一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)Medicaidに登録された生後19~23ヶ月の小・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/12Vol. 61 / No. 40

MMWR61(40):811-815
Evaluation of Vaccination Recall Letter System for Medicaid-Enrolled Children Aged 19-23 Months - Montana, 2011

Medicaidに登録された生後19~23ヶ月の小児のための予防接種リコールレターシステムの評価-モンタナ、2011年

モンタナ州は、2009年の生後19~35ヶ月の小児における推奨予防接種シリーズの接種率がアメリカ全州の中の下位10州に入っている。モンタナ州の小児の予防接種率を高めるために州が独自に考案したリコールレターシステムの実用可能性を検討するため、Montana Department of Public Health and Humans Services(DPHHS)はMontana Medicaidに登録された生後19~23ヶ月の小児を対象にパイロット研究を行った。試験対象ワクチンシリーズは、DTap(ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日ワクチン)=4回、IPV(不活化ポリオウイルスワクチン)=3回、MMR(麻疹抗原含有ワクチン)=1回、Hib(インフルエンザ菌b型ワクチン)=4回、HepB(B型肝炎ワクチン)=3回、VAR(水痘ワクチン)=1回、PCV(肺炎球菌ワクチン)=4回とし、試験対象ワクチンシリーズの接種が完了しているかどうかを知らない親の小児を対象とした。データは、Medicaid請求記録とweb-based immunization registry database(WIZRD)から抽出した。Montana Medicaidに登録された生後19~23ヶ月の小児1,865例のうち878例(47%)を試験対象とし、無作為に選択した小児438(50%)の親にリコールレターを送付した。最初のレター送付から3ヶ月後の試験対象ワクチンシリーズの接種完了率は、レターを送付した小児が32%、レターを送付しなかった小児が28%であり、有意な違いはみられなかった。今後、このパイロット試験においてリコールレターの効果が低かった理由を検討するとともに、予防接種率を高めるためのより有効な方法を開発するための研究が必要である。

References

  • CDC. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, the American Academy of Pediatrics, and the American Academy of Family Physicians: use of reminder and recall by vaccination providers to increase vaccination rates. MMWR 1998;47:715-7.
  • CDC. Vaccine-preventable diseases: improving vaccination coverage in children, adolescents, and adults. A report on recommendations from the Task Force on Community Preventive Services. MMWR 1999; 48(No. RR-8).
  • Jacobson VJ, Szilagyi P. Patient reminder and patient recall systems to improve immunization rates. Cochrane Database Syst Rev 2005(3): CD003941.
  • CDC. General recommendations on immunization-recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-2).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2009. MMWR 2010;59:1171-7.
  • Linkins RW, Dini EF, Watson G, Patriarca PA. A randomized trial of the effectiveness of computer-generated telephone messages in increasing immunization visits among preschool children. Arch Pediatr Adolesc Med 1994;148:908-14.
  • Stockwell MS, Karbanda EO, Martinez RA, et al. Text4Health: impact of text message reminder-recalls for pediatric and adolescent immunizations. Am J Public Health 2012;102:e15-21.
  • Szilagyi PG, Schaffer S, Barth R, et al. Effect of telephone reminder/ recall on adolescent immunization and preventive visits: results from a randomized clinical trial. Arch Pediatr Adolesc Med 2006;160:157-63.
  • Hicks P, Tarr GA, Hicks XP. Reminder cards and immunization rates among Latinos and the rural poor in northeast Colorado. J Am Board Fam Med 2007;20:581-6.
  • National Organization of State Offices of Rural Health. National rural health issues. Sterling Heights, MI: National Organization of State Offices of Rural Health; 2006. Available at <http://www.nosorh.org/pdf/ Rural_Impact_Study_States_IT.pdf>. Accessed October 10, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ