一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)輸入乾燥フグによるテトロドトキシン中毒のアウトブレ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/02Vol. 63 / Nos. 51 & 52

MMWR63(51 & 52):1222-1225
Tetrodotoxin Poisoning Outbreak from Imported Dried Puffer Fish — Minneapolis, Minnesota, 2014

輸入乾燥フグによるテトロドトキシン中毒のアウトブレイク ― ミネアポリス、ミネソタ州、2014年

2014年6月13日、ミネソタ州ミネアポリスのヘネピン郡医療センター救命救急(ED)に2例の患者がテトロドトキシン中毒を疑わせる症状(口腔感覚異常、脱力感および呼吸困難など)で受診した。2例は30歳男性と33歳女性の姉弟であり、ニューヨーク市の露天商にて乾燥フグを買い、ミネソタ州へ持ち帰り、EDを受診する6時間前にフグを水で戻し、姉弟と友人2名で食していた。30分後、2例とも口周囲と舌のしびれ感、四肢のしびれ感と脱力感、極度の疲労感および呼吸困難を来した。一緒に食べた友人2名にも同じ症状が出たが、症状が軽く、受診しなかった。血液検査(ヘモグロビン、白血球、血小板、Na、K、Cl、Ca、CO2、クレアチニン)および身体検査、呼吸努力、精神状態および強度試験は正常であり、2例ともEDにて6時間観察し、症状が改善したため、入院の勧めを拒否して帰宅した。患者が受診時に持ち込んだ乾燥フグの検体(n=7)はFDAにて検査された。検体はすべてドクサバフグ(Lagocephalus lunaris)であり、乾燥した状態で2gの筋肉を採取、水で戻し、テトロドトキシン濃度を測定した。その結果、19.8(5.7~72.3)ppmのテトロドトキシンが検出された。その後、2例とは連絡が取れなくなり、自宅を訪問したが行方不明となっていたため、詳細な感染源の検査は行われていない。

References

  • Noguchi T, Ebesu JSM. Puffer poisoning: epidemiology and treatment. J Toxicol Toxin Rev 2001;20:1–10.
  • Cavazzoni E, Lister B, Sargent P, Schibler A. Blue-ringed octopus (Hapalochlaena sp.) envenomation of a 4-year-old boy: a case report. Clin Toxicol (Phila) 2008;46:760–1.
  • Handy SM, Deeds JR, Ivanova NV, et al. A single laboratory validated method for the generation of DNA barcodes for the identification of fish for regulatory compliance. J AOAC Int 2011;94:201–10.
  • Cohen NJ, Deeds JR, Wong ES, et al. Public health response to puffer fish (tetrodotoxin) poisoning from mislabeled product. J Food Prot 2009;72:810–7.
  • Food and Drug Administration. Fish and fisheries products hazards and controls guidance. 4th ed. US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2014. Available at <http://www.fda.gov/Food/GuidanceRegulation/GuidanceDocumentsRegulatoryInformation/Seafood/ucm2018426.htm>.
  • Food and Drug Administration. Exchange of letters between Japan and the US Food and Drug Administration regarding puffer fish. US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration. Available at <http://www.fda.gov/InternationalPrograms/Agreements/MemorandaofUnderstanding/ucm107601.htm>.
  • Food and Drug Administration. Import alert no. 16-20: detention without physical examination of puffer fish and foods that contain puffer fish. US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2014. Available at <http://www.accessdata.fda.gov/cms_ia/importalert_37.html>.
  • Deeds JR, White KD, Etheridge SM, Landsberg JH. Concentrations of saxitoxin and tetrodotoxin in three species of puffers from the Indian River Lagoon, Florida, the site of multiple cases of saxitoxin puffer fish poisoning from 2002–2004. Trans Am Fish Soc 2008;137:1317–26.
  • Yang CC, Liao SC, Deng JF. Tetrodotoxin poisoning in Taiwan: an analysis of poison center data. Vet Hum Toxicol 1996;38:282–6.
  • Hwang DF, Hsieh YW, Shiu YC, Chen SK, Cheng CA. Identification of tetrodotoxin and fish species in a dried dressed fish fillet implicated in food poisoning. J Food Prot 2002;65:389–92.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ