一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)第1期および第2期梅毒 ― アメリカ、2005~2・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/09Vol. 63 / No. 18

MMWR63(18):402-406
Primary and Secondary Syphilis — United States, 2005–2013

第1期および第2期梅毒 ― アメリカ、2005~2013年

アメリカにおける第1期および第2期梅毒の罹患率は、2000年に人口10万人当たり2.1と根絶近くまで低下した後に再び上昇に転じ、2013年には同5.3と2000年の2倍以上に達した。近年の梅毒発生状況を明らかにするため、CDCは全国届出疾病サーベイランスシステムのデータから、2005~2013年の間に診断された第1期および第2期梅毒について調査した。この間、第1期および第2期梅毒の年間報告症例数は8,724例から16,663例と2倍近く増加し、罹患率は10万人あたり2.9から5.3と上昇した。2013年には全症例の91.1%が男性で、男性の罹患率は同5.1から9.8と、全年齢層および全人種/民族で上昇した。2005~2009年の間、罹患率およびその上昇率は黒人で最も高かった(10万人当たり14.6から29.8、104.1%増)が、2009~2013年はヒスパニック系男性(同7.6から11.6、52.6%増)および白人男性(同3.7から5.4、45.9%増)で上昇し、黒人では低下した(同29.8から27.9、6.4%減)。年齢別では、2005~2009年は20~24歳(149.4%増)が、2009~2013年は25~29歳(48.4%増)が上昇した。2009~2012年の間、男性同性愛者(MSM) 13,113名における罹患率は77.0% (6,366例)から83.9% (8,701例)と上昇し、上昇率は黒人(21.2%)と比較しヒスパニック系(53.4%)および白人(38.1%)で顕著に高く、25~29歳の年齢層で上昇した(53.2%増)。女性の罹患率は2005~2008年に0.9から1.5に上昇し、2013年に0.9に低下した。この傾向は黒人女性の罹患率の変化(各年4.2、7.9、4.0)を反映していた。人種/民族間の罹患率の差は顕著で、男性では黒人、ヒスパニック系がそれぞれ白人の5.2倍、2.1倍であり、女性ではそれぞれ13.3倍、2.7倍となった。今後、MSMにおける梅毒の流行をくい止めるには、1)安全な性行為(パートナー数の絞り込み、コンドームの装着、陰性パートナーとの安定的な関係の維持) の奨励、2)梅毒に関する知識とスクリーニング検査、3)パートナーへの告知と治療といった対策の強化が必要である。

References

  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/std/stats12/default.htm>.
  • St Lawrence JS, Montano DE, Kasprzyk D, Phillips WR, Armstrong K, Leichliter JS. STD screening, testing, case reporting, and clinical and partner notification practices: a national survey of US physicians. Am J Public Health 2002;92:1784–8.
  • Kerani RP, Fleming M, Golden MR. Acceptability and intention to seek medical care after hypothetical receipt of patient-delivered partner therapy or electronic partner notification postcards among men who have sex with men: the partner’s perspective. Sex Transm Dis 2013;40:179–85.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • Bernstein K, Liu KL, Begier E, Koblin B, Karpati A, Murrill C. Same-sex attraction disclosure to health care providers among New York City men who have sex with men: implications for HIV testing approaches. Arch Intern Med 2008;168:1458–64.
  • CDC. Guidelines for prevention and treatment of opportunistic infections in HIV-infected adults and adolescents: recommendations from CDC, the National Institutes of Health, and the HIV Medicine Association of the Infectious Diseases Society of America. MMWR 2009;58(No. RR-4).
  • Su JR, Weinstock H. Epidemiology of co-infection with HIV and syphilis in 34 states, United States—2009. In: proceedings of the 2011 National HIV Prevention Conference, August 13–17, 2011, Atlanta, GA.
  • Pathela P, Braunstein S, Shepard CS. Population-based HIV incidence among men diagnosed with infectious syphilis, 2000–2011. In: proceedings of the STI&AIDS World Congress 2013, July 14–17, 2013, Vienna, Austria.
  • CDC. Community approaches to reducing sexually transmitted diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/std/health-disparities/foa-march-2011.htm>.
  • CDC. Improving sexually transmitted disease programs through assessment, assurance, policy development, and prevention strategies (STD AAPPS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/std/foa/aapps/default.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ