一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)成人における加糖飲料の摂取率 ― 23州およびワシ・・・

MMWR抄訳

rss

2016/02/26Vol. 65 / No. 7

MMWR65(7):169-174
Prevalence of Sugar-Sweetened Beverage Intake Among Adults — 23 States and the District of Columbia, 2013

成人における加糖飲料の摂取率 ― 23州およびワシントンDC、2013年

2015~2020年のアメリカ人のための食生活ガイドラインでは、添加糖類からの摂取カロリーを総摂取カロリーの10%以下に抑えることが推奨されている。アメリカにおいて加糖飲料(SSB)の摂取は、成人の糖類摂取量を増やす原因として重大である。成人におけるSSBの頻繁な(1日に1回以上の)摂取は、肥満、2型糖尿病および心血管疾患といった健康上の有害転帰と関連する。2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemを用いて、23州およびワシントンDCにおける過去30日間のSSB (加糖の炭酸飲料、果汁飲料、茶、スポーツドリンク、エナジードリンクなど)の摂取回数について調査を行い、成人157,668名の回答を得た。年齢調整後の結果では、成人の30.1%が1日1回以上SSBを摂取しており、18~24歳(43.3%)、男性(34.1%)、黒人(39.9%)、無職(34.4%)、高卒未満の学歴(42.4%)において摂取率が高かった。州別では、ミシシッピ州(47.5%)、ルイジニア州(45.5%)、ウェストバージニア州(45.2%)で摂取率が高かった。大多数の州において若年成人層(18~24歳)の摂取率は高く、高年齢層(55歳以上)の2.3倍であった。全ての州で男性の摂取率が高く、女性の約1.4倍であった。高卒未満者の摂取率は大卒者の2.7倍であった。地域や性別、学歴によりSSB摂取率に偏りが認められることから、摂取には商環境や文化、SSB摂取関連の有害転帰に関する知識の有無が影響すると考えられる。州の公衆衛生関係者はSSB摂取量低減のため、これらのデータを元に、よりターゲットを絞った介入を行う必要がある。

References

  • Drewnowski A, Rehm CD. Consumption of added sugars among US children and adults by food purchase location and food source. Am J Clin Nutr 2014;100:901–7. <http://dx.doi.org/10.3945/ajcn.114.089458>
  • Malik VS, Popkin BM, Bray GA, Després J-P, Hu FB. Sugar-sweetened beverages, obesity, type 2 diabetes mellitus, and cardiovascular disease risk. Circulation 2010;121:1356–64. <http://dx.doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.109.876185>
  • Kit BK, Fakhouri TH, Park S, Nielsen SJ, Ogden CL. Trends in sugar-sweetened beverage consumption among youth and adults in the United States: 1999–2010. Am J Clin Nutr 2013;98:180–8. <http://dx.doi.org/10.3945/ajcn.112.057943>
  • Park S, McGuire LC, Galuska DA. Regional differences in sugar-sweetened beverage intake among US adults. J Acad Nutr Diet 2015;115:1996–2002. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jand.2015.06.010>
  • Park S, Onufrak S, Sherry B, Blanck HM. The relationship between health-related knowledge and sugar-sweetened beverage intake among US adults. J Acad Nutr Diet 2014;114:1059–66. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jand.2013.11.003>
  • Kumar GS, Pan L, Park S, Lee-Kwan SH, Onufrak S, Blanck HM. Sugar-sweetened beverage consumption among adults—18 states, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:686–90.
  • Martin-Biggers J, Yorkin M, Aljallad C, et al. What foods are US supermarkets promoting? A content analysis of supermarket sales circulars. Appetite 2013;62:160–5. <http://dx.doi.org/10.1016/j.appet.2012.12.001>
  • McCabe-Sellers BJ, Bowman S, Stuff JE, Champagne CM, Simpson PM, Bogle ML. Assessment of the diet quality of US adults in the Lower Mississippi Delta. Am J Clin Nutr 2007;86:697–706.
  • Park S, Pan L, Sherry B, Blanck HM. Consumption of sugar-sweetened beverages among US adults in 6 states: Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2011. Prev Chronic Dis 2014;11:E65. <http://dx.doi.org/10.5888/pcd11.130304>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ