一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)関節炎および複数の慢性症状による特定の社会生活環境・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/05Vol. 64 / No. 21

MMWR64(21):578-582
Impact of Arthritis and Multiple Chronic Conditions on Selected Life Domains — United States, 2013

関節炎および複数の慢性症状による特定の社会生活環境への影響 ― アメリカ、2013年

CDCは2013 National Health Interview Survey (NHIS)データより、関節炎や複数の慢性症状が重要な社会生活環境に及ぼす影響について分析を行った。2013年のNHIS調査対象となった成人34,505名(男性:15,416名、女性:19,089名、18~44歳:15,256名、45~64歳:11,544名、65歳以上:7,705名)のうち、51.0%には慢性症状がなく(A群)、関節炎を除く1つの慢性症状を16.8%(B群)、関節炎のみを6.1%(C群)、関節炎を除く2つ以上の慢性症状を9.5%(D群)、関節炎と他の慢性症状を16.6%(E群)に認めた。関節炎患者では73.1%に他の慢性症状が認められ(高血圧:22.0%、高血圧/心疾患:7.0%、高血圧/糖尿病:5.7%、がん:5.2%、心疾患:5.1%、高血圧/がん:4.0%)、高齢者(65歳以上)、女性、白人または黒人、体重過多または肥満者、現喫煙者/元喫煙者にて関節炎と他の慢性症状との合併例が多く認められた。アメリカ成人において社会生活環境のうち、社会参加制限、重度の精神的苦痛、就業不能はそれぞれ4.2%、3.8%、12.8%に認められ、就労者における過去12カ月間の欠勤日数は1~5日間:33.6%、6~365日:9.9%であるが、今回の調査対象における社会参加制限、重度の精神的苦痛、就業不能は、A群にてそれぞれ1.0%、1.8%、4.3%、B群:2.1%、3.5%、8.6%、C群:3.7%、3.9%、15.6%、D群:6.3%、6.8%、22.5%、E群:10.4%、9.9%、30.7%と複数の症状を有する場合、とくに関節炎と他の慢性症状を有するE群にて有意に高値を示した。また、欠勤日数はA群にて1~5日間:30.2%、5~365日間:7.8%、B群ではそれぞれ36.1%、11.0%、C群:38.6%、12.9%、D群:40.1%、14.4%、E群:42.9%、18.1%とD群、E群にて有意に欠勤日が多かった。以上、関節炎患者では他の慢性症状を有する症例が多く、社会生活環境に対し悪影響を及ぼすことが示された。

References

  • Ward BW, Schiller JS. Prevalence of multiple chronic conditions among US adults: estimates from the National Health Interview Survey, 2010. Prev Chronic Dis 2013;10:E65.
  • Ward BW, Schiller JS, Goodman RA. Multiple chronic conditions among US adults: a 2012 update. Prev Chronic Dis 2014;11:E62.
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Multiple chronic conditions chartbook: 2010 medical expenditure panel survey data. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2014. Available at <http://www.ahrq.gov/professionals/prevention-chronic-care/decision/mcc/mccchartbook.pdf>.
  • CDC. Prevalence and most common causes of disability among adults—United States, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:421–6.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2010–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:869–73.
  • Kessler RC, Andrews G, Colpe LJ, et al. Short screening scales to monitor population prevalences and trends in non-specific psychological distress. Psychol Med 2002;32:959–76.
  • Bieler GS, Brown GG, Williams RL, Brogan DJ. Estimating model-adjusted risks, risk differences, and risk ratios from complex survey data. Am J Epidemiol 2010;171:618–23.
  • Bauer UE, Briss PA, Goodman RA, Bowman BA. Prevention of chronic disease in the 21st century: elimination of the leading preventable causes of premature death and disability in the USA. Lancet 2014;384:45–52.
  • Brady TJ, Murphy L, O’Colmain BJ, et al. A meta-analysis of health status, health behaviors, and healthcare utilization outcomes of the Chronic Disease Self-Management Program. Prev Chronic Dis 2013;10:120112.
  • Hootman JM, Helmick CG, Brady TJ. A public health approach to addressing arthritis in older adults: the most common cause of disability. Am J Public Health 2012;102:426–33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ