一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)CDC Grand Rounds:抗生物質の適正使・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/21Vol. 64 / No. 32

MMWR64(32):871-873
CDC Grand Rounds: Getting Smart About Antibiotics

CDC Grand Rounds:抗生物質の適正使用

アメリカでは毎年、約200万人が抗生物質耐性菌に感染し、2万3,000人以上が感染を直接的な原因として死亡する一方、それを上回る数の人が耐性菌による合併症で死亡する。2009年の抗生物質治療の費用は約107億ドルであった一方、抗生物質耐性がアメリカ経済にもたらす損失は年間200億ドル、また生産性の損失としてさらに350億ドルの費用が発生すると推計された。耐性の最も重要かつ修正可能な要因は抗生物質の不適切な処方であり、全ての医療関連施設における問題となっている。小児救急外来における抗生物質処方の約半数、また成人に対する処方の4分の1以上が不適切な処方とされる。急性呼吸器感染症は他の疾病に比べ不適切な抗生物質処方が多い。他の合併症を伴わない急性気管支炎には抗生物質投与が推奨されないにも関わらず、2010年の調査では71%に抗生物質が処方されていた。2011年に医療機関が処方した抗生物質は2億6,250万コースに上り、処方率の地域的な偏りも認められた。過剰な処方に加え、抗生物質の不適切な選択もみられる。臨床ガイドラインではより狭域の薬剤が推奨されるのに対し、処方者は第2または第3選択薬である広域スペクトルの薬剤を選択することが多い。2007~2009年の救急外来において、呼吸器症状に対する処方の74%は広域抗生剤であった。広域抗生剤は耐性菌の選択を促し、重篤な感染症の治療に問題を生じさせる。抗生物質の適正管理の目的は、治療効果の最大化および患者と社会に対する脅威の最小化にある。処方箋の追跡による監査やフィードバック、治療方針決定時のデータに基づくサポートなど、複数の介入や処方者への教育が必要である。特定の期間、症状が改善しない場合に抗生物質を処方する待機的処方も、抗生物質の低減に実質的な効果を表している。CDCは複数の教育的キャンペーンを通じて、消費者および医療者に対し抗生物質の使用と耐性について情報を提供し、臨床治療ガイドラインの遵守や州および地域レベルでの抗生物質適正使用プログラムの支援を行っている。2015年3月、National Action Plan for Combatting Antibiotic-Resistant Bacteriaがホワイトハウスより発出された。本行動計画には、耐性菌感染の発現および拡散の防止、サーベイランスの強化、新規薬剤や診断法の開発、国際的連携の促進が含まれる。抗生物質の適正管理により不適切な使用を低減し、抗生物質耐性菌の脅威に対抗することは、全ての医療機関における医療の質の向上および患者の安全性確保に必須である。

References

  • CDC. Antibiotic resistance threats in the United States, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/drugresistance/threat-report-2013/>.
  • Spellberg B, Blaser M, Guidos RJ, et al. Combating antimicrobial resistance: policy recommendations to save lives. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 5):S397–428.
  • Shehab N, Patel PR, Srinivasan A, Budnitz DS. Emergency department visits for antibiotic-associated adverse events. Clin Infect Dis 2008;47:735–43.
  • CDC. Vital signs: preventing Clostridium difficile infections. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:157–62.
  • Suda KJ, Hicks LA, Roberts RM, Hunkler RJ, Danziger LH. A national evaluation of antibiotic expenditures by healthcare setting in the United States, 2009. J Antimicrob Chemother 2013;68:715–8.
  • Shapiro DJ, Hicks LA, Pavia AT, Hersh AL. Antibiotic prescribing for adults in ambulatory care in the USA, 2007–09. J Antimicrob Chemother 2014;69:234–40.
  • Hersh AL, Jackson MA, Hicks LA. Principles of judicious antibiotic prescribing for upper respiratory tract infections in pediatrics. Pediatrics 2013;132:1146–54.
  • Hicks LA, Bartoces MG, Roberts RM, et al. US outpatient antibiotic prescribing variation according to geography, patient population, and provider specialty in 2011. Clin Infect Dis 2015;60:1308–16.
  • Fridkin S, Baggs J, Fagan R, et al. Vital signs: improving antibiotic use among hospitalized patients. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:194–200.
  • Barnett ML, Linder JA. Antibiotic prescribing to adults with sore throat in the United States, 1997–2010. JAMA Intern Med 2014;174:138–40.
  • CDC. Office-related antibiotic prescribing for persons aged ≤14 years—United States, 1993–1994 to 2007–2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1153–6.
  • Dantes R, Mu Y, Hicks L, et al. Association between antibiotic prescribing practices and community-associated Clostridium difficile nfection [abstract]. In: Advancing Science, Improving Care, abstracts of the annual IDWeek, San Francisco, October 2–6, 2013. Arlington, VA: Infectious Diseases Society of America; 2013.
  • Arnold SR, Straus SE. Interventions to improve antibiotic prescribing practices in ambulatory care. Cochrane Database Syst Rev 2005;4:CD003539.
  • Davey P, Brown E, Charani E, et al. Interventions to improve antibiotic prescribing practices for hospital inpatients. Cochrane Database Syst Rev 2013;4:CD003543.
  • Sanchez GV, Roberts RM, Albert AP, Johnson DD, Hicks LA. Effects of knowledge, attitudes, and practices of primary care providers on antibiotic selection, United States. Emerg Infect Dis 2014;20:2041–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ