一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)合成カンナビノイドの使用による急性腎障害-多州、2・・・

MMWR抄訳

rss

2013/02/15Vol. 62 / No. 06

MMWR62(6):93-98
Acute Kidney Injury Associated with Synthetic Cannabinoid Use - Multiple States, 2012

合成カンナビノイドの使用による急性腎障害-多州、2012年

2012年3月、ワイオミング州にて合成カンナビノイド(SC)を使用した3例(19、15、21歳、全例男性)が原因不明の急性腎障害(AKI)により入院したことが報告された。いずれの症例も発症前にSCを吸い、重度の悪心、嘔吐、側腹痛または腹痛を来し、2月26~29日の間に救急外来を受診、血清クレアチニン値の上昇(5.2、6.8、6.3mg/dL)から AKIと診断され、さらに3月24日、4番目の症例(18歳男性、ワイオミング州)もブルベリーまたは風船ガム風味のSCを吸った後にAKIを発症した。その後の調査により12例(オレゴン州:6、ニューヨーク州/オクラホマ州:各2、ロードアイランド州/カンザス州:各1)がSCによるAKIと診断され、症例数は6州にて計16例(男15女1、15~33歳)となった。症状は悪心/嘔吐(15例)、腹痛/側腹痛/背痛(12例)が多く、血清クレアチニン値は発症から1~6(中央値:3)日後にピーク値[3.3~21.0(中央値:6.7)mg/dL]に達していた。尿検査(対象:15例)では蛋白尿(8例)、尿円柱(5例)、白血球(9例)、赤血球(8例)を認め、超音波検査(12例)では9例にて非特異的腎臓皮質エコー源性を認めた。また、腎生検(8例)では6例にて急性尿細管傷害、3例にて急性間質性腎炎を認めた。ほとんどの症例で腎機能はクレアチニン値のピークより3日以内に回復したが、16例中5例が透析を要し、4例に対しコルチコステロイドを投与、死亡例は認めなかった。7例を対象とした原因となったSC製品および臨床検体の分析では、今までに報告されていない [1-(5-fluoropentyl)-1H-indol-3-yl)(2,2,3,3-tetramethylcyclopropyl) methanone:XLR-11]を4製品検体および4臨床検体より検出した。SC製品の使用は腎臓または他の異常な毒性を示すことから、原因不明のAKIを呈する症例ではSCの使用を確認すべきと考える。

References

  • Fattore L, Fratta W. Beyond THC: the new generation of cannabinoid designer drugs. Front Behav Neurosci 2011;5:60.
  • Cohen J, Morrison S, Greenberg J, Saidinejad M. Clinical presentation of intoxication due to synthetic cannabinoids. Pediatrics 2012;129:e1064-7.
  • Lapoint J, James LP, Moran CL, Nelson LS, Hoffman RS, Moran JH. Severe toxicity following synthetic cannabinoid ingestion. Clin Toxicol (Phila) 2011;49:760-4.
  • Shanks KG, Dahn T, Terrell AR. Detection of JWH-018 and JWH-073 by UPLC-MS-MS in postmortem whole blood casework. J Anal Toxicol 2012;36:145-52.
  • Bebarta VS, Ramirez S, Varney SM. Spice: a new “legal” herbal mixture abused by young active duty military personnel. Subst Abus 2012;33:191-4.
  • Drug Enforcement Administration. Schedules of controlled substances: temporary placement of five synthetic cannabinoids into schedule I. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2011. Available at http://www.deadiversion.usdoj.gov/fed_regs/rules/2011/fr0301.htm.
  • National Conference of State Legislatures. Synthetic cannabinoids (a.k.a. “K2”/“Spice”) enactments. Washington, DC: National Conference of State Legislatures; 2012. Available at http://www.ncsl.org/issues-research/justice/synthetic-cannabinoids-enactments.aspx.
  • Forrester MB, Kleinschmidt K, Schwarz E, Young A. Synthetic cannabinoids and marijuana exposures reported to poison centers. Hum Exp Toxicol 2012;31:1006-11.
  • Hoyte CO, Jacob J, Monte AA, Al-Jumaan M, Bronstein AC, Heard K. A characterization of synthetic cannabinoids exposures reported to the National Poison Data System in 2010. Ann Emerg Med 2012;60:435-8.
  • Coca SG, Singanamala S, Parikh CR. Chronic kidney disease after kidney injury: a systemic review and meta-analysis. Kid Int 2012;81:442-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ