一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:入院患者における抗生物質使用の改善

MMWR抄訳

rss

2014/03/07Vol. 63 / No. 9

MMWR63(9):194-200
Vital Signs: Improving Antibiotic Use Among Hospitalized Patients

バイタルサイン:入院患者における抗生物質使用の改善

抗生物質は多くの入院患者を治療するために必要であるが、不適切な使用は、患者をクロストリジウムディフィシル感染症(CDI)や抗生物質耐性の感染症のような合併症のリスクにさらす可能性がある。入院患者への抗生物質処方の改善の可能性を調査するために、MarketScan Hospital Drug Database (MarketScan HDD)およびCDCのEmerging Infections Program(EIP)を分析した。また、National Healthcare Safety Network (NHSN) Antimicrobial Use Optionへ報告されたデータを分析し、主な抗生物質のグループおよびクラスまたは特異的薬剤について、使用率およびその変動について算出した。さらに、入院患者に対する抗生物質投与の減少がCDI発症にもたらす影響を、2つの病院のデータを用いてモデル化した。2010年のMarketScan HDDデータでは、323病院から退院した患者の55.7%で入院期間中に抗生物質の投与を受けていた。2011年のEIPデータでは、183病院の11,282人を評価した結果、4,189人(37.1%)が抗生物質を1回以上投与されていた。EIPデータの病院36カ所における尿路感染症(UTI)患者およびバンコマイシン静脈投与患者の296例による2つの処方シナリオでは、抗生物質の使用は患者の37.2%で改善する可能性がある(UTI:39.6%、バンコマイシン:35.7%)。2012年のNHSNデータでは、6種類の一般的な入院先において、抗生物質の使用は、重症患者管理室で病棟と比較して最も増加した(入院1000日あたりの治療日数:937日 vs 549日)。内科/外科病棟を統合した26の病棟間の抗生物質の使用率は3倍の差があり、薬剤ごとの内訳では、フルオロキノロン系薬剤:8倍、抗緑膿菌剤:6倍、広域抗生物質(CDIリスクが増加すると考えられている):3倍、バンコマイシン:3倍の差であった。全体のコホート研究では、抗生物質を未投与または投与された患者間のCDIのリスクは、それぞれ1000退院あたり6.8および24.9であった。共変量により調整した多変量モデルから、広域抗生物質を投与された患者が180日以内にCDIを形成する相対リスクは2.9であった。動的モデルでは、入院患者における広域抗生物質の使用の30%減少から予測される総合的な効果は、CDIの26%の減少であった。抗生物質の不適切な処方の減少により、抗生物質の使用および患者の安全を改善するための十分な可能性があることが示された。

References

  • Dellit TH, Owens RC, McGowan JE Jr, et al; Infectious Diseases Society of America; Society for Healthcare Epidemiology of America. Infectious Diseases Society of America and the Society for Healthcare Epidemiology of America guidelines for developing an institutional program to enhance antimicrobial stewardship. Clin Infect Dis 2007;44:159–77.
  • Hecker MT, Aron DC, Patel NP, Lehmann MK, Donskey CJ. Unnecessary use of antimicrobials in hospitalized patients: current patterns of misuse with an emphasis on the antianaerobic spectrum of activity. Arch Intern Med 2003;163:972–8.
  • CDC. Antibiotic resistance threats in the United States, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/drugresistance/threat-report-2013>.
  • Costelloe C, Metcalfe C, Lovering A, Mant D, Hay AD. Effect of antibiotic prescribing in primary care on antimicrobial resistance in individual patients: systematic review and meta-analysis. BMJ 2010;340:c2096.
  • Lin RY, Nuruzzaman F, Shah SN. Incidence and impact of adverse effects to antibiotics in hospitalized adults with pneumonia. J Hosp Med 2009;4:E7–15.
  • Davey P, Brown E, Charani E, et al. Interventions to improve antibiotic prescribing practices for hospital inpatients. Cochrane Database Syst Rev 2013;4:CD003543.
  • Gagne JJ, Glynn RJ, Avorn J, Levin R, Schneeweiss S. A combined comorbidity score predicted mortality in elderly patients better than existing scores. J Clin Epidemiol 2011;64:749–59.
  • Rubin MA, Jones M, Leecaster M, et al. A simulation-based assessment of strategies to control Clostridium difficile transmission and infection. PLoS One 2013;8(11):e80671.
  • CDC. Vital signs: preventing Clostridium difficile infections. MMWR 2012; 61:157–62.
  • Government Accounting Office. Antibiotic resistance: data gaps will remain despite HHS taking steps to improve monitoring. GAO-11-406. Washington, DC: Government Accounting Office; 2011. Available at <http://www.gao.gov/assets/320/319110.pdf>.
  • Weiss AJ, Elixhauser A. Characteristics of adverse drug events originating during the hospital stay, 2011. Healthcare Cost and Utilization Project Statistical Brief #164. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2013. Available at <http://www.hcup-us.ahrq.gov/reports/statbriefs/sb164.pdf>.
  • Hensgens MP, Goorhuis A, Dekkers OM, Kuijper EJ. Time interval of increased risk for Clostridium difficile infection after exposure to antibiotics. J Antimicrob Chemother 2012;67:742–8.
  • Slimings C, Riley TV. Antibiotics and hospital-acquired Clostridium difficile infection: update of systematic review and meta-analysis. J Antimicrob Chemother 2013; (Epub ahead of print).
  • CDC. Vital signs: Carbapenem-resistant Enterobacteriaceae. MMWR 2013; 62:165–70.
  • Ohl CA, Luther VP. Antimicrobial stewardship for inpatient facilities. J Hosp Med 2011;6:S4–15.
  • CDC. Core elements of hospital antibiotic stewardship programs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/getsmart/healthcare/implementation/core-elements.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ