一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)ティーンエイジの15~19歳における出産率減少の差・・・

MMWR抄訳

rss

2016/04/29Vol. 65 / No. 16

MMWR65(16):409-414
Reduced Disparities in Birth Rates Among Teens Aged 15–19 Years — United States, 2006–2007 and 2013–2014

ティーンエイジの15~19歳における出産率減少の差違 ― アメリカ、2006~2007年および2013~2014年

1991~2014年、アメリカにおいて15~19歳の女性の出産率は61%低下し(1,000あたり61.8から24.2出産)、これまでの記録がある中ではもっとも低いが、ヒスパニック系および非ヒスパニック系黒人の出産率は地理的および社会経済的な相違にかかわらず、非ヒスパニック系白人の約2倍高い。今回、CDCはNational Vital Statistics Systemのデータより国(2006~2014年)、州(2006~2007、2013~2014年)、郡(2013~2014年)における15~19歳の出産率について分析した。その結果、全国的には2006~2014年にて全体で41%低下(1,000人あたり41.1から24.2)、ヒスパニック系では51%(77.4から38.0)、黒人は44%(61.9から34.9)、白人は35%(26.7から17.3)の低下であり、ヒスパニック系および黒人と白人の出産率比はそれぞれ2.9から2.2、2.3から2.0へ低下した。2013~2014年における州別の出産率および人種/民族による出産率の相違は大きく、ニュージャージー州では白人の出産率は4.8と全国値(18.0)に比べ低く、黒人(27.4)およびヒスパニック系(31.3)の出生率は白人の約6~7倍高値であったものの、全国値より低かった(それぞれ37.0、39.8)。ネブラスカ州では白人の出生率は16.2とほぼ全国値と一致したが、黒人(42.6)、ヒスパニック系(53.9)では全国値よりも高く、また、アーカンソー州では白人(37.7)、黒人(54.6)、ヒスパニック系(46.5)のいずれも全国値より高値であった。2006~2007年から2013~2014年における州での出産率の低下は13%(ノースダコタ州)~48%(アリゾナ州)であり、ほぼすべての州で白人、黒人、ヒスパニック系いずれも出産率は低下し、白人と比較した黒人の出産率比は28州、ヒスパニック系の出産率比は37州にて有意に低下した。また、郡レベルでの出産率は3.1~119.0(2013~2014年)、第1および第5五分位の中央値はそれぞれ14.6、57.1であった。第5五分位に入る郡における16歳以上の失業者、25歳以上の準学士以上取得者が占める割合、世帯収入の平均値はそれぞれ10.5%、19.9%、$46,005であり、第1五分位に入る郡ではそれぞれ7.6%、40.4%、$73,967といずれも有意差を認めた。

References

  • Hoffman SD. Updated estimates of the consequences of teen childbearing for mothers. In: Hoffman S, Maynard R, eds. Kids having kids: economic costs and social consequences of teen pregnancy. Washington, DC: The Urban Institute Press; 2008:74–118.
  • National Campaign to Prevent Teen and Unplanned Pregnancy. Counting it up: the public costs of teen childbearing. Washington, DC: National Campaign to Prevent Teen and Unplanned Pregnancy; 2013. <http://thenationalcampaign.org/why-it-matters/public-cost>
  • Hamilton BE, Martin JA, Osterman MJK, Curtin SC, Mathews TJ. Births: final data for 2014. Natl Vital Stat Rep 2015;64:1–64.
  • Penman-Aguilar A, Carter M, Snead MC, Kourtis AP. Socioeconomic disadvantage as a social determinant of teen childbearing in the US. Public Health Rep 2013;128(Suppl 1):5–22.
  • US Census Bureau. American Community Survey (ACS): technical documentation. Suitland, MD: US Census Bureau; 2015. <https://www.census.gov/programs-surveys/acs/technical-documentation.html>
  • Kraft JM, Kulkarni A, Hsia J, Jamieson DJ, Warner L. Sex education and adolescent sexual behavior: do community characteristics matter? Contraception 2012;86:276–80. <http://dx.doi.org/10.1016/j.contraception.2012.01.004>
  • Kappeler EM, Farb AF. Historical context for the creation of the Office of Adolescent Health and the Teen Pregnancy Prevention Program. J Adolesc Health 2014;54(Suppl):S3–9. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jadohealth.2013.11.020>
  • CDC. Communitywide teen pregnancy prevention initiatives. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <http://www.cdc.gov/TeenPregnancy/PreventTeenPreg.htm>
  • CDC. Final performance measure data for the CDC/OAH communitywide teen pregnancy prevention initiatives (Unpublished report). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016.
  • US Department of Health and Human Services. HHS awards Teen Pregnancy Prevention Program grants. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2015. <http://www.hhs.gov/about/news/2015/07/06/hhs-awards-teen-pregnancy-prevention-program-grants>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ