一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)男性同性間性的接触者におけるHIVおよび梅毒感染-・・・

MMWR抄訳

rss

2013/06/28Vol. 62 / No. 25

MMWR62(25):518-520
HIV and Syphilis Infection Among Men Who Have Sex with Men — Bangkok, Thailand, 2005–2011

男性同性間性的接触者におけるHIVおよび梅毒感染-バンコク、タイ、2005~2011年

タイの異性愛者におけるHIV感染流行は1990年代後半までにコントロールに成功したにもかかわらず、男性同性間性的接触者(MSM)など他のリスクグループにおける感染は拡大している。タイ国保健省およびCDC、タイ赤十字エイズリサーチセンターは、Silom Community Clinic(SCC)における2005~2011年のMSM患者データを解析した。SCCはMSMを対象とするHIVおよび性感染症検査センターで、この期間中に4,762名による累計15,219回の来院があった。60.9%が30歳未満で、タイ人90.8%、非アジア系人種7.2%、タイ人以外のアジア系人種2.0%、ほとんど(91.8%)がバンコク首都圏居住者であった。SCC初診時における有病率はHIV:28.3%、梅毒:9.8%で、抗体陰性者の再診時における新規感染率(100名/年あたり)はHIV:6.3、梅毒:3.6であった。2009年7月以降実施された核酸増幅検査で、HIV抗体陰性2,736検体のうち15検体(0.55%)が急性HIV感染陽性となった。初診時HIV有病率は30歳以上(29.5%)が21歳以下(22.8%)に対し有意に高かったが、新規感染率は30歳以上(3.2)に対し21歳以下(12.2)と若年層で有意に高率であった。2005年から2011年にかけて、HIV有病率は24.6%から29.4%、梅毒は5.0%から12.5%と有意に上昇し、また新規感染率も2005~2006年から2011年にかけてHIV:2.8から7.9、梅毒:0.0から7.1へと有意に上昇した。以上の結果はバンコクのMSMにおけるHIVおよび梅毒感染が進行中であることを示しており、伝播予防のためにさらなる対策の必要性を示唆している。

References

  • Kilmarx PH, Supawitkul S, Wankrairoj M, et al. Explosive spread and effective control of human immunodeficiency virus in northernmost Thailand: the epidemic in Chiang Rai Province, 1988–99. AIDS 2000;14:2731–40.
  • Van Griensven F, Varangrat A, Wimonsate W, et al. Trends in HIV prevalence, estimated HIV incidence, and risk behavior among men who have sex with men in Bangkok, Thailand, 2003–2007. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;53:234–9.
  • Phanuphak N, Pattanachaiwit S, Pankam T, et al. Active voluntary counseling and testing with integrated CD4 count service can enhance early HIV testing and early CD4 count measurement: experiences from the Thai Red Cross anonymous clinic in Bangkok, Thailand. J Acquir Immune Defic Syndr 2011;56:244–52.
  • Ananworanich J, Phanuphak N, Souza M, et al. Incidence and characterization of acute HIV-1 infection in a high-risk Thai population. AIDS 2008;49:151–5.
  • Sungkanuparph S, Techasathit W, Utaipiboon C, et al. Thai national guidelines for antiretroviral therapy in HIV-1 infected adults and adolescents 2010. Asian Biomed 2010;4:515–28.
  • Sullivan PS, Hamouda O, Delpech V, et al. Reemergence of the HIV epidemic among men who have sex with men in North America, Western Europe, and Australia, 1996–2005. Ann Epidemiol 2009;19:423–31.
  • Dombrowski JC, Harrington RD, Golden MR. Evidence for the long-term stability of HIV transmission–associated sexual behavior after HIV diagnosis. Sex Transm Dis 2013;40:41–5.
  • Grant R, Lama JR, Anderson RA, et al. Pre-exposure chemoprophylaxis for HIV prevention in men who have sex with men. N Engl J Med 2010;363:2587–99.
  • Cohen M, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ