一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)5歳未満の小児における虐待による致死性頭部外傷 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/27Vol. 65 / No. 20

MMWR65(20):505-509
Fatal Abusive Head Trauma Among Children Aged <5 Years — United States, 1999–2014

5歳未満の小児における虐待による致死性頭部外傷 ― アメリカ、1999~2014年

アメリカでは虐待による頭部外傷(AHT)は乳児および小児における虐待死亡の主な原因の1つであり、虐待死亡者数の約1/3を占める。今回、1999~2014年における致死性AHTの傾向をCDCの症例定義およびNational Vital Statistic Systemデータより、Joinpoint分析ソフトを用いて調査した。その結果、この期間のAHTによる死亡者2,247例のうち、2,018例(90%)が確診例または推定例に分類され(2001年:97%~2013年:81%)、これら確診例または推定例はほぼすべてが同時に暴行関連外傷性脳損傷(TBI)に分類され、4例(2003、04、05および2010年各1例)は暴行関連には分類されなかった。1999~2009年におけるAHTの年間発生率は5歳未満の小児10万人あたり0.68(2001年)~0.88(2000年、2009年)と有意な変動は認めず、平均年間増加率は0.04%であった。2009~2014年においては2009年:0.88から2010年:0.59、2011年:0.65、2012年:0.53、2013年:0.41、2014年:0.43と減少し、平均年間減少率は13.0%であった。また、2008~2014年にて致死性暴行関連TBIの年間発生率は5歳未満の小児10万人あたり2.25から1.62へ28%減少し、2009~2014年における減少は致死性AHTの減少によるものと考えられた。以上、2009年以降、AHTによる死亡例は減少しているが、CDCは5歳未満の小児におけるAHT予防のためにEssentials for Parenting Toddlers and Preschoolersを示し、また、Preventing Child Abuse and Neglect : A Technical Package for Policy, Norm, and Programmatic ActivitiesおよびEssentials for Childhood Framework:Steps to Create Safe, Stable, Nurturing Relationships and Environments for All Childrenを推進している。

References

  • Palusci VJ, Covington TM. Child maltreatment deaths in the US national child death review case reporting system. Child Abuse Negl 2014;38:25–36. <http://dx.doi.org/10.1016/j.chiabu.2013.08.014>
  • Murphy SL, Xu J, Kochanek KD. Deaths: final data for 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;61:1–117. <http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr61/nvsr61_04.pdf>
  • Parks SE, Annest JL, Hill HA, Karch DL. Pediatric abusive head trauma: recommended definitions for public health surveillance and research. Atlanta GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <http://www.cdc.gov/ViolencePrevention/pdf/PedHeadTrauma-a.pdf>
  • Coronado VG, Xu L, Basavaraju SV, et al. Surveillance for traumatic brain injury-related deaths—United States, 1997–2007. MMWR Surveill Summ 2011;60:1–32.
  • National Cancer Institute. Joinpoint regression program. Version 4.1.1.–August 2014. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute, Statistical Methodology and Applications Branch; 2014. <http://surveillance.cancer.gov/joinpoint/>
  • US Department of Health and Human Services; Administration for Children and Families; Administration on Children, Youth and Families, Children’s Bureau. Child maltreatment 2013. Washington, DC: Administration for Children and Families, US Department of Health and Human Services; 2013. <http://www.acf.hhs.gov/sites/default/files/cb/cm2013.pdf>
  • Macmillan HL, Wathen CN, Barlow J, Fergusson DM, Leventhal JM, Taussig HN. Interventions to prevent child maltreatment and associated impairment. Lancet 2009;373:250–66. <http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(08)61708-0>
  • Klevens J, Luo F, Xu L, Peterson C, Latzman NE. Paid family leave’s effect on hospital admissions for pediatric abusive head trauma. Inj Prev 2016. Epub February 11, 2016.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ