女性ではそれぞれ-1.2%、-1.4%であった。また、発症率、死亡率ともに年齢に伴い増加し、75歳以上の症例は発症例の約1/3、死亡例の約2/5を占めていた。人種/民族別では黒人にて発症率、死亡率ともにもっとも高く、また、減少率ももっとも高かった。低学歴および貧困レベルの高い郡では発症率、死亡率が高く、減少率は低く、また、人口100万人以上の大都市では発症率、死亡率は低く、減少率が高かった。地域別では発症率、死亡率ともに西部にてもっとも低く、減少率は中西部にてもっとも低かった。州別の発症率はケンタッキー州:248~ユタ州:130であり、44州にて減少(-0.4%~-2.4)5州およびDCでは有意な変化は認めなかった。部位別発症率、死亡率はともに肺がんがもっとも高く、発症例の約1/3、死亡例の約半数を占めた。子宮頸がんを除く全てのがん種にて発症率、死亡率ともに男性にて高く、20092013年におけるこれらのがんによる死亡例(/)は男性:101,300例、女性:65,700例であった。全てのがんによる死亡率のピークは男性:1990年、女性:991年、たばこ関連がんの死亡率のピークは男性:1990年、女性:1995年であり、男性では全てのがんによる死亡率低下の約60%、女性では約40%がこれらたばこ関連がんの低下によるものであった。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking50 years of progress: a report of the Surgeon General. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/index.html>
  • International Agency for Research on Cancer. IARC monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans. Volume 100E: Personal habits and indoor combustions. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 2012.
  • Henley SJ, Thun MJ. Chapter 4: Health consequences of smokeless tobacco use. In: Hatsukami DK, Zeller M, Gupta P, Parascandola M, Asma S, eds. Smokeless tobacco and public health: a global perspective. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institutes of Health, National Cancer Institute. NIH Publication No. 14-7983;2014.
  • National Cancer Institute. Smoking and tobacco control monograph 9. Cigars: health effects and trends. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 1998.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006.
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 19992013 incidence and mortality web-based report. Atlanta: US Department of Health and Human Services, CDC, National Cancer Institute; 2016. <http://www.cdc.gov/cancer/npcr/uscs/index.htm>
  • Siegel RL, Jacobs EJ, Newton CC, et al. Deaths due to cigarette smoking for 12 smoking-related cancers in the United States. JAMA Intern Med 2015;175:15746. <http://dx.doi.org/10.1001/jamainternmed.2015.2398>
  • Holford TR, Meza R, Warner KE, et al. Tobacco control and the reduction in smoking-related premature deaths in the United States, 1964-2012. JAMA 2014;311:16471. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2013.285112>
  • International Agency for Research on Cancer. IARC handbooks of cancer prevention. Volume 11: reversal of risk after quitting smoking. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 2007.
  • Jamal A, King BA, Neff LJ, et al. Current cigarette smoking among adultsUnited States, 20052015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65(44).
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs2014. Atlanta. GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>
  • Lortet-Tieulent J, Goding Sauer A, Siegel RL, et al. State-level cancer mortality attributable to cigarette smoking in the United States. JAMA Intern Med 2016. Epub October 24, 2016.
  • Koh HK, Sebelius KG. Promoting prevention through the Affordable Care Act. N Engl J Med 2010;363:12969. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMp1008560>
  • McAfee T, Babb S, McNabb S, Fiore MC. Helping smokers quitopportunities created by the Affordable Care Act. N Engl J Med 2015;372:57. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMp1411437>
  • Arias E, Heron M, Hakes JK. The validity of race and Hispanic-origin reporting on death certificates in the United States: an update. National Center for Health Statistics. Vital Health Stat 2(172). 2016.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ