一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ジカウイルス抗体検査の結果を解釈するための暫定ガイ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/06/03Vol. 65 / No. 21

MMWR65(21):543-546
Interim Guidance for Interpretation of Zika Virus Antibody Test Results

ジカウイルス抗体検査の結果を解釈するための暫定ガイダンス

ジカウイルスはフラビウイルス属の一本鎖RNAウイルスで、デング熱、ウエストナイル熱、日本脳炎、黄熱病のウイルスと密接に関連している。フラビウイルス属間でジカウイルスとデング熱ウイルスは同様の感染症状、伝播サイクル、地理的分布を持っている。ジカウイルス感染のための診断試験には、分子学的なリアルタイムRT-PCR(rRT-PCR)法および血清学的方法の両方が確立されており、ジカウイルスの抗体の検出には、EILSA法によるIgM抗体の検出およびプラーク減少中和試験(PRNT)法が使用される。一方、ジカウイルス抗体試験の結果は、特に過去に同族フラビウイルスに感染または予防接種を受けている人の場合、フラビウイルスとの交差反応のため結果の解釈が難しい。ジカウイルス疾患が疑われている人に対しては、rRT-PCRの結果が陽性であれば、ジカウイルス感染が確認される。しかし、経時的なウイルス血のレベルの低下および発症日が不正確な可能性があるので、rRT-PCR 法の結果が陰性であってもジカウイルス感染は除外できず、そのため、ジカウイルスおよびデング熱ウイルスのための血清IgM試験を実施すべきである。症状発症後7日未満に採取した血清検体において、rRT-PCR 法とIgM抗体の両方が陰性であれば、検出可能な検体が形成される前に採血された可能性は除外できないが、最近の感染はないことが示唆される。症状発生後7~12日に採取された検体で、ジカウイルスおよびデング熱ウイルスのIgM抗体が陰性であれば、両方のウイルスの最近の感染が否定できる。もし、IgM抗体の結果が陽性、曖昧、結論が出ない場合は、PRNT法を実施し、ジカウイルスおよびデング熱ウイルスの両方で力価10以上の場合、特異的なウイルス同定ではできないが、最近のフラビウイルス感染のエビデンスとなる。発症後7日未満に採取した検体で、ジカウイルスに対するPRNTが陰性であれば、ジカウイルス感染は排除できる。ジカウイルス伝播地域に居住している無症状の妊婦に対しては、IgM試験を胎児検診の開始時、妊娠第2期の中間、およびエコー検査により胎児に異常が検出された場合に実施すべきである。また、ジカウイルス伝播地域への渡航歴がある妊婦に対しては、旅行後2~12週に検体を採取し、ジカウイルス抗体検査を実施すべきである。デング熱が疑われるすべての患者に対し、出血の合併症のリスクを減少させるための適切な管理が必要である。最近のジカウイルスまたはフラビウイルス感染が検査室で確認された妊婦に対しては、有害な妊娠転帰の可能性の評価および管理を行い、適切なジカウイルス妊娠登録への報告をおこなわなければならない。もし、血清学的検査が最近のフラビウイルス感染を示し、ジカウイルスまたはデング熱ウイルスが原因の可能性がある場合は、どちらかのウイルスに感染しているかもしれないので、患者は臨床的に両方の感染について治療される必要がある。医療関係者は、試験結果の解釈の助言のために州または地方自治体の保健機関と協議するべきである。

References

  • Faye O, Freire CCM, Iamarino A, et al. Molecular evolution of Zika virus during its emergence in the 20th century. PLoS Negl Trop Dis 2014;8:e2636. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pntd.0002636>
  • Hayes EB. Zika virus outside Africa. Emerg Infect Dis 2009;15:1347–50. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1509.090442>
  • Food and Drug Administration. Zika virus emergency use authorization. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2016. <http://www.fda.gov/MedicalDevices/Safety/EmergencySituations/ucm161496.htm>
  • CDC. Interim guidance for Zika virus testing of urine—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:474. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6518e1>
  • Bingham AM, Cone M, Mock V, et al. Comparison of test results for Zika virus RNA in urine, serum, and saliva specimens from persons with travel-associated Zika virus disease—Florida, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:475–8. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6518e2>
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Genetic and serologic properties of Zika virus associated with an epidemic, Yap State, Micronesia, 2007. Emerg Infect Dis 2008;14:1232–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1408.080287>
  • CDC. Revised diagnostic testing for Zika, chikungunya, and dengue viruses in US public health laboratories. <http://www.cdc.gov/zika/pdfs/denvchikvzikv-testing-algorithm.pdf>
  • Calisher CH, Karabatsos N, Dalrymple JM, et al. Antigenic relationships between flaviviruses as determined by cross-neutralization tests with polyclonal antisera. J Gen Virol 1989;70:37–43. <http://dx.doi.org/10.1099/0022-1317-70-1-37>
  • Petersen EE, Polen KND, Meaney-Delman D, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:315–22. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6512e2>
  • Simeone RM, Shapiro-Mendoza CK, Meaney-Delman D. Possible Zika virus infection among pregnant women—United States and territories, May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:514–9.
  • World Health Organization. Dengue guidelines for diagnosis, treatment, prevention and control, 2009. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/44188/1/9789241547871_eng.pdf>
  • Duffy MR, Chen TH, Hancock WT, et al. Zika virus outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia. N Engl J Med 2009;360:2536–43. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa0805715>
  • Musso D, Nhan T, Robin E, et al. Potential for Zika virus transmission through blood transfusion demonstrated during an outbreak in French Polynesia, November 2013 to February 2014. Euro Surveill 2014;19:20761. <http://dx.doi.org/10.2807/1560-7917.ES2014.19.14.20761>
  • Musso D, Roche C, Nhan TX, Robin E, Teissier A, Cao-Lormeau VM. Detection of Zika virus in saliva. J Clin Virol 2015;68:53–5. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jcv.2015.04.021>
  • Prince HE, Tobler LH, Yeh C, Gefter N, Custer B, Busch MP. Persistence of West Nile virus–specific antibodies in viremic blood donors. Clin Vaccine Immunol 2007;14:1228–30. <http://dx.doi.org/10.1128/CVI.00233-07>
  • Roehrig JT, Nash D, Maldin B, et al. Persistence of virus-reactive serum immunoglobulin M antibody in confirmed West Nile virus encephalitis cases. Emerg Infect Dis 2003;9:376–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid0903.020531>
  • Whitehead SS, Blaney JE, Durbin AP, Murphy BR. Prospects for a dengue virus vaccine. Nat Rev Microbiol 2007;5:518–28. <http://dx.doi.org/10.1038/nrmicro1690>
  • Busch MP, Kleinman SH, Tobler LH, et al. Virus and antibody dynamics in acute West Nile virus infection. J Infect Dis 2008;198:984–93. <http://dx.doi.org/10.1086/591467>
  • Poland JD, Calisher CH, Monath TP, Downs WG, Murphy K. Persistence of neutralizing antibody 30–35 years after immunization with 17D yellow fever vaccine. Bull World Health Organ 1981;59:895–900.
  • Halstead SB, Rojanasuphot S, Sangkawibha N. Original antigenic sin in dengue. Am J Trop Med Hyg 1983;32:154–6.
  • Johnson BW, Kosoy O, Martin DA, et al. West Nile virus infection and serologic response among persons previously vaccinated against yellow fever and Japanese encephalitis viruses. Vector Borne Zoonotic Dis 2005;5:137–45.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Zika virus disease and congenital Zika virus infection interim case definition and addition to the Nationally Notifiable Diseases list. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2016. <https://www.cste2.org/docs/Zika_Virus_Disease_and_Congenital_Zika_Virus_Infection_Interim.pdf>
  • Martin DA, Muth DA, Brown T, Johnson AJ, Karabatsos N, Roehrig JT. Standardization of immunoglobulin M capture enzyme-linked immunosorbent assays for routine diagnosis of arboviral infections. J Clin Microbiol 2000;38:1823–6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ