一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)65歳以上の人における転倒と視力障害の有無 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2016/05/06Vol. 65 / No. 17

MMWR65(17):433-437
Falls Among Persons Aged ≥65 Years With and Without Severe Vision Impairment — United States, 2014

65歳以上の人における転倒と視力障害の有無 ― アメリカ、2014年

アメリカでは、2014年に推定で65歳以上の280万人が重度の視力障害(失明または眼鏡を着用しても極端に物が見えにくいと定義)を報告している。良好な視力は低コントラストの障害の識別、距離の見積もり、空間関係の洞察ともにバランスの維持に重要であるが、一方、視覚障害は転倒のリスクを増加させる。高齢者間の転倒は一般的で、重傷、身体障害、早世の原因となる。CDCは視力障害を持つまたは持たない65歳以上の高齢者間の州ごとの毎年の転倒数を推定するために、2014年の Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)からのデータを分析した。BRFSSは州ベースの横断的な電話サーベランスシステムで、18歳以上のアメリカ一般市民の健康関連の行動リスクファクターを調査する。今回の分析には50州およびコロンビア特別区の65歳以上の成人140,762人を参入した。全体で、回答者の6.7%が重度の視覚障害を報告した。すべての回答者間で、前年に1回以上の転倒を経験したのは28.9%であった。重度の視覚障害を報告した回答者間では46.7%が前年に1回以上の転倒を報告し、州ごとでは30.8%(ハワイ州)~59.1%(カリフォルニア州)であった。視覚障害を報告しなかった回答者間では、27.7%が前年に1回以上の転倒を報告し、州ごとでは20.4%(ハワイ州)~32.4%(アラスカ州)であった。30州では、視覚障害のある40%~49%が転倒し、11州およびワシントンDCでは重度の視覚障害を持つ高齢者の約半数が転倒した。これらの結果を2014年のアメリカの人口に外挿すると、推定で重度の視覚障害を持つ65歳以上の130万人が前年に転倒した。重度の視覚障害を対象とした転倒防止の介入を展開することは、州が医療財源に対する視覚障害および転倒の影響を管理するのに役立ち、州特異的な転倒防止イニシアチブを提供することができる。

References

  • Herndon JG, Helmick CG, Sattin RW, Stevens JA, DeVito C, Wingo PA. Chronic medical conditions and risk of fall injury events at home in older adults. J Am Geriatr Soc 1997;45:739–43. <http://dx.doi.org/10.1111/j.1532-5415.1997.tb01480.x>
  • Lord SR, Smith ST, Menant JC. Vision and falls in older people: risk factors and intervention strategies. Clin Geriatr Med 2010;26:569–81. <http://dx.doi.org/10.1016/j.cger.2010.06.002>
  • Morrison A, Fan T, Sen SS, Weisenfluh L. Epidemiology of falls and osteoporotic fractures: a systematic review. Clinicoecon Outcomes Res 2013;5:9–18.
  • Reed-Jones RJ, Solis GR, Lawson KA, Loya AM, Cude-Islas D, Berger CS. Vision and falls: a multidisciplinary review of the contributions of visual impairment to falls among older adults. Maturitas 2013;75:22–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.maturitas.2013.01.019>
  • Wittenborn J. The future of vision: forecasting the prevalence and cost of vision problems. In: Prevent Blindness 2014. Chicago, IL: NORC at the University of Chicago; 2014.
  • Stevens JA, Corso PS, Finkelstein EA, Miller TR. The costs of fatal and non-fatal falls among older adults. Inj Prev 2006;12:290–5. <http://dx.doi.org/10.1136/ip.2005.011015>
  • Steinman BA, Nguyen AQ, Pynoos J, Leland NE. Falls-prevention interventions for persons who are blind or visually impaired. Insight: Res Pract Vision Impairment Blindness 2011;4:83–91.
  • Campbell AJ, Robertson MC, La Grow SJ, et al. Randomised controlled trial of prevention of falls in people aged > or =75 with severe visual impairment: the VIP trial. BMJ 2005;331:817. <http://dx.doi.org/10.1136/bmj.38601.447731.55>
  • Williams AS. Making diabetes education accessible for people with visual impairment. Diabetes Educ 2009;35:612–21. <http://dx.doi.org/10.1177/0145721709335005>
  • Tricco AC, Cogo E, Holroyd-Leduc J, et al. Efficacy of falls prevention interventions: protocol for a systematic review and network meta-analysis. Syst Rev 2013;2:38. <http://dx.doi.org/10.1186/2046-4053-2-38>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ