一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)静注Opana ERの乱用による血栓性血小板減少性・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/11Vol. 62 / No. 01

MMWR62(1):1-4
Thrombotic Thrombocytopenic Purpura (TTP)-Like Illness Associated with Intravenous Opana ER Abuse - Tennessee, 2012

静注Opana ERの乱用による血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)様疾患-テネシー州、2012年

2012年8月13日、腎臓科医からTennessee Department of Health(TDH)に原因不明の血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)3例の報告があった。TTPの年間発症率は10万人に1例ほどであり、発症の危険因子として志賀毒素産生大腸菌(STEC)感染、薬物(血小板凝集抑制薬、キニーネ、コカインなど)の使用などが知られている。報告された3例はテネシー州北東部地方の郡に住む静注ドラッグの使用者であり、その後、TDHの調査により微小血管症性溶血性貧血と血小板減少症(血小板数<=50,000/μL)を示すTTP様疾患例が2012年10月末までに州内で計15例[男性2女性13、全例白人、年齢中央値34(22-49)歳]確認され、7例は同じ北東部地方の郡、5例はその周辺の郡、3例は州中部の郡の住民であった。臨床症状は悪心(11例)、腹痛(11例)、疲労感(10例)、発熱(6例)などが多く、7例に敗血症治療、12例に血漿分離交換法が行われた。感染症を併発しない症例(8例)、併発する症例(7例)における血小板数中央値はそれぞれ20,000(9,000-40,000)、26,000(9,000-49,000)/μLであり、ADAMST13(von Willebrand因子切断酵素)活性中央値はそれぞれ90(84-131)、64(42-100)%であった。また、12例がC型肝炎または抗HCV抗体陽性を示し、HIV陽性例は認めなかった。TTP様疾患を発症していない注射ドラッグ乱用者を対照としてTDHが行った症例対照研究[対照群:28例、年齢中央値31(19-52)歳、男15女13、全例白人]では対照群:8例、症例群:14例が最近Opana ERを注射していた[オッズ比=35.0、95%CI=3.9-312.1]。TDHはCDCのEpidemic Information Exchange(Epi-X)を通じ、2012年8月23日に警告を提出、FDAはOpana ERとTTP様疾患との関連性について10月11日に声明を発表し、CDCは10月26日にHealth Advisoryを発表した。

References

  • George JN, Vesely SK, Terrel DR. The Oklahoma Thrombotic Thrombocytopenic Purpura-Hemolytic Uremic Syndrome (TTP-HUS) Registry: a community perspective of patients with clinically diagnosed TTP-HUS. Semin Hematol 2004;41:60-7.
  • George JN. Clinical practice. Thrombotic thrombocytopenic purpura. N Engl J Med 2006;354:1927-35.
  • George JN, Terrell DR, Vesely SK, Kremer Hovinga JA, Lämmle B. Thrombotic microangiopathic syndromes associated with drugs, HIV infection, hematopoietic stem cell transplantation, and cancer. Presse Med 2012;41:e177-88.
  • Zakarija A, Kwaan HC, Moake JL, et al. Ticlopidine- and clopidogrelassociated thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP): review of clinical, laboratory, epidemiological, and pharmacovigilance findings (1989-2008). Kidney Int Suppl 2009;75:S20-4.
  • Ono T, Mimuro J, Madoiwa S, et al. Severe secondary deficiency of von illebrand factor-cleaving protease (ADAMTS13) in patients with sepsisinduced disseminated intravascular coagulation: its correlation with development of renal failure. Blood 2006;107:528-34.
  • Yagita M, Uemura M, Nakamura T, Kunitomi A, Matsumoto M, Fujimura Y. Development of ADAMTS13 inhibitor in a patient with hepatitis C virus-related liver cirrhosis causes thrombotic thrombocytopenia purpura. J Hepatology 2005;42:420-1.
  • Drug Enforcement Administration. Oxymorphone. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2011. Available at http://www.deadiversion.usdoj.gov/drugs_concern/oxymorphone.pdf.
  • CDC. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relievers-United States, 1999-2008. MMWR 2011;60:1487-92.
  • Karpova GV, Abramova EV, Lamzina Tiu, Timina EA, Vetoshkina TV. Myelotoxicity of high-molecular-weight poly(ethylene oxide) [Russian]. Eksp Klin Farmakol 2004;67:61-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ