一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)最新情報:B型肝炎に感染した母親から生まれた乳児に・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/09Vol. 64 / No. 39

MMWR64(39):1118-1120
Update: Shortened Interval for Postvaccination Serologic Testing of Infants Born to Hepatitis B-Infected Mothers

最新情報:B型肝炎に感染した母親から生まれた乳児に対するワクチン接種後血清検査の間隔短縮

B型肝炎(HepB)に感染した母親から生まれた乳児は、出生時B型肝炎ウイルス(HBV)感染を抑制するため、曝露後予防として、生後12時間以内にHepBワクチンとB型肝炎免疫グロブリンが投与される。その後HepB ワクチンが3~4回接種され、ワクチンへの反応を評価するため、9~18カ月齢にてワクチン接種後血清検査[PVST:B型肝炎表面抗原(HBsAg)および抗HBsAg抗体(anti-HBs)]が実施される。生後6週間以上の乳児に対し投与可能なワクチンは、Hib/HepBワクチン(Comvax、メルク社)とDTaP-HepB-IPVワクチン(Pediarix、グラクソ・スミスクライン社)の2種類があり、最終投与はComvaxでは12~15カ月齢、Pediarixでは6カ月齢時となり、PVSTに適切な時期は最終投与から1~2カ月後である。Comvaxは現在、製造中止となっており、CDCはComvax の製造中止を受けてPVSTまでの間隔を短縮し、9~12カ月齢(または最終接種から1~2カ月後)にて実施するよう勧告を出した。アメリカでは毎年推定25,000名がHepB感染女性から生まれており、周産期HBV感染症は子宮内または出産時に感染し、感染した乳児の90%が慢性HBV感染症となり、約25%は肝硬変または肝臓癌の合併症により死亡する。曝露後予防が普及する前はHBsAg陽性女性から生まれた乳児の90%がHBV感染症を発症していたが、最近では約1%までに減少している。テキサス州ダラスにてHBsAg陽性女性から生まれた乳児348名に対し、PVSTを最終接種から4~7カ月、8~11カ月に行った場合、最終接種から1~3カ月に行った場合に比べanti-HBs濃度が低く、また、2008~2013年のEnhanced Perinatal Hepatitis B Prevention Programに参加した乳児8,105名では、最終接種から1~2、3~4、5~6、7~8、9~10、11~12、13~14、15~16カ月にてanti-HBsが10mIU/mL未満である乳児はそれぞれ2%、2.8%、5.1%、7.8%、9.3%、13.3%、16.3%、21.6%と時間の経過とともに増加していた。

References

  • Mast EE, Margolis HS, Fiore AE, et al. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-16).
  • Smith EA, Jacques-Carroll L, Walker TY, Sirotkin B, Murphy TV. The national Perinatal Hepatitis B Prevention Program, 1994–2008. Pediatrics 2012;129:609–16.
  • Kubo A, Shlager L, Marks AR, et al. Prevention of vertical transmission of hepatitis B: an observational study. Ann Intern Med 2014;160:828–35.
  • CDC. Postvaccination serologic testing results for infants aged ≤24 months exposed to hepatitis B virus at birth: United States, 2008–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:768–71.
  • Schillie SF, Murphy TV. Seroprotection after recombinant hepatitis B vaccination among newborn infants: a review. Vaccine 2013;31:2506–16.
  • Schillie S, Murphy TV, Sawyer M, et al. CDC guidance for evaluating health-care personnel for hepatitis B virus protection and for administering postexposure management. MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-10).
  • Leuridan E, Van Damme P. Hepatitis B and the need for a booster dose. Clin Infect Dis 2011;53:68–75.
  • Euler GL, Copeland JR, Rangel MC, Williams WW. Antibody response to postexposure prophylaxis in infants born to hepatitis B surface antigen-positive women. Pediatr Infect Dis J 2003;22:123–9.
  • Ko SC, Schillie SF, Walker T, et al. Hepatitis B vaccine response among infants born to hepatitis B surface antigen-positive women. Vaccine 2014;32:2127–33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ