一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2012年

MMWR抄訳

rss

2015/12/18Vol. 64 / No. 49

MMWR64(49):1353-1358
Invasive Cancer Incidence and Survival — United States, 2012

浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2012年

浸潤がんは上皮内がん(膀胱がんを除く)、皮膚の基底および扁平上皮細胞がんを除くすべてのがんの総称であり、今回、CDCはその発症率およびHealthy People 2020目標値への到達状況をモニターするためU.S. Cancer Statisticsの2012年データ(現時点での最新データ)の分析を行った。2012年、浸潤がんと診断された症例は1,529,078例(ネバダ州を除く、男性:767,366例、女性:761,712例)、年齢で補正した年間発症率は10万人あたり440.3(男性:483.0、女性:411.7)であり、年齢別では、20歳未満は14,748例(10万人あたり18.0)で年齢上昇に伴い増加し、75歳以上では412,096例(同2,707.1例)であった。部位別発症率は女性乳がん(224,147例、女性10万人あたり122.2)が最も高く、次いで前立腺がん(177,489例、男性10万人あたり105.3)、肺/気管支がん(210,828例、10万人あたり60.4)、大腸がん(134,784例、同38.9)と続き、これら4種類のがんで全体の約半数を占めた。子宮頸がんは12,042例(女性10万人あたり7.4)であった。州別発症率は全体では10万人あたり371.4~515.1であり、前立腺がん(男性10万人あたり69.9~157.1)、女性乳がん(女性10万人あたり107.2~141.4)、肺がん(10万人あたり29.9~92.4)、大腸がん(同30.2~49.2)、子宮頸がん(女性10万人あたり4.3~9.6)であった。Healthy People 2020の目標値は、結腸直腸がんの発症率:10万人あたり39.9以下、子宮頸がん:女性10万人あたり7.2以下であり、それぞれ30州、27州がこの目標に達していた。また、2001~2011年にがんと診断された症例の5年相対生存率は66%であり、年齢別では45歳未満で81%と最も高く、年齢上昇とともに低下し75歳以上では52%であり、男女差は認めなかった(男女ともに66%)。部位別では前立腺がん:97%、女性乳がん:88%、子宮頸がん:68%、大腸がん:64%、肺がん:18%であった。人種別では黒人:60%、白人:66%であり、とくに黒人女性(57%)は白人女性(66%)に比べ5年相対生存率が低かった。Healthy People 2020では5年生存率71.7%を目標としており、今後もこの目標値の達成に向けてスクリーニング検査の推奨や適切なケアを講じる必要性が示唆される。

References

  • Kohler BA, Sherman RL, Howlader N, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975–2011, featuring incidence of breast cancer subtypes by race/ethnicity, poverty, and state. J Natl Cancer Inst 2015;107:djv048.
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2012 cancer incidence and mortality data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/uscs>.
  • Wilson RJ, Ryerson AB, Zhang K, Dong X. Relative survival analysis using the Centers for Disease Control and Prevention National Program of Cancer Registries surveillance system data, 2000–2007. J Registry Manag 2014;41:72–6.
  • Moyer VA. Screening for prostate cancer: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2012;157:120–34.
  • Li J, Berkowitz Z, Hall IJ. Decrease in prostate cancer testing following the US Preventive Services Task Force (USPSTF) recommendations. J Am Board Fam Med 2015;28:491–3.
  • Sabatino SA, White MC, Thompson TD, Klabunde CN. Cancer screening test use—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:464–8.
  • Indiana State Department of Health. The burden of obesity related cancers and the promotion of physical activity in Indiana, 2014. Indianapolis, IN: Indiana State Department of Health; 2015. Available at <http://www.in.gov/isdh/files/Obesity_Report_2014_(2).pdf>.
  • Islam KMM, Jiang X, Anggondowati T, Lin G, Ganti AK. Comorbidity and survival in lung cancer patients. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2015;24:1079–85.
  • Idaho Cancer Policy Action Committee. Cancer Data Registry of Idaho: using area-based measures to target disparities and guide policy initiatives. J Registry Manag 2015;42:27.
  • Clegg LX, Feuer EJ, Midthune DN, Fay MP, Hankey BF. Impact of reporting delay and reporting error on cancer incidence rates and trends. J Natl Cancer Inst 2002;94:1537–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ