一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ポリオ撲滅に向けた進歩-チャド、2011年1月~2・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/26Vol. 61 / No. 42

MMWR61(42):858-862
Progress Toward Poliomyelitis Eradication - Chad, January 2011-August 2012 

ポリオ撲滅に向けた進歩-チャド、2011年1月~2012年8月

2012年1月までにアフガニスタン、パキスタン、ナイジェリア以外の全ての国々で在来野生型ポリオウイルス(WPV)の伝播は遮断されている。しかし2003~2011年にはWPVの輸入により以前ポリオフリーであったアフリカの29ヶ国でアウトブレイクが発生し、チャドを含む4ヶ国で再伝播(WPV輸入後、12ヶ月以上伝播持続)が確定した。チャドではWPV3型が2007年、WPV1型が2010年9月にナイジェリアから輸入され、その後も伝播が続いており、最近では2011年3月10日にWPV3型、2012年6月14日にWPV1型の感染者が発生した。この報告は、チャドにおける2011年1月~2012年8月のポリオ撲滅活動とその進捗状況を述べる。チャドにおいて、2011年の定期予防接種での経口ポリオワクチン(OPV)の3回接種率は31%であった。2011年1月~2012年8月には生後0~59ヶ月の小児を対象とし各種OPV製剤を用いた戸別訪問による補足的予防接種活動(SIA)を実施し、全国予防接種日を11回、準全国予防接種日を9回行った。2011年の非ポリオ急性弛緩性麻痺(AFP)の検出率(15歳未満の10万人あたり)は5.7例(適切性基準=2例)、AFP患者における適切な便検体の採取率は81%(適切性基準80%)であった。WPV感染者数は2010年の26例(WPV1型11例、WPV3型15例)から2011年には132例(WPV1型129例、WPV3型3例)に増加した。しかし2012年1月~8月のWPV感染者数は5例のみ(全てWPV1型)であり、2011年の同時期(WPV1型感染者111例、WPV3型感染者3例)に比べて減少した。また2012年7月~8月に循環性2型ワクチン由来ポリオウイルス(cVDPV2)感染症が5例発生した。現在のポリオ撲滅に向けた進捗状況からみて、チャドは2012年中にWPVの再伝播を遮断できる可能性がある。しかし低い定期予防接種率とナイジェリアにおけるWPVの風土病的伝播の持続により、チャドは依然として新たなWPV輸入とアウトブレイクのリスクがある。チャドにおけるWPV再伝播の確実な遮断、WPV輸入後の循環制限、cVDPVの伝播遮断のためには、サーベイランスや予防接種を強化する取り組みが必要と思われる。

References

  • CDC. Progress toward interruption of wild poliovirus transmission- worldwide, January 2011-March 2012. MMWR 2012;61:353-7.
  • CDC. Progress toward global polio eradication-Africa, 2011. MMWR 2012;61;190-4.
  • CDC. Progress toward interrupting wild poliovirus circulation in countries with reestablished transmission-Africa, 2009-2010. MMWR 2011;60:306-11.
  • World Health Organization/UNICEF. WHO/UNICEF estimates of Pol3 coverage, 2011. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/ timeseries/tswucoveragepol3.htm>. Accessed October 19, 2012.
  • CDC. Tracking progress towards global polio eradication, 2010-2011. MMWR 2012;61:265-9.
  • Global Polio Eradication Initiative/World Health Organization. Global Polio Eradication Initiative emergency action plan 2012-2013. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www. polioeradication.org/resourcelibrary/strategyandwork/emergencyactionplan. Aspx>. Accessed October 19, 2012.
  • Sutter RW, John TJ, Jain H, et al. Immunogenicity of bivalent types 1 and 3 oral poliovirus vaccine: a randomised, double-blind, controlled trial. Lancet 2010;376:1682-8.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses-worldwide, April 2011-June 2012. MMWR 2012;61:741-6.
  • Global Polio Eradication Initiative. Every missed child: report of the Independent Monitoring Board of the Global Polio Eradication Initiative. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/ aboutus/governance/imb/6imbmeeting/imb6_report.pdf>. Accessed October 19, 2012.
  • Sixty-Fifth World Health Assembly. Poliomyelitis: intensification of the global eradication initiative. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_ files/wha65/a65_20-en.pdf>. Accessed October 19, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ