一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)冷凍食品に関連したSalmonella Chest・・・

MMWR抄訳

rss

2013/12/06Vol. 62 / No. 48

MMWR62(48):979-982
Multistate Outbreak of Salmonella Chester Infections Associated with Frozen Meals — 18 States, 2010

冷凍食品に関連したSalmonella Chester感染の複数の州でのアウトブレイク ― 18州、2010年

2010年5月24日に、識別できないパルスフィールド電気泳動(PFGE)パターンを持つ17のヒトSalmonella enterica血清型Chesterの臨床分離菌のクラスターがPulseNetに報告された。このPFGEパターンは、これまでにないもので、CDCは、2010年5月24日~6月19日に発症し、Salmonella enterica血清型Chesterのアウトブレイク株(PFGEパターンJCPX01.0060)への感染が検査室で確認された例をアウトブレイク感染例と定義し、調査を実施した。その結果、18州において44例の症例を発見した。症例の年齢中央値は36歳(1歳未満~88歳)、性別が判明した39例中、女性は54%であった。情報を入手できた43例中16例(37%)が入院したが、死亡例はなかった。6月4~11日に症例に対し、約300種類の食品およびその他製品の摂取・接触等を面談調査した結果、感染11例のうち6例が発症前にブランドAの冷凍食品を摂取したと報告した。7州での症例対照研究(症例:11例、対照:22例)により、ブランドAの冷凍食品の消費が疾患と関連することが示された。チーズ味チキンおよび米はブランドAの冷凍食品で最も多く消費されており、11例中8例(73%)が消費を報告していた。症例対照研究の完了後にブランドAの冷凍食品の消費を面談により調査した結果、情報が収集された31例中25例(81%)が発症前の週にブランドAの冷凍食品を消費し、このうち21例がチーズ味チキンおよび米を摂取していた。さらに、調理方法の調査では、21例(84%)は電子レンジを使用したが、5例(20%)は従来式のオーブンを使用した。また、22例(88%)は摂取前に調理説明書に推奨されている時間の調理を行ったが、24例中6例(25%)は同じ方法(電子レンジまたはオーブン)を使用して同時に1種類以上の食品を調理した。2010年6月17日に、CDCは製造者(A社)にブランドAのチーズ味チキンおよび米の冷凍食品とSalmonella Chester感染アウトブレイクとの関連を通達した。同日、U.S. Department of Agriculture’s Food Safety and Inspection Service (USDA-FSIS)はリコール委員会を招集し、A社は自発的にブランドAのチーズ味チキンおよび米の冷凍食品を製造年月日にかかわらず回収した。その後の調査で、アウトブレイク株は、8つの未開封のサンプル(製造年月日:2009年7月14日~2010年3月12日)から分離された。2010年7月7日~8月9日に、USDA-FSISとFDA Center for Food Safety and Applied Nutrition and Office of Regulatory Affairs はA社製造現場の総合的な食品安全性調査を実施したが、食品安全性に関する問題は検出されなかった。A社による原因分析では、汚染された可能性のある材料として鶏肉が同定された。多くの冷凍食品は「調理済み」製品ではなく、むしろ、病原体の殺菌過程を経ていない原材料を含む可能性があるため十分な調理が必要な「加熱後摂取(not-ready-to-eat:NRTE)」製品である。NRTE製品ではSalmonella およびその他の病原体が生存することができるため、食べる前に十分に調理するべきであり、安全な取り扱いおよび調理のための指示を示す明確なラベルを取り付けるべきである。

References

  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. FSIS food recalls. Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service; 2013. Available at <http://www.fsis.usda.gov/wps/portal/fsis/topics/food-safety-education/get-answers/food-safety-fact-sheets/production-and-inspection/fsis-food-recalls/fsis-food-recalls.>
  • Smith K, Medus C, Meyer S, et al. Outbreaks of salmonellosis in Minnesota (1998 through 2006) associated with frozen, microwaveable, breaded, stuffed chicken products. J Food Prot 2008;71:2153–60.
  • CDC. Multistate outbreak of Salmonella infections associated with frozen pot pies—United States, 2007. MMWR 2008;57:1277–80.
  • Gessner BD, Beller M. Protective effect of conventional cooking versus use of microwave ovens in an outbreak of salmonellosis. Am J Epidemiol 1994;139:903–9.
  • Evans MR, Parry SM, Ribeiro CD. Salmonella outbreak from microwave cooked food. Epidemiol Infect 1995;115:227–30.
  • CDC. Multistate outbreak of Shiga toxin-producing Escherichia coli O121 infections linked to Farm Rich brand frozen food products. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/ecoli/2013/o121-03-13/index.html.>
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. FSIS notice 75-06: verification instructions for changes in label requirements for uncooked and raw, frozen, breaded, boneless poultry products. Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service;2006. Available at <http://www.aamp.com/news/documents/Notice75-06.pdf.>
  • International Food Information Council Foundation. 2010 food & health survey: consumer attitudes toward food safety, nutrition, & health. Washington, DC: International Food Information Council Foundation; 2010. Available at <http://www.foodinsight.org/content/3651/2010finalfullreport.pdf.>
  • Lando A, Carlton E, Verrill L. 2010 food safety survey microwave use questions. Presented at the 138th annual American Public Health Association meeting; Denver, CO: November 6–8, 2010.
  • Menke-Schaenzer J. Marie Callender’s Cheesy Chicken and Rice Salmonella Chester outbreak. Presented at the annual meeting of the International Association for Food Protection. Milwaukee, WI: July 31–August 3, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ