一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ミドルおよびハイスクール生徒における喫煙頻度 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/02Vol. 64 / No. 38

MMWR64(38):1061-1065
Frequency of Tobacco Use Among Middle and High School Students — United States, 2014

ミドルおよびハイスクール生徒における喫煙頻度 ― アメリカ、2014年

青年期の喫煙は、健康への有害な影響と生涯にわたるニコチン依存症のリスクを高める。2014年の報告では、460万人のミドルおよびハイスクール生徒がタバコ製品を使用し、そのうち220万人は2種類以上の製品の使用者であると推計された。青年喫煙者を対象にした調査では、1カ月に1~2日の低頻度喫煙者であっても、喫煙に対する強い欲求、イライラ感および不穏、起床30分以内に喫煙したい、などのニコチン依存症兆候が報告されており、これらの兆候は、単一製品よりも複数製品使用者において増強される。CDCおよびFDAは、2014年のNational Youth Tobacco Surveyのデータから、ミドルスクール(第6~8学年)およびハイスクール(第9~12学年)計207校の生徒22,007人における喫煙頻度およびタバコ製品のうち主要4品目(紙巻きタバコ、葉巻、無煙タバコおよび電子タバコ)の使用について解析を行った。その結果、ミドルおよびハイスクール生徒における高頻度(30日以内に20日以上)喫煙者は、48万人が紙巻きタバコ、39万人が無煙タバコ、34万人が電子タバコ、17万人が葉巻を使用していた。ハイスクール生では、無煙タバコ(42.0%)、紙巻きタバコ(31.6%)、電子タバコ(15.5%)および葉巻(13.1%)の順に多く、低頻度(30日以内に1~2日)喫煙者は、葉巻(52.0%)、電子タバコ(45.4%)、紙巻きタバコ(37.0%)、無煙タバコ(26.6%)を使用していた。ミドルスクール生の高頻度喫煙者は、無煙タバコ(29.2%)、紙巻きタバコ(20.0%)、葉巻(13.2%)および電子タバコ(11.8%)の順に多く、低頻度喫煙者は電子タバコ(54.5%)、葉巻(44.3%)、紙巻きタバコ(43.2%)、無煙タバコ(38.4%)を使用していた。30日以内に1~5日喫煙したミドルおよびハイスクール生徒では、葉巻使用者の77.3%、紙巻きタバコ使用者の76.9%、無煙タバコ使用者の63.4%および電子タバコ使用者の54.8%が、複数種の製品を使用していた。青年の喫煙を予防、低減するには、今後もタバコ製品使用のモニタリングを行い、エビデンスに基づく介入が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2012/index.htm>.
  • Arrazola RA, Singh T, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:381–5.
  • Lanza ST, Vasilenko SA. New methods shed light on age of onset as a risk factor for nicotine dependence. Addict Behav 2015;50:161–4.
  • Apelberg BJ, Corey CG, Hoffman AC, et al. Symptoms of tobacco dependence among middle and high school tobacco users: results from the 2012 National Youth Tobacco Survey. Am J Prev Med 2014;47(Suppl 1):S4–14.
  • CDC. 2014 National Youth Tobacco Survey: methodology report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015.
  • Kendler KS, Myers J, Damaj MI, Chen X. Early smoking onset and risk for subsequent nicotine dependence: a monozygotic co-twin control study. Am J Psychiatry 2013;170:408–13.
  • CDC. Key outcome indicators for evaluating comprehensive tobacco control programs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/surveillance_evaluation/key_outcome>.
  • Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act [Pub. L. No. 111–31, H.R. 1256 (2009)]. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/PLAW-111publ31/html/PLAW-111publ31.htm>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ