一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)急性髄膜炎および脳炎症候群サーベイランス確立のため・・・

MMWR抄訳

rss

2012/12/14Vol. 61 / No. 49

MMWR61(49):1008-1011
Expanding Poliomyelitis and Measles Surveillance Networks to Establish Surveillance for Acute Meningitis and Encephalitis Syndromes - Bangladesh, China, and India, 2006-2008

急性髄膜炎および脳炎症候群サーベイランス確立のためのポリオおよび麻疹サーベイランスシステムネットワークの拡大-バングラデシュ、中国およびインド、2006~2008年

ワクチンの接種により予防可能な疾患(VPD)に関し、WHOのGlobal Framework for Immunization Monitoring and Surveillance (GFIMS)は、既存するVPDサーベイランスシステムを他のシステムとリンクさせ、拡充を図っている。ここでは2006~2008年におけるバングラデシュ、中国およびインドに現存するポリオおよび麻疹サーベイランスネットワーク拡大の試みについて報告する。バングラデシュおよび中国では急性髄膜炎/脳炎症候群 (AMES)、インドでは急性脳炎症候群 (AES)サーベイランスが導入され、それぞれ3、24、4ヵ所の定点病院にて症例の同定、報告、調査および検体回収(血液、CSF)が行われ、各国の保健省に毎月報告されている。ワクチン接種にて予防可能な脳炎には日本脳炎(JE、約68,000例、うち13,000~20,000例/年が死亡)および細菌性髄膜炎[肺炎球菌、髄膜炎菌およびヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)]があり、JEの診断に必要な検査方法、スタッフ、設備は麻疹の検査と同様であるため、世界的ポリオ/麻疹ネットワークの研究室および検査スタッフにより検査が行われた。実際に検査を行う施設、検査技師、検査手順および操作方法は各国で異なるが、AMES/AES患者はこの期間にて4,197例[バングラデシュ(632例)、中国(2,815例)、インド(750例)]報告され、90%以上の症例の検体がAMES/AES研究室ネットワークにて検査された。AMES/AES研究室によるポリオ/麻疹ネットワークへのJE検査の統合は各国にて導入されたが、細菌性髄膜炎に関しては研究室での検査の質を標準化するなど課題が多く、今後の検討が待たれる。

References

  • World Health Organization. Global Framework for Immunization Monitoring and Surveillance. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at http://whqlibdoc.who.int/hq/2007/ who_ivb_07.06_eng.pdf. Accessed December 5, 2012.
  • World Health Assembly. Global eradication of poliomyelitis by the year 2000. Resolution WHA41.28. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1988. Available at http://www.who.int/ihr/ polioresolution4128en.pdf. Accessed December 12, 2012.
  • Campbell GL, Hills SL, Fischer M, et al. Estimated global incidence of Japanese encephalitis: a systematic review. Bull World Health Organ 2011;89:766-74.
  • Gurley ES, Hossain MJ, Montgomery SP, et al. Etiologies of bacterial meningitis in Bangladesh: results from a hospital-based study. Am J Trop Med Hyg 2009;81:475-83.
  • Shao Z, Li W, Ren J, et al. Identification of a new Neisseria meningitidis serogroup C clone from Anhui province, China. Lancet 2006;367:419-23.
  • Minz S, Balraj V, Lalitha MK, et al. Incidence of Haemophilus influenzae type b meningitis in India. Indian J Med Res 2008;128:57-64.
  • World Health Organization. Polio laboratory network. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at http://www. who.int/immunization_monitoring/laboratory_polio/en/index.html. Accessed December 5, 2012.
  • World Health Organization. Measles and rubella laboratory network. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at http://www.who.int/immunization_monitoring/laboratory_measles/en. Accessed December 5, 2012.
  • World Health Organization. Global invasive bacterial vaccine preventable diseases (IB-VPD) information and surveillance bulletin, January-June 2011. Vol 5. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at http://www.who.int/nuvi/surveillance/IB_VPD_bulletin_ Jan_June_2011_Final.pdf. Accessed December 5, 2012.
  • Dabbagh A, Eggers R, Cochi S, Dietz V, Strebel P, Cherian T. A new global framework for immunization monitoring and surveillance. Bull World Health Organ 2007;85:904-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ