一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ナパ南での地震による負傷および心的外傷的曝露 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/11Vol. 64 / No. 35

MMWR64(35):975-978
Injuries and Traumatic Psychological Exposures Associated with the South Napa Earthquake — California, 2014

ナパ南での地震による負傷および心的外傷的曝露 ― カリフォルニア州、2014年

2014年8月24日、カリフォルニア州ナパ郡を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生した。この地震はサンフランシスコ湾エリアでは25年間で最大であり、広範囲の停電と5件の住宅火災、道路、水道および1,600棟の建物に損害を与え、2名が死亡した。8月25日、Napa County Public HealthはCalifornia Department of Public Healthに、地震による負傷やメンタルヘルスへの影響など、被災後の健康調査に関する援助を依頼、9月23日にはSolano County Public Healthも同様の援助を要請した。これを受けてナパ郡ナパ市にて地震から3週間後、ソラノ郡ヴァレーホ市にて6週間後より世帯レベルでの調査(Community Assessment for Public Health Emergency Response:CASPER)が開始された。ナパ市では9月16~18日に201世帯、ヴァレーホ市では10月17~20日に175世帯が調査を完了(回答率はそれぞれ41%、38%)、アンケートの結果、自宅の構造的損害(要修理)はナパ市:42%、ヴァレーホ市:20%、家財への損害はそれぞれ94%、52%が受けており、家族に1名以上の負傷者がいるとの回答はそれぞれ23%、4%(うち片付け中の負傷はそれぞれ48%、37%)であった。負傷の種類は切り傷が多く、刺し傷、擦り傷、打撲傷と続いた。また、家族が心的外傷を負ったとの回答は27%、9%であり、それぞれ30%、20%がメンタルヘルスサポートを受けていた。ナパ郡ではこれらの患者に対する心的サポートを継続するとともに、地震に対する備えの重要性を広く普及させるなどの対策を行っている。

References

  • US Geological Survey. Update on the magnitude 6 South Napa earthquake of August 24, 2014. Reston, VA: US Department of the Interior, US Geological Survey; 2014. Available at <http://www.usgs.gov/newsroom/article.asp?ID=3980&from=rss_home#.VUFt0_AmSuk>.
  • The Safe States Alliance. Disaster Epidemiology Special Interest Group webinar. Results of the Community Assessment for Public Health Emergency Response (CASPER) to the 2014 South Napa (California) earthquake. Atlanta, GA: The Safe States Alliance; 2015. Available at <http://www.safestates.org/?WebinarCASPER>.
  • 3. CDC. Community Assessment for Public Health Emergency Response (CASPER) toolkit. Second edition. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://emergency.cdc.gov/disasters/surveillance/pdf/casper_toolkit_version_2_0_508_compliant.pdf>.
  • Schreiber MD, Yin R, Omaish M, Broderick JE. Snapshot from Superstorm Sandy: American Red Cross mental health risk surveillance in lower New York State. Ann Emerg Med 2014;64:59–65.
  • King ME, Schreiber MD, Formanski SE, Fleming S, Bayleyegn TM, Lemusu SS. A brief report of surveillance of traumatic experiences and exposures after the earthquake-tsunami in American Samoa, 2009. Disaster Med Public Health Prep 2013;7:327–31.
  • North CS, Pfefferbaum B. Mental health response to community disasters: a systematic review. JAMA 2013;310:507–18.
  • Kalantar Motamedi MH, Sagafinia M, Ebrahimi A, Shams E, Kalantar Motamedi M. Major earthquakes of the past decade (2000–2010): a comparative review of various aspects of management. Trauma Mon 2012;17:219–29.
  • Neria Y, Nandi A, Galea S. Post-traumatic stress disorder following disasters: a systematic review. Psychol Med 2008;38:467–80.
  • CDC. Fact sheet: prevent injury after a disaster. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://emergency.cdc.gov/disasters/injury/facts.asp>.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Mental health all-hazards disaster planning guidance. DHHS Pub. No. SMA 3829. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Center for Mental Health Services; 2003.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ