一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)職業グループ別による心血管の健康状態 ― 21州、・・・

MMWR抄訳

rss

2016/08/12Vol. 65 / No. 31

MMWR65(31):793-798
Cardiovascular Health Status by Occupational Group — 21 States, 2013

職業グループ別による心血管の健康状態 ― 21州、2013年

アメリカでは死亡原因の3分の1を心血管疾患(CVD)が占め、主な死亡原因となっている。アメリカでのCVD転帰の改善のために、アメリカ心臓協会は7つの理想的な心血管の健康のための行動または転帰を改善するために修正可能な因子を確立し、心血管のヘルスメトリックス(CHM)として1)非喫煙、2)運動を取り入れる、3)正常な血圧、4)正常な血糖値、5)標準体重、6)正常なコレステロール値、7)健康に良い食事を挙げている。 このCHMのうち6つ以上に該当する人は1つ以下しか該当しない人と比べ、全原因、CVD、虚血性心疾患による死亡リスクの低下と関連するが、アメリカで7つすべてのCHMに該当する成人は2%未満にすぎない。心血管系の有病率および死亡率は、職場での生産性の損失額において推定で年間1200億ドルを占めている。CDCは職業とCHMスコアの間に関連があるかを調べるため、21州で実施された2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)のデータから産業および職業モジュールを分析した。回答者には自由回答形式で「どの分野の業界および産業で働いているか?」および「どのような職業についているか?」を質問し、その後Bureau of Census(2002)の職業コードを割り振り、22の標準的な職業グループに分類した。7つのそれぞれのCHMについて、該当しない場合に0点または該当する場合に1点してと採点し、合計スコアを算出した。回答者はCHMの合計スコア(0~2点または3~7点)により2群に分け、職業グループによるCHMスコアは社会人口学的変数により調整した。回答率は31.1%(ワシントン州)~59.2%(ノースダコタ州)であり、最終的に66,609例を分析し、35~44歳、45~54歳、55~64歳にあたる年齢グループが約70%、男性が約53%、非ヒスパニック系白人が66%、大学または専門学校卒の学歴を持つ人が約39%であった。すべての職業グループにおけるCHMの7つすべてに該当する人(スコア=7点)は3.5%であった。CHMに該当しない人(スコア=0点)の調整後の割合は、運動、血圧、体重(BMI)では運輸および資材輸送職(54.1%、31.9%、75.5%)、喫煙では食品調理および給仕職(22.8%)、コレステロール値ではコンピューターおよび数学を扱う職業(39.9%)、血糖値では介護およびサービス職(10.3%)、食事では農業、漁業、林業(84.3%)のグループで最も高かった。すべての職業グループでCHMの該当数が2つ以下の割合は9.6%で、運輸および資材輸送職(14.3%)、地域および社会福祉職(14.6%)で最も高く、農業、漁業、林業(5.0%)、製造業(7.7%)、芸術、デザイン、エンターテイメント、スポーツ、マスメディア職(5.9%)で低かった。年齢、性別、人種/民族、教育別で調整後のデータでは、運輸および資材輸送職と地域および社会福祉職のグループでは他のグループと比べ、CHMの該当数が2つ以下になりやすい傾向があった。これらの結果から、雇用主が推進する健康推進活動および予防資源配分においては、職業グループにおける心血管の健康状態の格差を考慮することが重要である。

References

  • Mozaffarian D, Benjamin EJ, Go AS, et al.; Writing Group Members; American Heart Association Statistics Committee; Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2016 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2016;133:e38–60. <http://dx.doi.org/10.1161/CIR.0000000000000350>
  • Lloyd-Jones DM, Hong Y, Labarthe D, et al.; American Heart Association Strategic Planning Task Force and Statistics Committee. Defining and setting national goals for cardiovascular health promotion and disease reduction: the American Heart Association’s Strategic Impact Goal through 2020 and beyond. Circulation 2010;121:586–613. <http://dx.doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.109.192703>
  • Yang Q, Cogswell ME, Flanders WD, et al. Trends in cardiovascular health metrics and associations with all-cause and CVD mortality among US adults. JAMA 2012;307:1273–83. <http://dx.doi.org/10.1001/jama.2012.339>
  • Fang J, Yang Q, Hong Y, Loustalot F. Status of cardiovascular health among adult Americans in the 50 States and the District of Columbia, 2009. J Am Heart Assoc 2012;1:e005371. <http://dx.doi.org/10.1161/JAHA.112.005371>
  • Carnethon M, Whitsel LP, Franklin BA, et al.; American Heart Association Advocacy Coordinating Committee; Council on Epidemiology and Prevention; Council on the Kidney in Cardiovascular Disease; Council on Nutrition, Physical Activity and Metabolism. Worksite wellness programs for cardiovascular disease prevention: a policy statement from the American Heart Association. Circulation 2009;120:1725–41. <http://dx.doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.109.192653>
  • Sieber WK, Robinson CF, Birdsey J, et al. Obesity and other risk factors: the national survey of U.S. long-haul truck driver health and injury. Am J Ind Med 2014;57:615–26. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.22293>
  • Nyberg ST, Fransson EI, Heikkilä K, et al.; IPD-Work Consortium. Job strain and cardiovascular disease risk factors: meta-analysis of individual-participant data from 47,000 men and women. PLoS One 2013;8:e67323. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0067323>
  • Kristensen TS. Cardiovascular diseases and the work environment. A critical review of the epidemiologic literature on chemical factors. Scand J Work Environ Health 1989;15:245–64. <http://dx.doi.org/10.5271/sjweh.1854>
  • CDC. The CDC Worksite Health ScoreCard: an assessment tool for employers to prevent heart disease, stroke, and related health conditions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/dhdsp/pubs/docs/HSC_Manual.pdf>
  • Ogunmoroti O, Younus A, Rouseff M, et al. Assessment of American Heart Association’s ideal cardiovascular health metrics among employees of a large healthcare organization: the Baptist Health South Florida Employee Study. Clin Cardiol 2015;38:422–9. <http://dx.doi.org/10.1002/clc.22417>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ