一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ヒスパニックあるいはラティーノにおけるHIV感染症・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/12Vol. 61 / No. 40

MMWR61(40):805-810
Geographic Differences in HIV Infection Among Hispanics or Latinos - 46 States and Puerto Rico, 2010 

ヒスパニックあるいはラティーノにおけるHIV感染症の地域差-46州とプエルトリコ、2010年

アメリカにおいて、2010年のヒスパニックあるいはラティーノ(ラテンアメリカ系人)におけるHIV感染症の新規診断率(10万人あたり)は非ラテンアメリカ系白人の2.8倍であった(それぞれ20.4例、7.3例)。アメリカのラテンアメリカ系人におけるHIV感染症についてさらに調査するため、CDCは46州とプエルトリコにおける2010年の新規診断HIV患者(13歳以上)の地理的分布と特徴を分析した。2010年には46州とプエルトリコでラテンアメリカ系人10,731例が新たにHIV感染症と診断された(46州:9,620例[89.6%]、プエルトリコ1,111例:[10.4%])。プエルトリコの新規診断HIV感染症患者は46州に比べて男性同性愛者の割合が低く(プエルトリコ:36.1%、46州:66.5%)、異性愛者の割合(男性:それぞれ18.5%、8.0%、女性:22.2%、14.0%)と注射薬使用者(IDU)の割合(男性:18.0%、6.6%、女性:2.4%、2.0%)が高かった。46州のラテンアメリカ系人におけるHIV感染症の新規診断率(10万人あたり)は、北東部(55.0例)が他の地域に比べて2倍以上高かった(中西部19.2例、南部27.6例、西部20.9例)。北東部の新規診断HIV感染症患者は他の地域に比べてIDUの割合が高かった(それぞれ15.8%、<8.8%)。また50州およびワシントンDC以外で出生した新規診断HIV感染症患者の出生地は、北東部ではプエルトリコが最も多く(10.6%)、他の地域はメキシコが最も多かった(18.6%)。ラテンアメリカ系人における2009年末のHIV感染症の有病率(10万人あたり)は全体で432.3例であり、地域別では北東部が最高(1,252.6例)で、2位の南部(333.7例)に比べて3.8倍高かった(中西部293.5例、西部288.2例)。ラテンアメリカ系人のHIV感染症に対する介入(検査、予防、治療)は、各地域の集団のニーズに基づき個別化して行う必要がある。

References

  • CDC. HIV surveillance report, 2010. Vol. 22. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>. Accessed October 5, 2012.
  • Song R, Hall HI, Frey R. Uncertainties associated with incidence estimates of HIV/AIDS diagnoses adjusted for reporting delay and risk redistribution. Stat Med 2005;24:453-64.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618-27.
  • US Census Bureau. Population estimates: current estimates data. July 1, 2010. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://www.census.gov/popest/data/index.html>. Accessed October 5, 2012.
  • US Census Bureau. The Hispanic population: 2010. Washington, DC: US Census Bureau; 2011. Available at <http://www.census.gov/prod/ cen2010/briefs/c2010br-04.pdf>. Accessed October 5, 2012.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493-505.
  • Diaz T, Buehler JW, Castro KG, et al. AIDS trends among Hispanics in the United States. Am J Public Health 1993;83:504-9.
  • Painter TM. Connecting the dots: when the risks of HIV/STD infection appear high but the burden of infection is not known-the case of male Latino migrants in the southern United States. AIDS Behav 2008; 12:213-26.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed October 10, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ