一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)アメリカ成人における塩分摂取 ― 26州、コロンビ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/03Vol. 64 / No. 25

MMWR64(25):695-698
Sodium Intake Among U.S. Adults — 26 States, the District of Columbia, and Puerto Rico, 2013

アメリカ成人における塩分摂取 ― 26州、コロンビア特別区およびプエルトリコ、2013年

Healthy People 2020では成人における1日の塩分摂取量は2,300mgとしているが、2011~2012年の平均摂取量は3,592mgであったため、2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemでは国内26州、コロンビア特別区(ワシントンDC)およびプエルトリコにおいて、新たに塩分摂取に関連する評価項目を追加した。塩分摂取に関する質問には185,463名が回答し、有効回答は180,067名(マサチューセッツ州:3,332~ミネソタ州:12,363)であった。塩分摂取量を減らすための行動をとっているとの回答はユタ州:38.7%~プエルトリコ:73.4%(中央値:50.6%)であり、高血圧患者は非高血圧患者に比べ有意に多かった(p<0.001)。医療関係者から塩分摂取を減らすようアドバイスを受けた人は中央値で21.1%(ミネソタ州:13.5%~プエルトリコ:41.4%)であり、高血圧患者にて多かった。調査対象となった28地域のうち、10地域は国勢調査局による地域区分で南部に位置し、ウェストバージニア州とケンタッキー州を除く8州は、塩分摂取量を減らす行動をとる人の割合で4区分した場合、上位2区分に入っていた。また、塩分摂取量を減らすようアドバイスを受けた人の割合は10州全てが上位2区分に入っており、他にコネチカット州、ニュージャージー州、ハワイ州およびプエルトリコであった。2010~2030年における心血管系疾患関連の医療費は2,730億ドルから8,180億ドルへと増加しているが、塩分摂取量を1日1,200mg減少した場合、年間約180億ドルの医療費が削減される。また、医療関係者から塩分摂取量を減らすようアドバイスを受けた場合、塩分摂取量を減らす行動をとる人の割合が高いため、高血圧のリスクが抑制されると思われる。

References

  • Kochanek KD, Murphy SL, Xu J, Arias E. Mortality in the United States, 2013. NCHS Data Brief, no. 178. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db178.htm>.
  • US Department of Agriculture. What we eat in America. NHANES 2011–2012, individuals 2 years and over (excluding breast-fed children), day 1. Available at <http://www.ars.usda.gov/SP2UserFiles/Place/80400530/pdf/1112/Table_1_NIN_GEN_11.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020. Nutrition and weight status. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/nutrition-and-weight-status/objectives>.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. 2013 summary data quality report, August 15, 2014. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2013/pdf/2013_DQR.pdf>.
  • CDC. Self-reported hypertension and use of antihypertensive medication among adults—United States, 2005–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:237–44.
  • CDC. BRFSS prevalence and trends data. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/brfssprevalence>.
  • Ritchey MD, Wall HK, Gillespie C, George MG, Jamal A. Million Hearts: prevalence of leading cardiovascular disease risk factors—United States, 2005–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:462–7.
  • Heidenreich PA, Trogdon JG, Khavjou OA, et al. Forecasting the future of cardiovascular disease in the United States: a policy statement from the American Heart Association. Circulation 2011;123:933–44.
  • Bibbins-Domingo K, Chertow GM, Coxson PG, et al. Projected effect of dietary salt reductions on future cardiovascular disease. N Engl J Med 2010;362:590–9.
  • Sacks FM, Svetkey LP, Vollmer WM, et al. Effects on blood pressure of reduced dietary sodium and the Dietary Approaches to Stop Hypertension (DASH) diet. N Engl J Med 2001;344:3–10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ