一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人における果物および野菜の推奨摂食量の達成率 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/10Vol. 64 / No. 26

MMWR64(26):709-713
Adults Meeting Fruit and Vegetable Intake Recommendations — United States, 2013

成人における果物および野菜の推奨摂食量の達成率 ― アメリカ、2013年

果物や野菜の摂食は、心疾患、脳卒中、ある種の癌の発生リスクを低下し、体重管理に役立つ。アメリカでは、一日に行う中程度の身体活動が30分未満の成人は、1.5~2.0カップ相当の果物および2~3カップ相当の野菜の摂取が推奨されている。しかし、2007~2010年の調査では、国民の76%が果物の、87%が野菜の推奨摂食量に達していなかった。Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)では、18歳以上の成人の一日あたりの野菜および果物の摂食回数を調査している。CDCは、National Health and Nutrition Examination Surveyの2007~2010年のデータを基に摂食量への換算を行い、推奨摂食量の達成率を調査した。50州およびワシントンDCの成人回答者計37万3,580名におけるBRFSSのデータ解析の結果、1日あたり摂食回数の中央値は果物が1回[範囲:0.9回(アーカンソー州)~1.3回(カリフォルニア州)]、野菜は1.7回[範囲:1.4回(ルイジニア州、ミシシッピ州、ノースダコタ州)~1.9回(カリフォルニア州、オレゴン州)]であった。摂食量への換算の結果、成人の推奨摂食量の達成率は果物が13.1%、野菜は8.9%であった。州ごとの達成率は、果物ではテネシー州の7.5%からカリフォルニア州の17.7%、野菜ではミシシッピ州の5.5%からカリフォルニア州の13.0%と幅があった。今後、成人の果物・野菜の摂食量を増やすために、食料品店や飲食店、職場など多様な場面における入手・摂食機会の増加や宣伝の促進が必要である。また、食生活は幼少時からの習慣が重要であることから、学校や幼児ケア施設の食事における果物や野菜の提供や、食べやすく調理・加工する調理スタッフの技術教育も必要である。全ての年齢における食生活環境の改善が、慢性疾患の予防につながると考える。

References

  • US Department of Agriculture, US Department of Health and Human Services. Dietary guidelines for Americans, 2010. Washington, DC: US Government Printing Office; 2012. Available at <http://www.health.gov/dietaryguidelines/2010.asp>.
  • National Cancer Institute. Usual dietary intakes: food intakes, US population, 2007–10. Available at <http://appliedresearch.cancer.gov/diet/usualintakes/pop/2007-10>.
  • Grimm KA, Blanck HM, Scanlon KS, Moore L, Grummer-Strawn LM, Foltz JL. State-specific trends in fruit and vegetable consumption among adults—United States, 2000–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1125–30.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Overview: BRFSS 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2013/pdf/overview_2013.pdf>.
  • National Cancer Institute. Diet screener in the 2005 CHIS: definition of acceptable dietary data values. Available at <http://appliedresearch.cancer.gov/chis/dietscreener/definition.html>.
  • Moore LV, Dodd KW, Thompson FE, Grimm KA, Kim SA, Scanlon KS. Using Behavioral Risk Factor Surveillance System data to estimate the percentage of the population meeting US Department of Agriculture Food Patterns fruit and vegetable intake recommendations. Am J Epidemiol 2015;181:979–88.
  • Byers T, Serdula M, Kuester S, Mendlein J, Ballew C, McPherson RS. Dietary surveillance for states and communities. Am J Clin Nutr 1997;65(Suppl):1210S–4S.
  • CDC. Strategies to prevent obesity and other chronic diseases: the CDC guide to strategies to increase the consumption of fruits and vegetables. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/obesity/downloads/fandv_2011_web_tag508.pdf>.
  • Moore LV. Supporting healthful eating through retail environmental change: communities putting prevention to work. Prev Chronic Dis 2013;10:E189.
  • National Cancer Institute. Dietary assessment primer. Available at <http://dietassessmentprimer.cancer.gov>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ