一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)HIVウイルス量モニタリングの拡大 ― サハラ以南・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/27Vol. 64 / No. 46

MMWR64(46):1287-1290
Scale-up of HIV Viral Load Monitoring — Seven Sub-Saharan African Countries

HIVウイルス量モニタリングの拡大 ― サハラ以南アフリカ7カ国

国連合同エイズ計画は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者における抗レトロウイルス療法(ART)の臨床効果評価法としてウイルス量モニタリングを低~中所得国においても標準とすることを目標としている。発展途上国では未だにCD4細胞数による評価が用いられており、CDCがウイルス量検査の導入、拡大を支援している。サハラ以南のアフリカ諸国では1,100万例のHIV感染者がARTを受療しているが、推定約600万例はウイルス量測定検査を受けていない。2013年のWHO勧告を受け、コートジボワール、ケニア、マラウイ、ナミビア、南アフリカ、タンザニアおよびウガンダの7カ国がウイルス量測定検査のスケールアップを開始した。2015年、ART受療患者数は南アフリカ(2,951,159例)で最も多く、ナミビア(131,721例)で最少であり、ウイルス量を1回以上測定した患者数は2,119,890例(南アフリカ)~3,687例(コートジボワール)と幅があった。2014年に定期的ウイルス量測定を開始した国において、スケールアップ前後のART患者におけるウイルス量測定率は、南アフリカでは72%から75%とほぼ変化なく、ケニアで8%から38%、マラウイで6%から11%、ナミビアで54%から95%、ウガンダで5%から10%と上昇した。2015年に開始したタンザニア(2%から3%)およびコートジボワール(4%から3%)では測定率は低く、変化は認められなかった。2015年、ウイルス量測定検査においてウイルス量の抑制が認められた割合は、南アフリカ(78%)、ケニア(83%)、マラウイ(84%)、ナミビア(86%)およびウガンダ(94%)であり、スケールアップ前後においてケニアで30%、ナミビアで16%上昇した。スケールアップ後の検体回収から検査結果報告までの平均所要日数は南アフリカで3日、ケニアで31日と幅があり、所要日数はスケールアップ前後においてケニアおよびマラウイで増加、南アフリカおよびコートジボワールでは変化がなく、ナミビア、タンザニアおよびウガンダでは減少した。共通の課題として検体輸送の困難および熟練した検査員の不足が挙げられた。5カ国が高速ウイルス量測定機器の導入および新たな検査情報管理システムの構築、4カ国が検体照会ネットワークおよび協力体制の構築を報告した。サハラ以南のHIVウイルス量測定を開始した大多数の国で測定率の目標値90%に達しておらず、さらなる取り組みが必要である。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. 90-90-90: A transformative agenda to leave no one behind. Geneva, Switzerland: Joint United Nations programme on HIV/AIDS; 2014. Available at <http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/unaidsspeeches/2014/20141025_SP_EXD_Vietnam_launch_of_909090_en.pdf>.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. UNAIDS and partners launch initiative to improve HIV diagnostics. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2014. Available at <http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/july/20140723dai>.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. How AIDS changed everything. MDG6: 15 years, 15 lessons of hope from the AIDS response. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2015. Available at <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/MDG6Report_en.pdf>.
  • Lundgren JD, Babiker AG, Gordin F, et al. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV infection. N Engl J Med 2015;373:795–807.
  • Ford N, Roberts T, Calmy A. Viral load monitoring in resource-limited settings: a medical and public health priority. AIDS 2012;26:1719–20.
  • World Health Organization. Consolidated guidelines on the use of antiretroviral drugs for treating and preventing HIV infection. Recommendations for a public health approach. Geneva, Switzerland: World Health Organization. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/85321/1/9789241505727_eng.pdf>.
  • McMahon JH, Elliott JH, Bertagnolio S, Kubiak R, Jordan MR. Viral suppression after 12 months of antiretroviral therapy in low- and middle-income countries: a systematic review. Bull World Health Organ 2013;91:377–385E.
  • Chiduo MG, Mmbando BP, Theilgaard ZP, et al. Early infant diagnosis of HIV in three regions in Tanzania; successes and challenges. BMC Public Health 2013;13:910.
  • Haas AD, Keiser O, Balestre E, et al. Monitoring and switching of first-line antiretroviral therapy in sub-Saharan Africa: collaborative analysis of adult treatment cohorts. Lancet HIV 2015;2:e271–8.
  • Nguyen S, Ramos A, Chang J, et al. Monitoring the quality of HIV-1 viral load testing through a proficiency testing program using dried tube specimens in resource-limited settings. J Clin Microbiol 2015;53:1129–36.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ