一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)難民におけるE型肝炎アウトブレイクの調査 -上ナイ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/07/26Vol. 62 / No. 29

MMWR62(29):581-586
Investigation of Hepatitis E Outbreak Among Refugees — Upper Nile, South Sudan, 2012-2013

難民におけるE型肝炎アウトブレイクの調査 -上ナイル州、南スーダン、2012~2013年

E型肝炎ウイルス(HEV)による流行性肝炎は全世界で見られ、致死率(CFR)は0.2~4%とされるが、妊婦におけるCFRは10~25%にも達する。潜伏期間は2~8週で、糞口経路で伝播する。2012年7月、南スーダン上ナイル州マバン郡のキャンプに収容されたスーダン難民は11万人に達していたが、大量の降雨と洪水の発生により別のキャンプへの移動を余儀なくされた。同月、ジャマムキャンプに設置された国境なき医師団(MSF)の医療施設において、急性黄疸症候群(AJS)集団発生の初報告があった。南スーダン保健省および国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、CDC、人道援助団体による調査が開始され、8月に原因はHEV感染と確定された。2013年1月27日までに報告されたAJSは4難民キャンプで計5,080例(ユサフバティル: 3,291例、ジャマム: 1,261例、ジェンドラッサ: 474例、ドロ: 54例)に上った。患者数は2012年8月のピーク後、衛生環境が改善されたにも関わらず2013年1月初週に急激に増加しており、原因として未だ不十分な水、衛生設備や衛生的介入、長い潜伏期間による発生の遅延、ヒト-ヒト伝播を含む感染様式の変化が考えられた。患者の年齢中央値は25歳で、52.5%が女性であった。妊婦ではAJS 211例のうち22例が死亡(CFR=10.4%)、AJSによる妊婦の致死リスクは18~59歳の非妊娠女性の4.8倍と推計された。情報が限られるドロを除く3キャンプにおける感染率は7.4%で、計576例(11.3%)が入院、101例が死亡した(入院患者CFR=17.5%)。死亡例の51.5%が女性で、年齢中央値は29歳であった。MSFは対症療法として個別の症状管理に加え、外来患者にはビタミン剤、補助的栄養食、石けんの配布と衛生教育の実施、黄疸発症妊婦は入院管理とした。南スーダン保健省、UNHCRおよび人道援助団体は消毒した水の供給、トイレや手洗い場の設置、石けんや水の保管容器の配布および衛生に関する啓蒙活動を行っている。ジャマムキャンプにおいて2012年11月に実施された血清学的調査では、キャンプ人口の54.3%が抗HEV抗体を保有しておらず、流行の継続が懸念されている。現行の対策に加え、開発中のHEVワクチンの緊急時使用も将来的に検討が必要であろう。

References

  • Zhu FC, Zhang J, Zhang XF, et al. Efficacy and safety of a recombinant hepatitis E vaccine in healthy adults: a large-scale, randomised, double-blind, placebo controlled, phase 3 trial. Lancet 2010;376:895–902.
  • World Health Organization. Outbreak surveillance and response in humanitarian emergencies: WHO guidelines for EWARN implementation. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2012/who_hse_gar_dce_2012_1_eng.pdf.>
  • Kamar N, Bendall R, Legrand-Abravanel F, et al. Hepatitis E. Lancet 2012;379:2477–88.
  • United Nations Population Fund, United Nations High Commissioner for Refugees, World Health Organization. Estimating number of pregnant women in the population if total population is 100,000 [Chapter 9, Annex 5]. In: Reproductive health in refugee situations: an inter-agency field manual. Geneva, Switzerland: United Nations High Commissioner for Refugees; 1999.
  • Rein DB, Stevens GA, Theaker J, Wittenborn JS, Wiersma ST. The global burden of hepatitis E virus genotypes 1 and 2 in 2005. Hepatology 2012;55:988–97.
  • Khurro MS. Discovery of hepatitis E: the epidemic non-A, non-B hepatitis 30 years down the memory lane. Virus Res 2011;161:3–14.
  • Isaacson M, Frean J, He J, Seriwatana J, Innis BL. An outbreak of hepatitis E in northern Namibia, 1983. Am J Trop Med Hyg 2000;62:619–25.
  • Teshale EH, Howard CM, Grytdal SP, et al. Hepatitis E epidemic, Uganda. Emerg Infect Dis 2010;16:126–9.
  • Teshale EH, Grytdal SP, Howard C, et al. Evidence of person-to-person transmission of hepatitis E virus during a large outbreak in Northern Uganda. Clin Infect Dis 2010;50:1006–10.
  • Wu T, Zhu FC, Huang SJ, et al. Safety of the hepatitis E vaccine for pregnant women: a preliminary analysis. Hepatology 2012;55:2038.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ