一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)35~64歳の成人における自殺 -アメリカ、199・・・

MMWR抄訳

rss

2013/05/03Vol. 62 / No. 17

MMWR62(17): 321-325
Suicide Among Adults Aged 35-64 Years - United States, 1999-2010

35~64歳の成人における自殺 -アメリカ、1999~2010年

CDCによるNational Vital Statistics System(NVSS)データの分析によると、1999~2010年、アメリカにおける自殺者数(年齢補正)は10~34歳および65歳以上では大きな変動はなく、それぞれ7.0%増[ (10万人あたり(以下、同)9.2から9.9 ]、5.9%減(同15.8から14.9)であった。しかし35~64歳においては28.4%(同13.7から17.6)と有意に増加、男性ではとくに50~54歳(49.4%、同20.6から30.7)および55~59歳(47.8%、同20.3から30.0)、女性では60~64歳(59.7%、同4.4から7.0)にて大きく増加していた。人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民[65.2%、同11.2から18.5、(男性:59.5%、同17.0から27.2、女性:81.4%、同5.7から10.3)]および白人[40.4%、同15.9から22.3、(男性:39.6%、同24.5から34.2、女性:41.9%、同7.4から10.5)]での増加が顕著であった。地域別では国内4地域いずれにおいても有意に増加、2010年は西部(同19.5)にて最も高く、州別では39州にて有意に増加していた。自殺の方法は男性では銃および縊頸による自殺が多く(2010年それぞれ同14.3、6.8)、女性では服毒および縊頸が多かった(2010年それぞれ同3.4、2.5)。また、縊頸による自殺の増加は81.3%(同2.3から4.1)と最も大きく(男性:75.0%、女性:115.0%)、服毒24.4%(同3.0から3.8)、銃14.4%(同7.2から8.3)の順であった。以上、中年層の自殺の増加を抑止する対策の必要性が示唆される。

References

  • Rockett IR, Regier MD, Kapusta ND, et al. Leading causes of unintentional and intentional injury mortality: United States, 2000- 2009. Am J Public Health 2012;102:e84-92.
  • Baker SP, Hu G, Wilcox HC, Baker TD. Increase in suicide by hanging/suffocation in the U.S., 2000-2010. Am J Prev Med 2013;44:146-9.
  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html.>
  • Hu G, Wilcox HC, Wissow L, Baker SP. Mid-life suicide: an increasing problem in U.S. whites, 1999-2005. Am J Prev Med 2008;35:589-93.
  • National Cancer Institute. Joinpoint regression program, 3.5.4 ed. Bethesda, MD: Statistical Research and Applications Branch, National Cancer Institute; 2012.
  • Reeves A, Stuckler D, McKee M, Gunnell D, Chang S, Basu S. Increase in state suicide rates in the USA during economic recession. Lancet 2012;380:1813-4.
  • Luo F, Florence C, Quispe-Agnoli M, Ouyang L, Crosby AE. Impact of business cycles on US suicide rates, 1928-2007. Am J Pub Health 2011;101:1139-46.
  • Phillips JA, Robin AV, Nugent CN, Idler EL. Understanding recent changes in suicide rates among the middle-aged: period or cohort effects? Public Health Rep 2010;125:680-8.
  • Breiding MJ, Wiersema B. Variability of undetermined manner of death classification in the US. Inj Prev 2006;12(Suppl 2):ii49-ii54.
  • US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General and the National Action Alliance for Suicide Prevention. National strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2012. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/national-strategy-suicide-prevention/full_report-rev.pdf. >

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ