一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2016/07/15Vol. 65 / No. 27

MMWR65(27):685-691
Tobacco Product Use Among Adults — United States, 2013–2014

成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2013~2014年

アメリカでは、過去50年の間に成人における紙巻たばこの喫煙率は有意に低下しているが、新たな形態のたばこ製品の使用率は上昇している。FDAおよびCDCは、18歳以上の成人を対象とした電話および携帯電話によるインタビュー調査であるNational Adult Tobacco Survey(NATS)の2013~2014年のデータから、たばこ製品の使用状況について解析した。対象は75,233名であり、36.1%の回答を得た。総計で、毎日または時々喫煙する人の割合は、たばこの種類を問わず21.3%(推定4,920万人)であり、たまに喫煙する人を加えると25.5%(5,880万人)となった。使用するたばこ製品は、燃焼性たばこ(種類を問わず)が18.4%、紙巻たばこが17.0%、葉巻/シガリロ/フィルター付きリトルシガーが1.8%、パイプが0.3%、水パイプ/フーカーが0.6%、電子たばこが3.3%、無煙たばこが2.5%であった。喫煙率は、男性(26.3%)が女性(16.7%)に比べ高く、年齢層別では25~44歳(26.1%)が最も高く、65歳以上(10.3%)が最も低かった。人種/民族別では非ヒスパニック系その他人種(アメリカインディアン/アラスカ先住民、ハワイ先住民/太平洋諸島民など)で高く(32.6%)、非ヒスパニック系アジア人(11.2%)で最も低かった。地域別では南部地域(24.0%)で高く、西部地域(17.6%)で低かった。学歴別ではGED(高卒認定)取得者で最も高く(50.0%)、大学院卒(6.4%)で低かった。また、独身/未婚/パートナーと別居の人や離婚/別居/死別の人(ともに26.1%)では、既婚またはパートナーと同居の人(18.0%)よりも高く、同性愛者(32.1%)が異性愛者(20.7%)よりも高かった。年間の世帯年収別では2万ドル未満(32.2%)で高く、10万ドル以上(12.1%)で低かった。18~24歳の若年層では、水パイプ/フーカー(55.8%)や電子たばこ(24.3%)といった新たな形態のたばこ製品使用者に占める割合が高かった。たばこ関連疾患および死亡を低減するためには、たばこ製品の多様性や使用者の属性に注目した介入が必要であり、製品価格の値上げを含めた包括的な対策が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • King BA, Patel R, Nguyen KH, Dube SR. Trends in awareness and use of electronic cigarettes among US adults, 2010–2013. Nicotine Tob Res 2015;17:219–27. <http://dx.doi.org/10.1093/ntr/ntu191>
  • Agaku IT, King BA, Husten CG, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2012–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:542–7.
  • Berg CJ, Stratton E, Schauer GL, et al. Perceived harm, addictiveness, and social acceptability of tobacco products and marijuana among young adults: marijuana, hookah, and electronic cigarettes win. Subst Use Misuse 2015;50:79–89. <http://dx.doi.org/10.3109/10826084.2014.958857>
  • King BA, Dube SR, Tynan MA. Current tobacco use among adults in the United States: findings from the National Adult Tobacco Survey. Am J Public Health 2012;102:e93–100. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2012.301002>
  • Rosa JD, Aloise-Young P. A qualitative study of smoker identity among college student smokers. Subst Use Misuse 2015;50:1510–7. <http://dx.doi.org/10.3109/10826084.2015.1018549>
  • Harris JB, Schwartz SM, Thompson B. Characteristics associated with self-identification as a regular smoker and desire to quit among college students who smoke cigarettes. Nicotine Tob Res 2008;10:69–76. <http://dx.doi.org/10.1080/14622200701704202>
  • Dickinson DM, Johnson SE, Coleman BN, Tworek C, Tessman GK, Alexander J. The language of cigar use: focus group findings on cigar product terminology. Nicotine Tob Res 2016;18:850–6.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008—the MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. <http://www.who.int/tobacco/mpower/mpower_report_full_2008.pdf>
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988-1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/153.8.807>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ