一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)母乳育児をサポートするマタニティケア診療における人・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/22Vol. 63 / No. 33

MMWR63(33):725-728
Racial Disparities in Access to Maternity Care Practices That Support Breastfeeding — United States, 2011

母乳育児をサポートするマタニティケア診療における人種による利用の格差 ― アメリカ、2011年

母乳育児をできるかには多くの要因が関与するが、母乳育児の確立には産院での授乳の経験が大きく影響する。アメリカにおける母乳育児の開始率および母乳育児の継続率は白人に比べ黒人にて約16%低く、CDCは2011年のMaternity Practices in Infant Nutrition and Care (mPINC)データより、各産院所在地の郵便番号エリアを黒人の居住率(12.2%超または12.2%以下)により二分し、母乳育児をサポートする状況について比較した。2011年のmPINC調査には2,727施設が参加、これらの施設においてWHO /UNICEFの「母乳育児を成功させる10のステップ」よりマタニティケア診療にて推奨されている10項目の実施状況について分析を行った。分析対象となった2,643施設のうち、黒人の低居住率(12.2%以下)エリアは2,030施設、高居住率(12,2%超)エリアは613施設があり、10項目のうち3項目はほぼ同等にて多くの施設にて実施されていた[出産前の母乳育児教育(低居住率エリア:92.9% vs 高居住率エリア:91.8%)、授乳方法の指導(同91.2% vs 89.2%)、授乳サインの認識と対応の指導(同85.1% vs 83.2%)]。また、スタッフ能力の評価および母乳育児対策の院内掲示は低居住率エリアに比べ高居住率エリアにて多くの施設にて実施されており(能力評価:53.2% vs 59.4%、掲示:18.5% vs 20.3%)、その他5項目については低居住率エリアにて多くの施設にて実施されていた(母乳育児の早期開始:59.9% vs 46.0%、サプリメントの使用制限:22.8% vs 13.1%、母児同室:39.4% vs 27.7%、おしゃぶりの使用制限:37.9% vs 30.5%、退院後のサポート:29.9% vs 23.9%)。このような黒人居住率による地域差が母乳育児の開始率および継続率に影響しているものと思われ、黒人居住率の高いエリアでの改善が望まれる。

References

  • Ip S, Chung M, Raman G, et al. Breastfeeding and maternal and infant health outcomes in developed countries [Review]. Evid Rep Technol Assess 2007;153.
  • CDC. Progress in increasing breastfeeding and reducing racial/ethnic differences—United States, 2000–2008 births. MMWR 2013;62:77–80.
  • DiGirolamo AM, Grummer-Strawn LM, Fein SB. Effect of maternity-care practices on breastfeeding. Pediatrics 2008;122(Suppl 2):S43–9.
  • CDC. Maternity Practices in Infant Nutrition and Care (mPINC) survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/breastfeeding/data/mpinc>.
  • CDC. Vital signs: hospital practices to support breastfeeding—United States, 2007 and 2009. MMWR 2011;60:1020–5.
  • US Census Bureau. American Community Survey. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2008. Available at <http://www.census.gov/acs/www>.
  • Wennberg JE, Cooper MM, eds; Dartmouth Atlas of Health Care Working Group. The Dartmouth Atlas of Health Care in the United States. Chicago, IL: American Hospital Publishing; 1998. Available at <http://www.dartmouthatlas.org/downloads/atlases/98atlas.pdf>.
  • Evans K, Labbok M, Abrahams SW. WIC and breastfeeding support services: does the mix of services offered vary with race and ethnicity? Breastfeed Med 2011;6:401–6.
  • Chapman DJ, Perez-Escamilla R. Breastfeeding among minority women: moving from risk factors to interventions. Adv Nutr 2012;3:95–104.
  • Grummer-Strawn LM, Shealy KR, Perrine CG, et al. Maternity care practices that support breastfeeding: CDC efforts to encourage quality improvement. J Womens Health (Larchmnt) 2013;22:107–12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ