一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)医療施設の従事者における職業性外傷 ― アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/24Vol. 64 / No. 15

MMWR64(15):405-410
Occupational Traumatic Injuries Among Workers in Health Care Facilities — United States, 2012–2014

医療施設の従事者における職業性外傷 ― アメリカ、2012~2014年

CDCのNational Institute for Occupational Safety and Healthは共同パートナーとともにOccupational Health Safety Networkを開設し、医療施設に任意のサーベイランスシステムを無償で提供しており、職業性外傷について、その種類、職業、場所およびリスク因子による情報の追跡が迅速かつ正確に可能となっている。今回、2012年1月1日~2014年9月30日において国内112カ所の医療施設から報告された10,680件の職業性外傷について、転倒(滑る・つまずくも含む)、患者の介助(介助、患者を押す、引っぱる、持ち上げるなど)および職場での暴力(職員への直接的暴力的行為など)の3種類に分け、データの分析が行われた。施設は19州(うち52%は中西部)に分布、46%が200床以下であり、95%が総合医療または外科施設であった。常勤職員は全体で162,535名であり、報告された10,680件の外傷は介助:4,674件、転倒:3,972件、暴力:2,034件であった(それぞれ10,000名/月あたり11.33件、9.63件、4.93件)。被害は年齢別では30~44歳(35%)、45~64歳(44%)、職種別では看護師(38%)および看護助手(19%)、性別では女性(70~90%)に多く認められた。患者の介助および職場での暴力による外傷は看護助手に多く、転倒による外傷は患者に接しない職員(施設維持管理職員および警備員)に多く認められた。患者の介助による外傷の62%は患者用リフト機械によるものであり、うち82%は機械が作動していない時に外傷を受けていた。転倒による外傷は65%について状況が明らかであり、89%は同一階での転倒であり、下の階へ移動時の転落(階段やスロープ)は9%、転倒を伴わない滑る・つまずくによる外傷は2%であった。また、職場での暴力については49%について種類(身体的暴力、言葉による暴力、物を破壊するなど)が明らかであり、99%が身体的暴力であった。これらのデータから、患者用リフト機械の改善など、職業性外傷を予防する対策を講じる必要性が示唆された。

References

  • Bureau of Labor Statistics. 2013 Survey of occupational injuries and illnesses: nonfatal (OSHA recordable) injuries, industry incidence rates and counts. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics, Safety and Health Statistics Program; 2014. Available at <www.bls.gov/iif/oshwc/osh/os/osch0052.pdf>.
  • Occupational Safety and Health Administration. Safety and health topics: healthcare. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration. Available at <https://www.osha.gov/SLTC/healthcarefacilities/index.html>.
  • CDC. NIOSH Occupational Health Safety Network. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/topics/ohsn/>.
  • Arnetz JE, Hamblin L, Essenmacher L, Upfal MJ, Ager J, Luborsky M. Understanding patient-to-worker violence in hospitals: a qualitative analysis of documented incident reports. J Adv Nurs 2015;71:338–48.
  • Bureau of Labor Statistics. News release: nonfatal occupational injuries and illnesses requiring days away from work, 2013. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics, Safety and Health Statistics Program; 2014. Available at <http://www.bls.gov/news.release/osh2.nr0.htm>.
  • Patient Safety Network. Patient safety primer: nursing and patient safety. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Agency for Healthcare Research and Quality; 2012. Available at <http://psnet.ahrq.gov/primer.aspx?primerID=22>.
  • Powell-Cope G, Toyinbo P, Patel N, et al. Effects of a national safe patient handling program on nursing injury incidence rates. J Nurs Adm 2014;44:525–34.
  • Sinnott M, Shaban RZ. Can we have a culture of patient safety without one of staff safety? BMJ 2011;342:c6171.
  • Sinnott M, Eley R, Winch S. Introducing the safety score audit for staff member and patient safety. AORN J 2014;100:91–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ