一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)予防接種後間もないヒトにおけるワクシニアウイルスの・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/01Vol. 64 / No. 16

MMWR64(16):435-438
Laboratory-Acquired Vaccinia Virus Infection in a Recently Immunized Person — Massachusetts, 2013

予防接種後間もないヒトにおけるワクシニアウイルスの実験室内感染 ― マサチューセッツ州、2013年

2013年11月26日、CDCはBoston Public Health Commission (BPHC)から実験技術者におけるワクチニアウイルス(VACV)野生株の針刺し事故の報告を受けた。Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は、高度に弱毒化された株以外のVACVを接種した動物あるいは細胞を取り扱う実験者に対し、天然痘ワクチンの接種を勧奨している。本件はACIPの勧告に従い予防接種を受けた実験者におけるアメリカで初めてのVACV実験室内感染例である。実験技術者は学術研究機関に勤務する27歳男性で、11月17日にマウスに野生型VACVを乱切接種した際に、誤って左親指に注射針を刺し、11月23日に左上腕から肘前窩にかけて無痛性の紅斑性皮疹を発現したため、地元の救急外来を受診した。発熱など全身症状や神経症状は無く、超音波検査にて刺傷部に少量の液体の貯留を認めた。蜂窩織炎と診断され、入院しセファゾリンの点滴静注を受け、翌日経口セファレキシンを処方され退院した。翌11月25日、患者は研究所の産業医を受診、壊死性VACV感染症と診断され、セファレキシン服用の継続を指示された。左腕の紅斑は11月27日に消失、親指の刺傷部の壊死病変は12月10日に外科的に切除され、2014年1月9日に快癒した。BPHCは11月26日に実験室に立ち入り、実験手順書やスタッフのVACV予防接種状況について調査した。実験手順では、注射針へのキャップの再装着に関し不備があると指摘された。患者となった実験技術者は2013年1月から研究所に勤務し、1月28日に天然痘ワクチンACAM2000を接種、9日後の2月5日およびその一週間後に接種効果の評価を受け、正常な予防接種反応が得られたと評価されていた。本事例から、オルソポックスウイルスの実験室内感染の予防には、予防接種単独では不十分であり、実験者の教育や実験手順書、事故報告を含む効果的なバイオセーフティ手順の実施が必要であることが示唆された。

References

  • Rotz LD, Dotson DA, Damon IK, Becher JA; Advisory Committee on Immunization Practices. Vaccinia (smallpox) vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2001. MMWR Recomm Rep 2001;50(No. RR-10):1–25.
  • Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Laboratory-acquired vaccinia virus infection—Virginia, 2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:797–800.
  • Li Y, Olson VA, Laue T, Laker MT, Damon IK. Detection of monkeypox virus with real-time PCR assays. J Clin Virol 2006;36:194–203.
  • Hutson CL, Lee KN, Abel J, et al. Monkeypox zoonotic associations: insights from laboratory evaluation of animals associated with the multi-state US outbreak. Am J Trop Med Hyg 2007;76:757–68.
  • Karem KL, Reynolds M, Braden Z, et al. characterization of acute-phase humoral immunity to monkeypox: use of immunoglobulin M enzyme-linked immunosorbent assay for detection of monkeypox infection during the 2003 North American outbreak. Clin Diagn Lab Immunol 2005;12:867–72.
  • Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Laboratory-acquired vaccinia exposures and infections—United States, 2005–2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:401–4.
  • Tan X, Chun S, Pablo J, Felgner P, Liang X, Davies DH. Failure of the smallpox vaccine to develop a skin lesion in vaccinia virus-naïve individuals is related to differences in antibody profiles before vaccination, not after. Clin Vaccine Immunol 2012;19:418–28.
  • Cono J, Casey CG, Bell DM; Centers for Disease Control and Prevention. Smallpox vaccination and adverse reactions. Guidance for clinicians. MMWR Recomm Rep 2003;52(No. RR-4):1–28.
  • Taub DD, Ershler WB, Janowski M, et al. Immunity from smallpox vaccine persists for decades: a longitudinal study. Am J Med 2008;121:1058–64.
  • MacNeil A, Reynolds MG, Damon IK. Risks associated with vaccinia virus in the laboratory. Virology 2009;385:1–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ