一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)高感染リスク者におけるC型肝炎の迅速検査 ― ウィ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/11Vol. 63 / No. 14

MMWR63(14):309-311
Rapid Hepatitis C Testing Among Persons at Increased Risk for Infection — Wisconsin, 2012–2013

高感染リスク者におけるC型肝炎の迅速検査 ― ウィスコンシン州、2012~2013年

アメリカにおけるC型肝炎ウイルス(HCV)の慢性感染患者は320万人と推計される。注射薬物使用の若者が新規感染者として急増しており、特に郊外および農村部での増加が顕著である。2003~2012年の間、ウィスコンシン州ではC型肝炎患者数が30歳未満人口10万人当たり15例から54例へと増加しており、この年齢層の急性C型肝炎患者の58%が注射薬物使用者であった。HCV感染時に徴候に気づくことはまれであり、CDCおよび米国予防医療専門委員会は注射薬物使用者に対し酵素免疫法(EIA)およびHCV核酸検査を受けるよう勧告している。HCV検査率の向上のため、2012年10月~2013年10月、Wisconsin Division of Public Health (WDPH)は薬物依存者を対象にHCVおよびHIV検査、注射器具の交換、カウンセリングおよび他のリスク低減サービスを提供するアウトリーチ活動を行った。指からの微量採血で行う抗体スクリーニング検査は医療機関外でも実施できる迅速HCV検査である。この期間、1,255名が迅速HCV検査を受け、そのうち1,033名(82%)が注射薬物使用者で、868名(69%)が最近6カ月以内の使用、825名(66%)が注射器を他人と共用したと報告した。迅速検査の結果、246名(20%)がHCV陽性となった。そのうち192名(78%)は確定検査のため再採血し、190名にEIAを行った結果100%陽性となり、迅速検査結果と一致した。192名中183名に核酸検査を行った結果、128名(70%)が持続感染を意味するHCV RNA陽性となった。検査を受けた人の53%がこれまでに検査を受けたことがなく、陽性者の72%がWDPH初報告であった。迅速HCV検査の実施により感染に気づき、適切な治療や伝播予防カウンセリングを受けることが可能となる。

References

  • Armstrong GL, Wasley A, Simard EP, McQuillan GM, Kuhnert WL, Alter MJ. The prevalence of hepatitis C virus infection in the United States, 1999 through 2002. Ann Intern Med 2006;144:705–14.
  • CDC. Surveillance for acute viral hepatitis—United States, 2007. MMWR 2009;58(No. SS-3).
  • Garfein RS, Vlahov D, Galai N, Doherty MC, Nelson KE. Viral infections in short-term injection drug users: the prevalence of the hepatitis C, hepatitis B, human immunodeficiency, and human T-lymphotropic viruses. Am J Public Health 1996;86:655–61.
  • Page K, Morris MD, Hahn JA, Maher L, Prins M. Injection drug use and hepatitis C virus infection in young adult injectors: using evidence to inform comprehensive prevention. Clin Infect Dis 2013;57(Suppl 2):S32–8.
  • CDC. Recommendations for prevention and control of hepatitis C virus (HCV) infection and HCV-related chronic disease. MMWR 1998;47 (No. RR-19).
  • Moyer VA. Screening for hepatitis C virus infection in adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:349–57.
  • CDC. Testing for HCV infection: an update of guidance for clinicians and laboratorians. MMWR 2013;62:362–5.
  • Shivkumar S, Peeling R, Jafari Y, Joseph L, Pant Pai N. Accuracy of rapid and point-of-care screening tests for hepatitis C: a systematic review and meta-analysis. Ann Intern Med 2012;157:558–66.
  • Amon JJ, Garfein RS, Ahdieh-Grant L, et al. Prevalence of hepatitis C virus infection among injection drug users in the United States, 1994–2004. Clin Infect Dis 2008;46:1852–8.
  • Hagan H, Pouget ER, Des Jarlais DC. A systematic review and meta-analysis of interventions to prevent hepatitis C virus infection in people who inject drugs. J Infect Dis 2011;204:74–83.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ