一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)州および地域による職場、レストランおよびバーでの包・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/24Vol. 65 / No. 24

MMWR65(24):623-626
State and Local Comprehensive Smoke-Free Laws for Worksites, Restaurants, and Bars — United States, 2015

州および地域による職場、レストランおよびバーでの包括的な禁煙法 ― アメリカ、2015年

アメリカ50州およびワシントンDCのうち、屋内の職場、レストランおよびバーすべてを禁煙とする包括的禁煙法を適用する州(DCを含む)は2000年には0州であったが、2010年には26州、2015年には27州に増加し、この禁煙法により保護される人の割合は2000年:2.72%から2010年:47.8%、2015年:49.6%に増加している。2011~2015年ではノースダコタ州が新たに包括的禁煙法を実施している。職場、レストラン、バーのうち2カ所を禁煙とする州は5州(フロリダ州、インディアナ州、ルイジアナ州、ネバダ州、ノースカロライナ州)、1カ所を禁煙とする州は5州(アーカンソー州、アイダホ州、ニューハンプシャー州、ペンシルベニア州、テネシー州)であり、いずれかの場所で分煙などの措置をとる州は8州、いずれの場所も喫煙可能である州は6州(ケンタッキー州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、テキサス州、ウエストバージニア州、ワイオミング州)であった。これらの州では、州法としての禁煙法はないが、地域レベルで禁煙法を適用する州があり、ウエストバージニア州では地域法により職場、レストラン、バーを煙としており、州人口の60.1%がこれらの地域法にて保護されている。またテキサス州、サウスカロライナ州、ケンタッキー州およびミシシッピ州では同様に地域法によりそれぞれ36.6%、31.8%、31.4%、24.2%が保護されている。州法としての禁煙法のない24州のうち、9州(コネチカット州、フロリダ州、ネバダ州、ニューハンプシャー州、ノースカロライナ州、オクラホマ州、ペンシルベニア州、テネシー州およびバージニア州)では禁煙を定める地域法もないが、ネバダ州を除く8州では包括的禁煙法の採択を予定しており、2016年6月9日にはフロリダ州で適用が開始されている。アメリカでは毎年約41,000名の非喫煙者と400名の乳児が間接喫煙により死亡しており、州法としての包括的禁煙法により職場や公共の場での間接喫煙から非喫煙者を保護することが重要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>
  • CDC. State smoke-free laws for worksites, restaurants, and bars—United States, 2000–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;60:472–5.
  • CDC. State preemption of local tobacco control policies restricting smoking, advertising, and youth access—United States, 2000–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1124–7.
  • Babb S, McNeil C, Kruger J, Tynan MA. Secondhand smoke and smoking restrictions in casinos: a review of the evidence. Tob Control 2015;24:11–7. <http://dx.doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2013-051368>
  • CDC. Health hazard evaluation report: environmental and biological assessment of environmental tobacco smoke exposure among casino dealers, Las Vegas, Nevada. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2009.
  • Achutan C, West C, Mueller C, Bernert JT, Bernard B. Environmental tobacco smoke exposure among casino dealers. J Occup Environ Med 2011;53:346–51. <http://dx.doi.org/10.1097/JOM.0b013e318212235f>
  • Marynak K, Holmes CB, King BA, Promoff G, Bunnell R, McAfee T. State laws prohibiting sales to minors and indoor use of electronic nicotine delivery systems—United States, November 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1145–50.
  • Holmes CB, King BA, Babb SD. Stuck in neutral: stalled progress in statewide comprehensive smoke-free laws and cigarette excise taxes, United States, 2000–2014. Prev Chronic Dis 2016;13:E80. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd13.150409>
  • Huang J, King BA, Babb SD, Xu X, Hallett C, Hopkins M. Sociodemographic disparities in local smoke-free law coverage in 10 states. Am J Public Health 2015;105:1806–13. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2015.302655>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ