一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)電化製品廃棄物リサイクル施設から親の持ち帰り曝露に・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/17Vol. 64 / No. 27

MMWR64(27):743-745
Investigation of Childhood Lead Poisoning from Parental Take-Home Exposure from an Electronic Scrap Recycling Facility — Ohio, 2012

電化製品廃棄物リサイクル施設から親の持ち帰り曝露による小児鉛中毒に関する調査 ― オハイオ州、2012年

鉛は小児の神経系発達に作用し、小児期に血中鉛濃度(BLL)が高い場合、活動過多、注意障害、行為障害および認知障害を来す。小児の鉛曝露の主な原因は、1979年以前は劣化した鉛を含む塗料であったが、最近では職場から鉛塵埃が労働者の皮膚、洋服、靴などに付着して、家庭に持ち込まれることが原因となっており、中古電化製品のリサイクル(e-scrap)が多い。Cincinnati Health DepartmentおよびCincinnati Children’s Hospital Pediatric Environmental Health Specialty Unit (PEHSU)は、2010年、小児の鉛曝露2例を調査し、2012年、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH)により、2例の父親が働いていたe-scrapリサイクル施設の調査が行われた。2010年6月、1歳の男児と2歳の女児が定期スクリーニング検査でBLLがそれぞれ18μg/dL、14μg/dLと高値であることが判明し、PEHSUに搬送され、Cincinnati Health Department’s Childhood Lead Poisoning Prevention Programにより家庭のリスク評価が行われた。父親はe-scrapリサイクル会社(施設A)でブラウン管を破壊する仕事をしていた。仕事中、保護服は着ておらず、帰宅後は子供と遊んでおり、髪に付着した塵埃に子供が触れていた。父親のBLLは25μg/dLであり、自宅の床には鉛塵埃が認められた。家に鉛を含む塗料はなく、子供が通う保育施設も1992年に建てられたビルに入っていた。父親はBLLの高値を知った後にすぐ離職し、子どもたちのBLLは3カ月後、それぞれ8.7μg/dL、7.9μg/dLとなった。2012年に行われた施設A(従業員約80名)の調査では、ブラウン管処理エリアにて高濃度の鉛が検出され、検査の前に石鹸で手を洗ったが、ブラウン管処理に従事していた12名の8名の手から鉛が検出され、また、作業服13着のうち12着からも鉛が検出されたことから、NIOSHは施設Aに対し鉛曝露の抑制に関する勧告を出した。

References

  • Lanphear BP, Hornung R, Khoury J, et al. Low-level environmental lead exposure and children’s intellectual function: an international pooled analysis. Environ Health Perspect 2005;113:894–9.
  • Bellinger DC. Lead. Pediatrics 2004;113(Suppl):1016–22.
  • Levin R, Brown MJ, Kashtock ME, et al. Lead exposures in U.S. Children, 2008: implications for prevention. Environ Health Perspect 2008;116:1285–93.
  • CDC. Take-home lead exposure among children with relatives employed at a battery recycling facility—Puerto Rico, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:967–70.
  • Chen A, Dietrich KN, Huo X, Ho SM. Developmental neurotoxicants in e-waste: an emerging health concern. Environ Health Perspect 2011;119:431–8.
  • CDC. Report to Congress on the workers’ home contamination study conducted under the Workers’ Family Protection Act (29 U.S.C. 671a). Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1995. DHHS (NIOSH) publication no. 95-123. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/95-123>.
  • CDC. Blood lead levels in children aged 1–5 years—United States, 1999–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:245–8.
  • National Toxicology Program. Health effects of low-level lead evaluation. Research Triangle Park, NC: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Institute of Environmental Health Sciences; 2012. Available at <http://ntp.niehs.nih.gov/pubhealth/hat/noms/lead/index.html>.
  • Institute of Scrap Recycling Industries, Inc. Putting Americans to work. Available at <http://www.isri.org/recycling-industry/jobs-in-the-u-s-scrap-recycling-industry/job-study-analysis#.VBb3WXYpDoY>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ