一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)フムスとタヒニに関連したSalmonella血清型・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/23Vol. 61 / No. 46

MMWR61(46):944-947
Multistate Outbreak of Salmonella Serotype Bovismorbificans Infections Associated with Hummus and Tahini - United States, 2011

フムスとタヒニに関連したSalmonella血清型Bovismorbificans感染症の多州におけるアウトブレイク-アメリカ、2011年

2011年9月27日、ワシントンDCのPublic Health Laboratory(PHL)はPFGEパターンが同様のSalmonella enterica血清型Bovismorbificans臨床分離菌3株を同定した。アメリカにおいてヒトにおけるS. Bovismorbificans感染症はまれである。PulseNet(食品媒介疾患サーベイランスのための全国分子サブタイピングネットワーク)での問いかけにより、さらに3州(メリーランド州、ミシガン州、バージニア州)で過去60日以内に発症した同様のPFGEパターンを有するS. Bovismorbificans感染症6例を同定した。9例全てが発症前2週以内にワシントンDCあるいはバージニア州北部のレストランで食事をしていた。CDCとFood and Drug Administration(FDA)、州および地域の保健局はこのS. Bovismorbificans感染症のアウトブレイクについてさらに調査を行い、7州とワシントンDCにおいて2011年8月19日~11月21日に発症したアウトブレイク株とPFGEパターンが同様のS. Bovismorbificans感染症を全体で23例(男性10例、女性13例、20~87歳)同定した。患者の多くはアメリカの中部大西洋地域で同定され(ワシントンDC8例、メリーランド州7例、バージニア州3例)、その他カリフォルニア州、デラウェア州、ミシガン州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州で各1例同定された。この報告は、ワシントンDCのDepartment of Health(DOH)による調査結果をまとめたものである。FDAによるトレースバックの結果、2012年5月30日にワシントンDCの地中海スタイルのレストランで調理されたフムスに使用されたタヒニ(ゴマペースト)がSalmonella感染症の感染源であることが示唆された。DOHはさらなる感染症の発症を防ぐため、感染に関連したレストランにおけるフムスの販売を制限し、フムスの材料を他の料理に使用することを禁止した。公衆衛生局と消費者は、輸入タヒニがSalmonellaのアウトブレイクに関連しアメリカにおける食品媒介疾患の原因になる可能性があることを認識する必要がある。また食材によるアウトブレイク発生時、PulseNetは地理的に分散した患者の関連づけや患者に共通した特定の曝露に関する情報の収集、クラスタの同定に有用である。

References

  • CDC. National Foodborne Disease Outbreak Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at http://wwwn.cdc.gov/foodborneoutbreaks/default.aspx. Accessed May 3, 2012.
  • CDC. National Salmonella surveillance annual summary 2009. Table 3. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, 2009. Available at http://www.cdc.gov/ncezid/dfwed/pdfs/ salmonellaannualsummarytables2009.pdf. Accessed May 3, 2012.
  • Rimhanen-Finn R, Niskanen T, Lienemann T, et al. A nationwide outbreak of Salmonella Bovismorbificans associated with sprouted alfalfa seeds in Finland, 2009. Zoonoses Public Health 2011;58:589-96.
  • Gilsdorf A, Jansen A, Alpers K, et al. A nationwide outbreak of Salmonella Bovismorbificans PT24, Germany, December 2004-March 2005. Euro Surveill 2005;10:pii=2667.
  • Stafford RJ, McCall BJ, Neill AS, et al. A statewide outbreak of Salmonella Bovismorbificans phage type 32 infection in Queensland. Commun Dis Intell 2002;26:568-73.
  • Food and Drug Administration. Premier Organics issues nationwide recall for Artisana raw tahini because of possible health risk. September 4, 2009. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2009. Available at http://www.fda.gov/safety/ recalls/ucm181619.htm. Accessed May 3, 2012.
  • Food and Drug Administration. nSpired Natural Foods issues nationwide recall of Maranatha sesame tahini because of possible health risk. May 25, 2007. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2007. Available at http://www. fda.gov/Safety/Recalls/ArchiveRecalls/2007/ucm112209.htm. Accessed May 3, 2012.
  • Canadian Food Inspection Agency. Health hazard alert: certain Alkanater brand tahina may contain Salmonella bacteria. Ottawa, Ontario, Canada: Canadian Food Inspection Agency; 2011. Available at http://www. inspection.gc.ca/english/corpaffr/recarapp/2011/20110923e.shtml. Accessed November 15, 2012.
  • News Desk. Salmonella concern prompts tahini recall in Canada. Food Safety News. February 2, 2012. Available at http://www.foodsafetynews.com/ 2012/02/tahini-recalled-in-canada-for-salmonella. Accessed May 3, 2012

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ