一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIV感染と診断された男性間性交渉者:一連のHIV・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/26Vol. 63 / No. 38

MMWR63(38):829-833
Men Living with Diagnosed HIV Who Have Sex with Men: Progress Along the Continuum of HIV Care — United States, 2010

HIV感染と診断された男性間性交渉者:一連のHIVケアの進展 ― アメリカ、2010年

アメリカにおいて、同性および両性愛の男性間性交渉者(MSM)は人口の約2%を占め、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染リスクが最も高いグループである。2010年にはHIV新規感染者の63%がMSMであり、HIV感染者の52%がMSMであった。National HIV/AIDS Strategyの2015年目標値は、MSMにおけるHIV新規診断者の医療機関受診率を85%、治療継続率を80%、ウイルス抑制率を20%増としている。HIV Care Continuum InitiativeはHIVの検査、サービス、治療を促進するため、2013年7月に大統領令により発令された。CDCはNational HIV Surveillance SystemおよびMedical Monitoring Projectのデータから、HIV感染MSMにおけるHIVケア各段階の進捗状況を評価した。19管轄区に居住する13歳以上のMSMで2010年に新規にHIV感染の診断を受けた10,093例のうち、7,826例(77.5%)が診断後3ヶ月以内に医療機関を受診していた。2009年末までにHIV感染の診断を受けた174,071例のMSMのうち、2010年末の治療継続率は50.9%であった。受診率および治療継続率はいずれも、年齢層別では13~24歳(それぞれ71.0%および45.7%)、人種/民族別では黒人/アフリカ系アメリカ人(71.6%および46.3%)において最も低かった。2010年末、アメリカおよびプエルトリコにおける416,730例の18歳以上のHIV感染MSMのうち、抗レトロウイルス薬(ART)の処方は49.5%、ウイルス抑制達成は42.0%であった。ART処方率およびウイルス抑制率はいずれも、年齢層別では18~24歳(それぞれ30.5%および25.9%)、人種/民族別では黒人/アフリカ系アメリカ人(47.1%および37.0%)において最も低かった。MSMに対する一連のHIVケアの各段階において、25歳未満の若年齢層および黒人/アフリカ系アメリカ人のレベルが最も低く、医療保険の欠如、恥の感覚、人種差別といった要素が医療機関受診の障害となっていると考えられる。National HIV/AIDS Strategyの目標値達成のためには、これらのMSMグループに対する重点的な介入が必要である。

References

  • Purcell DW, Johnson CH, Lansky A, et al. Estimating the population size of men who have sex with men in the United States to obtain HIV and syphilis rates. Open AIDS J 2012;6:98–107.
  • CDC. Estimated HIV incidence in the United States, 2007–2010. HIV surveillance supplemental report 2012; Vol. 17(No. 4). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance>.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data: United States and 6 U.S. dependent areas—2011. HIV surveillance supplemental report, 2013. Vol. 18(No. 5). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/2011_monitoring_hiv_indicators_hssr_final.pdf>.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas.pdf>.
  • Office of the Press Secretary. Accelerating improvements in HIV prevention and care in the United States through the HIV Care Continuum Initiative. Washington, DC: Office of the Press Secretary, The White House; 2013. Available at <http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2013/07/15/fact-sheet-accelerating-improvements-hiv-prevention-and-care-united-stat>.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27.
  • Hall HI, Frazier EL, Rhodes P, et al. Differences in human immunodeficiency virus care and treatment among subpopulations in the United States. JAMA Intern Med 2013;173:1337–44.
  • Wejnert C, Le B, Rose CE, et al. HIV infection and awareness among men who have sex with men—20 cities, United States, 2008 and 2011. PLoS ONE 2013;8:e76878.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. HIV testing and risk behaviors among gay, bisexual, and other men who have sex with men—United States. MMWR 2013;62:958–62.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ