一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ポリオ撲滅への進歩 ― 世界の状況、2013~20・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/30Vol. 63 / No. 21

MMWR63(21):468-472
Progress Toward Polio Eradication — Worldwide, 2013–2014

ポリオ撲滅への進歩 ― 世界の状況、2013~2014年

2013~2014年におけるポリオ撲滅に向けての世界的状況について報告する。2013年、野生型ポリオウイルス(WPV)の年間発症数は1988年に比べ99%以上減少しており、現在、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国のみにてWPVの伝播が認められている。WHO地域別のワクチン接種率はアフリカ地域(AFR):77%、東南アジア地域:74%、東地中海地域(EMR):82%、アメリカ地域:93%、ヨーロッパ地域(EUR):96%、西太平洋地域(WPR):97%であり、ナイジェリア、アフガニスタン、パキスタンにおける3回接種率(Pol3)はそれぞれ59%、71%、75%であった。経口ポリオワクチン(OPV)の追加予防接種活動(SIA)は、2013年、42カ国にて265回実施され[AFR:137回(52%)、EMR:118回(45%)]、5歳未満の小児に対し、約22億4千万回の接種が行われた。2013年、急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスを通じて報告されたWPV症例は416例(全例、WPV1)、うち22%がパキスタンであり、62%はポリオフリーの国々へのウイルスの輸入によるアウトブレイクでの症例であった。2014年は5月20日の時点でパキスタンからアフガニスタン、シリアからイラク、カメルーンから赤道ギニアへのウイルスの拡散が認められている。アフガニスタンでは2012年:37例、2013年:14例(62%減)、2014年1~4月:4例(いずれもWPV1)が報告され、ナイジェリアでは2012年:122例(WPV1:109、WPV3:19)、2013年:53例(57%減)、2014年1~4月:3例、パキスタンからでは2012年58例(WPV1:55、WPV3:2、WPV1とWPV3重感染:1)、2013年:93例(60%増)、2014年1~4月:66例(前年同期:8例)報告されている。ポリオフリーとなった国々におけるWPV輸入例は2012年は2カ国(ナイジェリア、チャド)にて6例であったが、2013年は5カ国にて256例に増加し、ナイジェリアからエチオピア(9例)、ケニア(14例)、ソマリア(194例)、パキスタンからシリア(35例)、カメルーン(4例)にて報告されている。WPVの根絶にはポリオフリーとなった国々への拡散阻止や世界的なサーベイランスの強化が重要と考える。

References

  • World Health Organization. Poliomyelitis: intensification of the global eradication initiative. Resolution WHA65.5. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha65-rec1/a65_rec1-en.pdf#page=25>.
  • CDC. Progress toward eradication of polio—worldwide, January 2011– March 2013. MMWR 2013;62:335–8.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio this week as of 21 May 2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/Dataandmonitoring/Poliothisweek.aspx>.
  • Diop OM, Burns CC, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, July 2012–December 2013. MMWR 2014;63:242–8.
  • World Health Organization. WHO statement on the meeting of the International Health Regulations Emergency Committee concerning the international spread of wild poliovirus. May 5, 2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2014/polio-20140505/en>.
  • World Health Organization. WHO vaccine-preventable diseases monitoring system: 2013 global summary [data as of October 16, 2013]. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary>.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2012–September 2013. MMWR 2013;62:928–33.
  • Levitt A, Diop OM, Tangermann RH. Surveillance systems to track progress toward global polio eradication—worldwide, 2012–2013. MMWR 2014;63:356–61.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2012–September 2013. MMWR 2013;62:1009–13.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Pakistan, January 2012–September 2013. MMWR 2013;62:934–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ