一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)癌生存者の医療費と生産性の損失 ― アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2014/06/13Vol. 63 / No. 23

MMWR63(23):505-510
Medical Costs and Productivity Losses of Cancer Survivors — United States, 2008–2011

癌生存者の医療費と生産性の損失 ― アメリカ、2008~2011年

アメリカにおいて癌の既往を有する人は1971年では約300万人であったが、2012年には約1,340万人と人口の約4.6%まで増加している。癌の生存者は医学的な経過観察が必要であり、長期的な治療および再発のモニタリングを受けるが、他の癌の発症リスクは高い。2008~2011年のMedical Expenditure Panel Survey (MEPS)データの分析では、癌生存者(6,722名)は癌の既往のない人(86,865名)に比べ女性が多く(58.2% vs 51.0%)、人種/民族は非ヒスパニック系白人が多く(84.8% vs 66.1%)、健康状態は「非常に良い(Excellent)/とても良い(Very good)」は少なく(39.6% vs 60.0%)、「普通(Fair)/悪い(Poor)」が多かった(28.1% vs 12.2%)。また、医療保険未加入例は少なく(10.3% vs 18.9%)、複数の慢性疾患の合併例が多く認められた(3疾患以上の合併例:43.5% vs 16.6%)。癌生存者の平均年間医療費は男性にて8,091ドル(既往のない人:3,904ドル)、女性にて8,412ドル(同:5,119ドル)であり、医療費の支払源は民間の医療保険が最も多く(男性:3,003ドル、女性:3,899ドル)、支払い事由は外来診療(男性:2,640ドル、女性:3,817ドル)、入院費(男性:1,722ドル、女性:1,843ドル)が多かった。癌生存者における一人当たりの年間平均生産性損失は男性にて3,719ドル(既往のない人:2,260ドル)、女性にて4,033ドル(同:2,703ドル)であった。癌と診断された時に雇用されていた癌生存者は癌およびその治療が仕事上の肉体的作業(25%)および精神的作業(14%)に支障を来し、約25%が生産性の低下を自覚していた。診断時の就業率は男性にて高かったが(男性:62%、女性:55%)、女性の方が癌を理由に仕事を変える傾向が強かった(男性:34%、女性:48%)。

References

  • Howlander N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds. SEER cancer statistics review, 1975–2011. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2014. Available at <http://seer.cancer.gov/statfacts/html/all.html>.
  • De Moor JS, Mariotto AB, Parry C, et al. Cancer survivors in the United States: prevalence across the survivorship trajectory and implications for care. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2013;22:561–70.
  • Mariotto AB, Yabroff KR, Shao Y, Feuer EJ, Brown ML. Projections of the cost of cancer care in the United States: 2010–2020. J Natl Cancer Inst 2011;103:117–28.
  • Hewitt M, Greenfield S, Stovall E, eds. From cancer patient to cancer survivor: lost in transition. Washington, DC: National Academies Press; 2006.
  • Ng AK, Travis LB. Second primary cancers: an overview. Hematol Oncol Clin North Am 2008;22:271–89.
  • Yabroff KR, Dowling E, Rodriguez J, et al. The Medical Expenditure Panel Survey (MEPS) experiences with cancer survivorship supplement. J Cancer Surviv 2012;6:407–19.
  • Ramsey S, Blough D, Kirchhoff A, et al. Washington state cancer patients found to be at greater risk for bankruptcy than people without a cancer diagnosis. Health Aff 2013;32:61143–52.
  • Institute of Medicine. Delivering affordable cancer care in the 21st century: workshop summary. Washington, DC: National Academies Press; 2013. Available at <http://www.iom.edu/reports/2013/delivering-affordable-cancer-care-in-the-21st-century.aspx>.
  • Meropol NJ, Schrag D, Smith TJ, et al. American Society of Clinical Oncology guidance statement: the cost of cancer care. J Clin Oncol 2009;23:3868–74.
  • Dowling EC, Chawla N, Forsythe LP, et al. Lost productivity and burden of illness in cancer survivors with and without other chronic conditions. Cancer 2013;119:3393–401.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ