一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人における現在の紙巻たばこおよび無煙たばこの州別・・・

MMWR抄訳

rss

2016/10/07Vol. 65 / No. 39

MMWR65(39):1045-1051
State-Specific Prevalence of Current Cigarette Smoking and Smokeless Tobacco Use Among Adults — United States, 2014

成人における現在の紙巻たばこおよび無煙たばこの州別の喫煙率 ― アメリカ、2014年

アメリカにおいて、喫煙は予防可能な疾病の罹患および死亡原因の第1位であり、年間に約48万人の早死と3,000億ドル以上の直接的医療関連コストおよび生産性の損失をもたらす。近年、多くの州において紙巻たばこの喫煙率は低下しているが、無煙たばこや、無煙たばこと紙巻たばこの両方を喫煙する人の割合は変化が少なく、増加している州もある。CDCは、電話によるインタビュー調査Behavioral Risk Factor Surveillance System2014年のデータから、18歳以上の成人における現在(生涯に100本以上喫煙し、現在毎日または時々喫煙)の喫煙率について解析した。州別の喫煙率は、紙巻たばこは9.7(ユタ州)26.7(ウェストバージニア州)、無煙たばこは1.4(ハワイ州)8.8(ワイオミング州)、いずれかのたばこの喫煙率は11.3(ユタ州)32.2(ウェストバージニア州)と、幅があった。州ごとに、性別および人種/民族別の喫煙率に相違があった。女性に比べ男性の喫煙率が高く、紙巻たばこは34州で、無煙たばこは44州で、いずれかの種類のたばこの喫煙率は全50州で有意差が認められた。人種/民族別では、いずれかの種類のたばこの喫煙率は非ヒスパニック系白人が8州において、次いで非ヒスパニック系の白人および黒人以外の人種が6州において、非ヒスパニック系黒人が5州において、ヒスパニック系が2州において有意に最も高く、21州では人種/民族別の有意差は認められなかった。喫煙率を下げ、喫煙関連疾病の罹患率および死亡率を低減するためには、特に喫煙率の高い集団を対象にしたエビデンスに基づく介入が必要である。製品価格の値上げや包括的な禁煙政策の実施、マスメディアによる禁煙キャンペーンや禁煙支援の促進が重要と考えられる。

References

  • CDC. 2014 surgeon generals report: the health consequences of smoking50 years of progress. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>
  • Nguyen K, Marshall L, Hu S, Neff L. State-specific prevalence of current cigarette smoking and smokeless tobacco use among adults aged ≥18 yearsUnited States, 20112013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:5326.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2014. <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>
  • Delnevo CD, Wackowski OA, Giovenco DP, Manderski MT, Hrywna M, Ling PM. Examining market trends in the United States smokeless tobacco use: 20052011. Tob Control 2014;23:10712. <http://dx.doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2012-050739>
  • Siahpush M, McNeill A, Hammond D, Fong GT. Socioeconomic and country variations in knowledge of health risks of tobacco smoking and toxic constituents of smoke: results from the 2002 International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl 3):6570. <http://dx.doi.org/10.1136/tc.2005.013276>
  • CDC. State tobacco activities tracking and evaluation (STATE) system. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/statesystem/>
  • Connor Gorber S, Schofield-Hurwitz S, Hardt J, Levasseur G, Tremblay M. The accuracy of self-reported smoking: a systematic review of the relationship between self-reported and cotinine-assessed smoking status. Nicotine Tob Res 2009;11:1224. <http://dx.doi.org/10.1093/ntr/ntn010>
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, Stanwyck CA, Mack KA. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Soz Praventivmed 2001;46(Suppl 1):S342. PubMed
  • CDC. Best practices user guide: health equity. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best-practices-health-equity/index.htm>
  • Tobaccofreekids.org Broken promises to our children. A state-by-state look at the 1998 state tobacco settlement 17 years later; Princeton, NJ: Tobaccofreekids.org; 2015, <http://www.tobaccofreekids.org/microsites/statereport2016/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ