一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)インフルエンザA(H3N2)変異ウイルスに関連した・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/28Vol. 61 / No. 38

MMWR61(38):764-767
Influenza A (H3N2) Variant Virus-Related Hospitalizations - Ohio, 2012 

インフルエンザA(H3N2)変異ウイルスに関連した入院-オハイオ、2012年

2012年7月以降、アメリカではインフルエンザA(H1N1)pdm09ウイルスのM遺伝子を有するインフルエンザA(H3N2)変異ウイルス(H3N2v)の感染症患者が増加している。現在全国16の病院から305例報告されており、主に農業フェアでのブタとの接触が関連している。オハイオ州では、強化サーベイランスにより2012年7月28日~9月25日に106例のH3N2v確定患者が同定された。H3N2v患者の多くは軽度で自己限定性のインフルエンザ様疾患(ILI)であったが、11例は入院した。オハイオ州における入院H3N2v患者はアメリカ全体のH3N2v入院患者(16例)の69%を占め、現時点で唯一のH3N2v感染症に関連した死亡例を含んでいた。この報告は、これら11例の疫学的・臨床的特徴をまとめたものである。オハイオ州のH3N2v入院患者11例(女性8例)の年齢中央値は6歳であり、10例は1歳未満~12歳、1例は61歳であった。6例はインフルエンザ合併症のリスクが高く(5歳未満:3例、基礎疾患あり:小児2例、成人1例)、このうち4例はブタとの間接的な接触後に発症した。症状は、発熱(全例)、咳(9例)、嘔吐(7例)、下痢(7例)などであった。6例は入院中にオセルタミビルによる治療を受け、このうち4例は発症から48時間以内にオセルタミビル治療を開始していた。入院期間は1~3日であった。インフルエンザ合併症のリスクの高い人々は、この秋の農業フェアでブタとの接触を避けるべきである。また入院患者あるいはインフルエンザ合併症のリスクの高い患者でH3N2vを含めたインフルエンザが疑われる場合には、できるだけ早く抗ウイルス薬治療(オセルタミビルの経口投与、あるいはザナミビルの吸入)を行う必要がある。

References

  • CDC. Evaluation of rapid influenza diagnostic tests for influenza A (H3N2)v virus and updated case count-United States, 2012. MMWR 2012;61;619-21.
  • CDC. Interim information for clinicians about human infections with H3N2v virus. Atlanta, GA: US Department  of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/flu/swineflu/ h3n2v-clinician.htm>. Accessed September 21, 2012.
  • Interim guidance on case definitions to be used for investigations of influenza A(H3N2)v virus cases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc. gov/flu/swineflu/case-definitions.htm>. Accessed September 18, 2012.
  • Balish A, Garten R, Klimov A, Villanueva J. Analytical detection of influenza A(H3N2)v and other A variant viruses from the USA by rapid influenza diagnostic tests. Influenza Other Respi Viruses 2012; doi:10.1111/ irv.12017.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza, recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011; 60(No. RR-1).
  • Gray G, Bender J, Bridges C, et al. Influenza A(H1N1) pdm09 virus among healthy show pigs, United States. Emerg Infect Dis 2012;18:1519-21.
  • Bowman AS, et al. Subclinical influenza A virus infection among pigs exhibited at agricultural fairs, Ohio, USA, 2009-2011. Emerg Infect Dis. In press December 2012.
  • CDC. Antibodies cross-reactive to influenza A (H3N2) variant virus and impact of 2010-2011 seasonal influenza vaccine on cross-reactive antibodies-United States. MMWR 2012;61;237-41.
  • Wong, K, Greenbaum A, Moll M, et al. Outbreak of influenza A (H3N2) variant virus infection among attendees of an agricultural fair, Pennsylvania, USA, 2011. Emerg Infect Dis. In press October 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ