一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)成人のてんかんにおける同時罹患率 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2013/11/01Vol. 62 / No. 43

MMWR62(43):849-853
Comorbidity in Adults with Epilepsy — United States, 2010

成人のてんかんにおける同時罹患率 ― アメリカ、2010年

てんかんは脳発作を繰り返すスペクトラム障害であり、アメリカの成人患者は約230万人と推定されている。てんかんの合併症は治療を複雑にし、医療費を増加させ、患者の寿命を短くする。てんかん患者には精神医学的合併症(うつ、不安症など)が高頻度に認められているが、非精神医学的合併症を検討した研究はほとんどない。CDCは2010年National Health Interview Surveyデータより、18歳以上のてんかん患者における非精神医学的合併症の罹患率について分析した。非精神医学的合併症は心血管系疾患が多く、心臓病の年齢補正罹患率は18.3%(非てんかん患者:11.3%)であり、高血圧症は34.2%(同29.0%)、脳卒中は14.3%(同2.4%)であり、また、前糖尿病状態は7.1%(同4.3%)、肥満症は34.1%(同27.5%)の患者にて認められている。呼吸器疾患の罹患率は肺気腫5.5%(非てんかん患者:1.7%)、慢性気管支炎7.5% (同:4.1%)、喘息19.2%(同:12.6%)であった。また、てんかん患者では炎症性疾患を伴う症例が多く、皮膚炎、関節炎、関節痛、頸部痛、顔面痛および腰痛は非てんかん患者に比べ有意に多く認められ、重度の頭痛や偏頭痛も2倍以上の発症率を認めている。がん(11.3%、非てんかん患者:8.1%)、消化性潰瘍、肝障害もてんかん患者に多く、また、4疾患以上を合併する症例が多く認められた。以上、てんかん患者では非てんかん患者に比べて、心血管系疾患、呼吸器系疾患、炎症や他の非精神的疾患を合併する症例が多く、公衆衛生当局{こうしゅう えいせい とうきょく}や医療関係者はてんかん財団支部や他のコミュニティと協力して、成人てんかん患者が慢性疾患に対する自己管理プログラム、疾病予防や健康促進のための情報へ確実にアクセスできるようにしたほうがよいだろう。

References

  • CDC. Epilepsy in adults and access to care—United States, 2010. MMWR 2012;61;909–13.
  • Institute of Medicine. Epilepsy across the spectrum: promoting health and understanding. Washington, DC: The National Academy Press; 2012. Available at <http://www.iom.edu/epilepsy.>
  • CDC. Epilepsy surveillance among adults—19 states, Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2005. MMWR 2008;57(No. SS-6).
  • Sander JW. Comorbidity and premature mortality in epilepsy. Lancet 2013; [Epub ahead of print].
  • Institute of Medicine. Living well with chronic illness: a call for public health action. Washington, DC: The National Academies Press; 2012. Available at http://www.nap.edu/openbook.php?record_id=13272.
  • Ottman R, Lipton RB, Ettinger AB, et al. Comorbidities of epilepsy: results from the Epilepsy Comorbidities and Health (EPIC) survey. Epilepsia 2011;52:308–15.
  • Tellez-Zenteno JF, Patten SB, Jetté N, Williams J, Wiebe S. Psychiatric comorbidity in epilepsy: a population-based analysis. Epilepsia 2007;48:2336–44.
  • Schuit AJ, van Loon AJ, Tijhuis M, Ocké MC. Clustering of lifestyle risk factors in a general adult population. Prev Med 2002;35:219–24.
  • Parekh AK, Goodman RA, Gordon C, Koh HK, HHS Interagency Workgroup on Multiple Chronic Conditions. Managing multiple chronic conditions: a strategic framework for improving health outcomes and quality of life. Pub Health Reports 2011;126:460–71.
  • National Institute of Neurological Disorders and Stroke. 2007 epilepsy research benchmarks. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health; 2013. Available at <http://www.ninds.nih.gov/research/epilepsyweb/2007_benchmarks.htm.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ