一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)インフルエンザ活性 ― アメリカ、2015-16年・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/10Vol. 65 / No. 22

MMWR65(22):567-575
Influenza Activity — United States, 2015–16 Season and Composition of the 2016–17 Influenza Vaccine

インフルエンザ活性 ― アメリカ、2015-16年期と2016-17年インフルエンザワクチンの成分

2015-16年期(2015年10月4日~2016年5月21日)のアメリカにおけるインフルエンザ活性および推奨される2015-16年北半球インフルエンザワクチン組成を報告する。この期間、アメリカではWHO公衆衛生研究所にて68,886検体が検査され、うち26,538検体がインフルエンザウイルス陽性であり(A型ウイルス:18,781検体、B型ウイルス:7,757検体)、A型18,437検体のサブタイプ分析では、A(H1N1)pdm09が14,877検体(80.7%)、A(H3N2)が3,560検体(19.3%)であり、B型の系統は4,912検体のうち3,367(68.5%)がB/Yamagata系、1,545(31.5%)がB/Victoria系であった。また、National Respiratory and Enteric Virus Surveillance Systemの臨床研究室では639,456検体が検査され、うち64,921検体(10.2%)がインフルエンザ陽性であった(A型:44,201検体、B型:20,720検体)。インフルエンザ活性のピークは検体の陽性率から2016年3月12日が週末にあたる週(surveillance week10)であった(陽性率:23.7%)。公衆衛生研究所にて検体が陽性であった症例のうち23,338例にて年齢が報告され、0~4歳:2,657例(11.4%)、5~24歳:7,062例(30.3%)、25~64歳:9,969例(42.7%)、65歳以上:3,650例(15.6%)であった。新しいA型ウイルス感染は3例報告され、A(H1N1)変異型ウイルス感染はミネソタ州にて2015年12月12日が週末にあたる週、A(H3N2)変異型ウイルス感染はニュージャージー州にて2016年1月2日が週末にあたる週に報告され、2例ともブタと直接の接触はなかったが、前者はブタを飼う家の近くに住み、後者はブタのいる農場を訪れていた。A(H1N2)変異型ウイルス感染はミネソタ州にて2016年5月7日が週末にあたる週に報告され、この症例は入院したが完治している。抗原性の分析ではA(H1N1)pdm09は997検体中996検体がA/California/7/2009、A(H3N2)は625検体すべてがA/Switzerland/9715293/2013に類似し、B型はB/Yamagata系の548検体はすべてがB/Phuket/3073/2013に、B/Victoria系の446検体は439検体(98.4%)がB/Brisbane/60/2008に類似していた。感受性検査ではB型(1,188検体)およびA(H3N2)( 658検体)はすべて、オセルタミビル、ザナミビルおよびペラミビルに感受性を示し、A(H1N1)pdm09は2,193検体中18検体(0.8%)がザナミビル、ペラミビル耐性を示し、ザナミビルに対しは1,127検体すべてが感受性を示した。ILINetによるインフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診者は2015年12月26日が週末にあたる週(week51)より17週間、全国基準値(2.1%)を上回り、ピークは2016年3月12日の週(week10)の3.6%であった。州別の活性分布も3月12日の週(week10)にてもっとも広く、41州にて活性が報告された。FluSurv-NETデータによるインフルエンザによる累積入院者は8,646例であり、年齢別入院率(/10万人)は0~4歳が41.8、5~17歳が9.7、18~49歳が16.8、50~64歳が45.2、65歳以上が84.8であった。肺炎およびインフルエンザ様疾患関連死亡率は2016年1月2日が週末にあたる週~1月16日までの3週間(week52~week2)にて流行閾値を超え、ピーク値は2016年3月19日が週末にあたる週(week11)にて7.9%であった。また、小児の死亡は74例(平均年齢:7.0歳、中央値:6.0歳)であり、A(H1N1)pdm09:29例、A(H3N2):3例、A型(サブタイプ不明):17、B型:23例、不明:2例であった。なお、FDAは2016-17年期のワクチン成分としてA/California/7/2009(H1N1)pdm09様ウイルス、A/Hong Kong/4801/2014(H3N2)様ウイルスおよびB/Brisbane/60/2008様ウイルスを推奨している。

References

  • Russell K, Blanton L, Kniss K, et al. Update: influenza activity—United States, October 4, 2015–February 6, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:146–53. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506a3>
  • Schild GC, Oxford JS, de Jong JC, Webster RG. Evidence for host-cell selection of influenza virus antigenic variants. Nature 1983;303:706–9. <http://dx.doi.org/10.1038/303706a0>
  • Katz JM, Wang M, Webster RG. Direct sequencing of the HA gene of influenza (H3N2) virus in original clinical samples reveals sequence identity with mammalian cell-grown virus. J Virol 1990;64:1808–11.
  • Food and Drug Administration. Summary minutes: meeting of the Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2016. <http://www.fda.gov/downloads/AdvisoryCommittees/CommitteesMeetingMaterials/BloodVaccinesandOtherBiologics/accinesandRelatedBiologicalProductsAdvisoryCommittee/UCM494071.pdf>
  • Epperson S, Blanton L, Kniss K, et al. Influenza activity—United States, 2013–14 season and composition of the 2014–15 influenza vaccines. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:483–90.
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Olsen SJ, Bresee JS, Broder KR, Karron RA. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2015–16 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:818–25. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6430a3>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).
  • Dobson J, Whitley RJ, Pocock S, Monto AS. Oseltamivir treatment for influenza in adults: a meta-analysis of randomised controlled trials. Lancet 2015;385:1729–37. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(14)62449-1>
  • CDC. Why CDC recommends influenza antiviral drugs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/media/haveyouheard/hyh-antiviraldrugs.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ