一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)オピオイド鎮痛薬の過量服用に起因する死亡率の低下 ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/15Vol. 64 / No. 18

MMWR64(18):491-494
Decrease in Rate of Opioid Analgesic Overdose Deaths — Staten Island, New York City, 2011–2013

オピオイド鎮痛薬の過量服用に起因する死亡率の低下 ― ニューヨーク市スタテン島、2011~2013年

2005~2011年、ニューヨーク市(NYC)におけるオピオイド鎮痛薬関連の薬物中毒による10万人あたり死亡率は2.1例から3.3例へと57%上昇した。同期間に、スタテン島においては3.0例から10.7例へと257%上昇し、市内他4地区(ブロンクス、ブルックリン、マンハッタンおよびクイーンズ:44%上昇)の3.0~4.5倍高かった。この問題に対応するため、NYC Department of Health and Mental Hygiene (DOHMH)は2011~2013年、市内全域、特にスタテン島を重点対象として、5分野の包括的公衆衛生計画を実施した。内容は、1) 市内全域にオピオイド鎮痛薬処方ガイドラインの配布、2)スタテン島における死亡率および処方データについて地域報道局に対する説明、3) スタテン島におけるNYC衛生当局による市民対話集会および関係者会議、4) スタテン島における処方ガイドライン実践キャンペーン、5) 市内全域およびスタテン島を重点とした公共放送、から成る。同時に、NYC議会は処方者に対して規制薬物の処方に際し州のモニタリングシステムへの登録を義務づけるInternet System for Tracking Over-Prescribing lowを制定した。これらの計画の実効性を評価するため、DOHMHはオピオイド鎮痛薬関連中毒死およびオピオイド鎮痛薬処方パターンの変化を調査した。その結果、2011~2013年のスタテン島住民におけるオピオイド鎮痛薬関連の10万人あたり死亡率は10.7例から7.6例へと29%低下した。他4地区における死亡率は両年とも2.6例と変化がなかった。薬物中毒死全体では、スタテン島住民における死亡率は18.4例から17.6例に4%低下したが、他4地区では7.9例から9.5例へと20%上昇した。一方、2011~2013年のオピオイド鎮痛薬の処方数は、スタテン島では住民1,000名あたり502.0件から452.9件へ9.8%低下、他4地区では236.7件から217.2件へ8.2%低下した。高用量処方数はスタテン島では132.4件から121.6件へ8.2%低下したが、他4地区では40.7件から42.6件へ4.7%上昇した。以上の結果から、地域を重点対象とした公衆衛生介入はオピオイド鎮痛薬関連中毒死の死亡率低下に有効であり、他の分野にも応用できると考えられる。

References

  • Paone D, Tuazon E, Bradley O’Brien D. Unintentional opioid analgesic poisoning (overdose) deaths in New York City, 2011. New York City Department of Health and Mental Hygiene: Epi Data Brief no. 27; May 2013.
  • Paone D, Bradley O’Brien D, Shah S, Heller D. Opioid analgesics in New York City: misuse, morbidity, and mortality update. New York City Department of Health and Mental Hygiene: Epi Data Brief no. 3; April 2011.
  • Paone D, Dowell D, Heller D. Preventing misuse of prescription opioid drugs. City Health Information 2011;30:23–30.
  • Kunins HV, Farley TA, Dowell D. Guidelines for opioid prescription: why emergency physicians need support. Ann Intern Med 2013;158:841–2.
  • Bohnert AS, Valenstein M, Bair MJ, et al. Association between opioid prescribing patterns and opioid overdose-related deaths. JAMA 2011;305:1315–21.
  • Fay MP, Feuer EJ. Confidence intervals for directly standardized rates: a method based on the gamma distribution. Stat Med 1997;16:791–801.
  • Albert S, Brason FW 2nd, Sanford CK, Dasgupta N, Graham J, Lovette B. Project Lazarus: community-based overdose prevention in rural North Carolina. Pain Med 2011;12(Suppl 2):S77–85.
  • Cochella S, Bateman K. Provider detailing: an intervention to decrease prescription opioid deaths in Utah. Pain Med 2011;12(Suppl 2):S73–6.
  • Franklin GM, Mai J, Turner J, Sullivan M, Wickizer T, Fulton-Kehoe D. Bending the prescription opioid dosing and mortality curves: impact of the Washington State opioid dosing guideline. Am J Ind Med 2012;55:325–31.
  • Johnson H, Paulozzi L, Porucznik C, Mack K, Herter B. Decline in drug overdose deaths after state policy changes—Florida, 2010–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:569–74.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ