一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2016年(Vol.65)規格外セフトリアキソンの関連が疑われる致死性の細菌・・・

MMWR抄訳

rss

2016/01/01Vol. 64 / Nos. 50 & 51

MMWR64(50&51):1375-1377
Fatal Bacterial Meningitis Possibly Associated with Substandard Ceftriaxone — Uganda, 2013

規格外セフトリアキソンの関連が疑われる致死性の細菌性髄膜炎 ― ウガンダ、2013年

細菌性髄膜炎の致死リスクを下げるためには、抗生物質による早期治療が重要である。2013年2月7日、ウガンダの首都カンパラの国立Mulago病院にて13歳男児の診断が行われた。患者は精神錯乱が10日間続き、発熱、悪寒、硬直、間欠的な嘔吐を来していた。診断時、CTおよび腰椎穿刺は実施不能であった。右外耳道に膿が鏡検され、右側乳様突起上に圧痛を示すことから耳性細菌性髄膜炎と推定診断された。患者は入院し、ガイドラインに従いセフトリアキソン2 g/日の静脈内投与が施されたが、治療第4日においても発熱および嗜眠が継続し、メトロニダゾールを追加投与したものの頭痛の悪化、興奮、激越症状を呈した。第7日にCT検査により後頭蓋窩に複数の膿瘍が認められたが、医療資源の制限から乳様突起開放術のみを実施した。術後にセカンドライン療法としてメロペネム、フェニトイン、トラマドール投与を開始したが治療は無効であり、第8日にレボフロキサシンおよびクリンダマイシンが追加されたものの、第11日に末梢および角膜反射の消失から脳死を宣告、第12日に死亡した。最初の治療として投与されたセフトリアキソンが失宜原因として疑われたため、患者に投与されたセフトリアキソンと同様の未開封バイアルを病院の治療室から得て、カナダのオタワ大学にて質量分析を行った。その結果、バイアルの内容量は薬物にして0.455 gと製品表示の1 gに満たない量であり、治療の失宜は患者への投与量の不足が関連したと考えられた。規格外医薬品は世界的な問題であり、特に低所得国において深刻である。規格外の抗生物質は治療の失宜や薬剤耐性を引き起こすことから、国および世界的な製品基準および薬剤監視体制の確立が重要である。

References

  • Edmond K, Clark A, Korczak VS, Sanderson C, Griffiths UK, Rudan I. Global and regional risk of disabling sequelae from bacterial meningitis: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2010;10:317–28.
  • World Health Organization. Managing meningitis epidemics in Africa: a quick reference guide for health authorities and health-care workers. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK299454/pdf/Bookshelf_NBK299454.pdf>.
  • Brouwer MC, Tunkel AR, van de Beek D. Epidemiology, diagnosis, and antimicrobial treatment of acute bacterial meningitis. Clin Microbiol Rev 2010;23:467–92.
  • Hajjou M, Krech L, Lane-Barlow C, et al. Monitoring the quality of medicines: results from Africa, Asia, and South America. Am J Trop Med Hyg 2015;92(Suppl):68–74.
  • Rosenblum ML, Hoff JT, Norman D, Edwards MS, Berg BO. Nonoperative treatment of brain abscesses in selected high-risk patients. J Neurosurg 1980;52:217–25.
  • Willard H, Merritt L, Dean J, Settle F. Instrumental methods of analysis. 7th ed. Marceline, MO: Wadsworth Publishing Company; 1988.
  • Prasad K, Kumar A, Gupta PK, Singhal T. Third generation cephalosporins versus conventional antibiotics for treating acute bacterial meningitis. Cochrane Database Syst Rev 2007;(4):CD001832.
  • Nayyar GM, Breman JG, Newton PN, Herrington J. Poor-quality antimalarial drugs in southeast Asia and sub-Saharan Africa. Lancet Infect Dis 2012;12:488–96.
  • Obaid A. Quality of ceftriaxone in Pakistan: reality and resonance. Pak J Pharm Sci 2009;22:220–9.
  • Binagwaho A, Bate R, Gasana M, et al. Combatting substandard and falsified medicines: a view from Rwanda. PLoS Med 2013;10:e1001476.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ