一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ワクチン由来のポリオウイルスに関する最新情報 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/03/21Vol. 63 / No. 11

MMWR63(11):242-248
Update on Vaccine-Derived Polioviruses — Worldwide, July 2012–December 2013

ワクチン由来のポリオウイルスに関する最新情報 ― 全世界、2012年7月~2013年12月

2012年7月~2013年12月に検出されたワクチン由来ポリオウイルス(VDPV)の調査を加えたVDPVに関する最新情報を報告する。ポリオウイルスの血清型は3種類(PV1、PV2、PV3)であり、1)野生型(WPV):ワクチンとの関連性なし、2)ワクチン関連ポリオウイルス(VRPV)、3)VDPVに分類される。常在性の循環VDPV(cVDPV)を認める国は2011年4月~2012年6月の1年間にて6カ国から7カ国に増え、コンゴ共和国、マダガスカル、モザンビークおよびイエメンの2型cVDPV (cVDPV2)によるアウトブレイクは中断したが、アフガニスタンおよびソマリアでは継続し、ナイジェリアでの発生は低下、チャド、中国、イエメンにて新たに発生している。また、cVDPVはチャドからカメルーン、ニジェール、ナイジェリアへ、パキスタンからアフガニスタンへ、ソマリアからケニアへと輸出し、イエメンでは3型cVDPV (cVDPV3)が、その他の国ではcVDPV2が検出されている。免疫不全症関連VDPV (iVDPV)感染は2008年1月~2009年6月に2例、2009年7月~2011年6月に9例、2011年4月~2012年6月に12例にて認められ、血清型は2型:64%、1型:21%、3型:15%の順であった。さらに不明瞭VDPV (aVDPV)は2012年6~2013年12月、13カ国にて認められ、エストニア、フィンランド、イスラエル、ワクチン接種率が90%を超える国の下水検体から検出されたウイルスから分岐した株が最も多かった。VDPVアウトブレイクの予防にはワクチンの接種が最も有効であり、WHOは3価OPV(tOPV)から2価OPV(1および3型)への変更、少なくとも1回の不活化ワクチンの接種を推奨している。

References

  • CDC. Progress toward eradication of polio—worldwide, January 2011–March 2013. MMWR 2013;62:335–8.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, April 2011–June 2012. MMWR 2012;61:741–6.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan (2013–2018). Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2013. Available at <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/resources/strategywork/endgamestratplan_20130414_eng.pdf>.
  • CDC. Tracking progress toward global polio eradication, 2010–2011. MMWR 2012;61:265–9.
  • Kilpatrick DR, Ching K, Iber J, et al. Identification of vaccine-derived polioviruses using dual-stage real-time RT-PCR. J Virol Meth 2014;197:25–8.
  • Gumede N, Lentsoane O, Burns CC, et al. Emergence of vaccine-derived polioviruses, Democratic Republic of Congo, 2004–2011. Emerg Infect Dis 2013;19:1583–9.
  • Burns C, Shaw J, Jorba J, et al. Multiple independent emergences of type 2 vaccine-derived polioviruses during a large outbreak in northern Nigeria. J Virol 2013;87:4907–22.
  • Li L, Ivanova O, Triki H, et al. Poliovirus excretion among persons with primary immune deficiency disorders: summary of a seven-country study series. J Infect Dis. In press 2014.
  • Al-Hello H, Jorba J, Blomqvist S, Raud R, Kew O, Roivainen M. Highly divergent types 2 and 3 vaccine-derived polioviruses isolated from sewage in Tallinn, Estonia. J Virol 2013;87:13076–80.
  • Oberste MS, Moore D, Anderson B, Pallansch MA, Pevear DC, Collett MS. In vitro antiviral activity of V-073 against polioviruses. Antimicrob Agents Chemother 2009;53:4501–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ