一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)退役軍人における関節炎:アメリカ、2011~201・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/07Vol. 63 / No. 44

MMWR63(44):999-1003
Arthritis Among Veterans — United States, 2011–2013

退役軍人における関節炎:アメリカ、2011~2013年

関節炎は退役軍人において最も一般的な慢性疾患で、非退役軍人よりも多く認められる。これまでの集団をベースとした研究は湾岸戦争以前のもので規模も小さく、また、男性のみであるため、現在の集団をベースとした推定値が必要である。このためCDCは、Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)から2011~2013年の18歳以上のデータを統合して分析した。BRFSSはアメリカの50州、グアム、プエルトリコ、ワシントンDCにおける年1回の横断的な無作為抽出電話調査で、2011年、2012年、2013年の回答率は、各49.7%、45.2%、45.9%であった。BRFSS回答者のうち、「これまでに医師または医療関係者に、関節炎、関節リウマチ、痛風、ループス、線維筋痛症のいずれかを指摘されたことがありますか?」の質問に「はい」と答えた人を「関節炎あり」定義した。退役軍人と非退役軍人間において、医師により診断された関節炎について全体および性別で有病率を推定し、さらに年齢、社会人口学的カテゴリーに分類し比較した。また、州別の有病率を推定した。全体の有病率は退役軍人で非退役軍人よりも高く(25.6% vs 23.6%)、男性(25.0% vs19.5%)および女性(31.3% vs 26.1%)の両方で上昇した。男性の退役軍人では同性の非退役軍人と比べ、すべての年齢グループで有病率が上昇し、女性の退役軍人では若年(18~44歳)と中年(44~64歳)で上昇した。退役軍人では同性の非退役軍人と比べ、年齢で標準化した有病率が人種/民族、教育、収入、雇用形態、BMIの大半のカテゴリーにわたり5%ポイント以上、上昇した。州別での退役軍人の有病率は、18.8%(ハワイ州)~32.7%(ウェストバージニア州)であった。退役軍人の多くが関節炎の影響を受けており、関節炎による痛み、うつ症状や共存症 (心疾患、糖尿病など)を減少させるための戦略が必要とされている。利用しやすいエビデンスに基づいた身体的活動や自己管理の教育クラスの提供などQOL改善のための介入が求められる。

References

  • Dominick KL, Golightly YM, Jackson GL. Arthritis prevalence and symptoms among US non-veterans, veterans, and veterans receiving Department of Veterans Affairs Healthcare. J Rheumatol 2006;33:348–54.
  • Hoerster KD, Lehavot K, Simpson T, McFall M, Reiber G, Nelson KM. Health and health behavior differences: U.S. military, veteran, and civilian men. Am J Prev Med 2012;43:483–9.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2010–2012. MMWR 2013;62:869–73.
  • Hauret KG, Jones BH, Bullock SH, Canham-Chervak M, Canada S. Musculoskeletal injuries description of an under-recognized injury problem among military personnel. Am J Prev Med 2010;38(1 Suppl):S61–70.
  • Cameron KL, Hsiao MS, Owens BD, Burks R, Svoboda SJ. Incidence of physician-diagnosed osteoarthritis among active duty United States military service members. Arthritis Rheum 2011;63:2974–82.
  • Yoon J, Scott JY, Phibbs CS, Frayne SM. Trends in rates and attributable costs of conditions among female VA patients, 2000 and 2008. Womens Health Issues 2012;22:e337–44.
  • Friedman SA, Phibbs CS, Schmitt SK, Hayes PM, Herrera L, Frayne SM. New women veterans in the VHA: a longitudinal profile. Womens Health Issues 2011;21(4 Suppl):S103–11.
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. Journal Rheumatol 2005;32:340–7.
  • Copeland LA, Zeber JE, Bingham MO, et al. Transition from military to VHA care: psychiatric health services for Iraq/Afghanistan combat-wounded. J Affect Disord 2011;130:226–30.
  • Ory MG, Smith ML, Patton K, Lorig K, Zenker W, Whitelaw N. Self-management at the tipping point: reaching 100,000 Americans with evidence-based programs. J Am Geriatr Soc 2013;61:821–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ