一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)刺青(タトゥ)による皮膚非結核性抗酸菌感染症-複数・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/24Vol. 61 / No. 33

MMWR61(33):653-656
Tattoo-Associated Nontuberculous Mycobacterial Skin Infections - Multiple States, 2011-2012

刺青(タトゥ)による皮膚非結核性抗酸菌感染症-複数州、2011~2012年

アメリカでは成人の21%が少なくとも1つのパーマネントタトゥを入れており、稀にタトゥを入れた後の非結核性抗酸菌(NTM)皮膚感染症のアウトブレイクが報告されている。2012年1月に前年9~12月にタトゥを入れたニューヨーク在住の14名がMycobacterium chelonae皮膚感染症を発症したとモンロー郡の公衆衛生局に報告された。感染の原因は全国的に流通し使用されているA社製造のグレーの希釈インクであり、すでにワシントン、アイオワ、コロラド州にて発症が報告されている。タトゥ職人はインクを使用する前に希釈はしておらず、皮膚検体、開封済みの瓶、未開封の瓶のいずれからもM.chelonaeが検出され、パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)では11例から分離した菌と未開封の瓶から分離した菌は識別不能であり、開封済みの瓶から分離した菌と遺伝的類縁性が95%以上一致した。水および環境検体はM.chelonae陰性であった。2月15日、A社により2011年5月1日~2012年2月の間にこのインクでタトゥを入れ、皮膚感染症を来した症例の検索が開始され、ニューヨーク州(確診例:14、高可能性例:4、低可能性例:1)の他にワシントン州シアトルキング郡にて確診例:5、低可能性例:26、アイオワ州にて確診例:2、コロラド州にて確診例:1が認められた。合計22例の確診例は年齢:33.5(20~48)歳、男性:63.6%であった。原因となったインクはワシントン州ではB社の黒インクまたはC社のグレーインク、アイオワ州ではC社の黒インク、コロラド州ではD社の黒インクであった。FDAは2012年3および4月にA社とB社のインク工場の検査に入り、材料のサンプルを採取、CDCにて検査したが、未開封の瓶、材料、環境検体、蒸留水いずれからもM.chelonaeは検出されなかった。患者に使用されたインクの材料や希釈用蒸留水の検査ではないため、CDCはこれらの感染症を予防するため、殺菌済みのインクを使用すること、適切な衛生条件下にて施術すべきとの勧告を出した。

References

  • Braverman S. One in five U.S. adults now has a tattoo: yet over two in five without a tattoo say adults with tattoos are less attractive. New York, NY: Harris Interactive; 2012. Available at <http://www.harrisinteractive. com/vault/harris%20poll%2022%20-tattoos_2.23.12.pdf>. Accessed February 23, 2012.
  • Drage LA, Ecker PM, Orenstein R, Phillips PK, Edson RS. An outbreak of Mycobacterium chelonaeinfections in tattoos. J Am Acad Dermatol 2010;62:501-6.
  • Kluger N, Muller C, Gral N. Atypical mycobacteria infection following tattooing: review of an outbreak in 8 patients in a French tattoo parlor. Arch Dermatol 2008;144:941-2.
  • Lollis BD, Kent RS. Cluster of nontuberculous mycobacteria skin infections from tattoos. US Air Force School of Aerospace Medicine: San Antonio, Texas; 2010. Available at <http://airforcemedicine.afms. mil/idc/groups/public/documents/afms/ctb_139146.pdf>. Accessed August 16, 2012.
  • Binić, I, Janković A, Ljubenović M, Gligorijević J, Jančić S, Janković D. Mycobacterium chelonaeinfection due to black tattoo ink dilution. Am J Clin Dermatol 2011;12:404-6.
  • Rodriguez-Blanco I, Fernández LC, Suárez-Peñaranda JM, Pérez del Molino ML, Esteban J, Almagro M. Mycobacterium chelonae infection associated with tattoos. Acta Derm Venereol 2011;91:61-2.
  • Høgsberg T, Saunte DM, Frimodt-Møller N, Serup J. Microbial status and product labelling of 58 original tattoo inks. J Eur Acad Dermatol Venereol 2011;doi:10.1111/j.1468-3083.2011.04359.x.
  • Wallace RJ Jr, Brown BA, Griffith DE. Nosocomial outbreaks/pseudo-outbreaks caused by nontuberculous mycobacteria. Annu Rev Microbiol 1998;52:453-90.
  • Food and Drug Administration. Tattoos & permanent makeup. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2010. Available at <http://www.fda.gov/cosmetics/ productandingredientsafety/productinformation/ucm108530.htm>. Accessed August 7, 2012.
  • County of Los Angeles. Los Angeles County Code: department regulations-body art. Baldwin Park, CA: County of Los Angeles, Department of Public Health; 1999. Available at <http://admin. publichealth.lacounty.gov/eh/docs/balacregulations.pdf>. Accessed August 17, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ